home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

New on the Market in Sammamish $365,000
New on the market in Sammamish!  $365,000


4 bedrooms, 2 full baths, approximately 1,700 sq.ft. house on a 7,840 sq.ft lot
 
1-Main-modified-Sky-S.jpg  5--kitchen copy 3-living-S.jpg
本日、新しい物件が売り出されましたのでご紹介します。

場所は今人気のサマミッシュエリア(Sammamish)、Lake Sammamish(サマミッシュ湖)の東側にある閑静な住宅街です。

一階建ての平屋ですが、玄関に吹き抜けの天井、4ベッドルーム、2つのバスルーム、さらに2台のガレージ付でお値段は400K以下。 近隣のタウンハウスと比べてもお求め安い価格となっています。

しかも、すぐにお引越しが可能なおススメポイントがたくさん!以下は数年以内に新しくしたばかりのものです。

屋根、暖房機、カーペット、インテリアペイント、外壁ペイント、選択乾燥機、食器洗い機、冷蔵庫、デッキ、ランドスケーピング(お庭)、さらにキッチン、フローリングや暖炉もリモデル済み。

また、近隣にはショッピングや優秀な学校が揃っており、お子様がいらっしゃるご家族にも最適です。
広々としたお庭には完全な囲いフェンスが設置され、ペットや、小さなお子様がいらっしゃるご家庭にも安心。
BBQが出来る大きなデッキも自慢のひとつです。

もっと詳しい情報・写真はこちらから

ご内覧は完全アポイント制とさせていただいております。ご希望の方はこちらまでお問合せください。

どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
【2013/01/31 17:01】 | Sale | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シアトルのいろいろ
Seattle-Pikeplace - Copy
Top 10 Moving Destinations in the U.S. でシアトルが全米で8位に。

昔からこういった類のランキングでは必ず、シアトル及びシアトル近郊の街がランクインしますね。西海岸ではあまり印象が良くないシアトル。しかし、天気が悪いなどの印象以外は、比較的治安がいい、街が大きくない、所得が安定している、学校のレベルが広範囲でよい等、バランスの取れている街として人気なのかもしれません。

今回、ランキングされた理由が書いてありましたが、ちょっと物足りないので(笑、私がシアトルをおススメする理由をここに少しだけ。

1。本土の中で日本に一番近い(ハワイ等をのぞく)。往路シアトルから10時間、復路の東京からは8時間の飛行時間で着き、日に3便のダイレクト便が運行されています。

2.車で20-30分走ると自然溢れる景色が満載。子供の教育環境には抜群です。

3.長くてマイナスイメージの強い冬ですが、本来は比較的暖かく、最低気温もマイナスになるのは数回だけ。雪も年に3-4回のみです。実は雪道ドライブが皆さん、得意ではありません。

4.夏は五月晴れのような爽やかさが自慢です。夏至の時間が長く、夜10時くらいまで明るいことも・・。冬が長いと思われがちですが、短い夏も、楽しめる長さで計算すると、同じくらいかもしれません。

5.最後に・・何と言っても不動産の価値が安定していること。バブル崩壊時でも一時的に下落が見られたものの、人気エリアの成長は横ばいから右肩上がりへ戻るのも早く、全米でも普及が早い都市として注目されました。でも、まだ中流家庭でも手の届く価格帯が広範囲であり、全米で同じ環境の中でもお買い得物件が多く点在します。

まだまだたくさんありますが、先日、シアトルに関するリサーチをまとめたとても興味深いレポートがありますのでここにシェアさせていただきますね。
The Seattle Market Review
(本日より2/5/2013までの期限限定ファイルです。以後はこちらへ直接ご連絡いただければファイルを転送します。)
他の都市に比べ派手ではなく、永住型に好まれるシアトルですが、最近はリタイアメントの候補地としても人気が高いです。

機会があれば、ぜひ一度訪れてください。喜んでご案内させていただきます。
【2013/01/29 18:41】 | アメリカに住む | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ショートセールの誤解
思い起こせば、始まりは一本の電話から。

普段は滅多にご縁のない、市の厚生委員から

「ごみ屋敷の家を知っているか。」

全く覚えのない振りをしようとしましたが、他の案件で私がOwnerさんと関わっていることを調べ上げてからの電話。降参し、市からの要請に「協力」する形で始まった案件でした。

元々住んでいた住人も間接的に知っており、非常にトラブルメーカーな方だったので出来れば二度と会いたくなかったのに、巡り廻ってまたご縁・・。

どこかで精算をしなくてはいけない運命だったのかもしれません。

お手伝いをしていく上で、総括的に考え、この状態は到底保持できないと判断。お客様と相談してショートセール(任意売買)のメリット・デメリットをご理解いただいた上で手続きを開始しました。

あれから6ヶ月。朝一で「登記が無事終了しました。」とエスクローからの淡々としたメッセージに、なぜかここ半年、背中に感じていた、何か追われていたものが少し離れた感じがしました。

任意売買という、決して正しい終結を迎えたわけではありませんが、これからお客様が、色々な意味で仕切り直せるきっかけになれたらと思うと、そういった意味では「おめでとうございます。」と心から祝福できます。

「登記終了」が素直に嬉しい出来事だけでなく、色々な気持ちが混ざり合うことがあることも学ばせていただきました。

まだまだ世間で誤解の多いショートセール(任意売買)ですが、正しくプロセスすれば決してネガティブなことではありません。

Short saleとForeclosureを勘違いされ、社会的な制裁を恐れている方も数多く、一人で抱え込み、経済的にも精神的にも追い込んでいるのは正しいことではないかもしれません。

病気と一緒で早く手を打ったほうがたくさんオプションもありますし、Short Saleのうちに安全なプロセスを進めることが出来る事例もたくさんあります。

また、昨年末で延期が決まった、負債相殺の政府助成システム(Short sale debt relief)が今年度末まで適用されることになっています。ただし、今年末までにお取引完了が対象ですので、大体平均して4-6ヶ月のプロセスが掛かるのを逆算すると、お早目のご相談をお薦めしています。

誰もが簡単に出来ることではありませんが、困っている方がいらっしゃれば、最悪の事態を避けるためにも、これからは積極的に相談に載りたいと思います。(もちろん、無料・秘密厳守です。)

周りでも困っている方がおられたらお声を掛けていただき、少しでも今までの経験がお役に立てればうれしい限りです。
【2013/01/24 14:00】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記