home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

任意売買は忍耐の日々
蕎麦屋の出前状態だったショートセール(任意売買)物件。

「今週には銀行から承認が出るはず。」と伸ばしに伸ばされ早1ヶ月。 買い付け申し込みをしてからは既に半年。

先日「99.27%の確立で金曜日までには降りる!」と断言したエージェント。

今日、無事にインスペクションも終え、さぁさぁ~そろそろ、蕎麦も伸びきってるころでしょうと手薬煉引いて再度、エージェントへ連絡。

今日こそは「そのはず!」とか、前回みたいに99.27%とか(おもしろそうで、案外冷めるギャグ)そろそろネタもなくなるのではと思っていたら、あっさり自信ありげに

「今日出ます。」

今までにない断言にちょっと拍子抜けするも、絶対に書類が来るまではお客さんに言わないでおこうと。

すると、段々とEメールの数が多くなり、具体的な内容になってきて・・先ほどお客さんと食事をしている間にメールをチェックしたら、むふふ!来てました!

「Approved!(承認しました。)」

しかし、その次の瞬間、誰よりもそのメールに飛びついた、私のアシスタント。

尽かさずお客様へ書類を送り「おめでとうございます!やっと承認が降りました!」と一番おいしいところを持っていってた・・(笑。

結局6ヶ月の長丁場でしたが、何とかまとまってよかったです。

でもってクロージングの指定日が8月10日。ひやぁ~思ったよりかなりキツイスケジュール。

というわけで、私が日本滞在の間、毎週のようにクロージングが重なってしまったので、多分、ずっと仕事と離れられない感じです・・。何事も無事に過ごせますよう、神様仏様に行く先々で拝んでおきます。
スポンサーサイト
【2012/07/18 21:17】 | Buy | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
しゃちょうのつぶやき
今日は月曜日。先週からのてんこ盛りタスクとか、更に新しい契約などが入り、

アシスタントのそばにいますと、すっごいピリピリ感が伝わります。

H:「さっき、メール送ったんですけど、見てませんか?」

私:「あ、はい、すみません。」と焦ってログ探し。

「あの、これ・・」

と私がいい始めますと、背中から”忙しいオーラー”が即座に炸裂。

「あ、だいじょうぶです、自分でやります。」

今日は久しぶりにコピーとか、封筒に住所書いたり、切手を貼ったり。

書類一枚作ってお客さんに送るだけで、入力>印刷>スキャン>Eメールでお客様へ説明書き

などなど、普段何気にお願いしていることが、これだけの労力を使うということを忘れてしまいます。

「秋山は何してるかな~。」とさりげなく言えば、即答で

「明後日までカナダに休暇です。電話も通じません、と予め言われてますから。」キリッ。

あんまり忙しくさせてしまうのもよくないですね・・。というわけで、アシスタントが帰ったあとも、せっせと慣れないコピー機と格闘。

私、事務仕事をやるとこんなに手際が悪いんだなぁ~と改めて不向きを実感。

やっぱりおしゃべりをしていたほうがいいみたいです。

履歴書に特技:おしゃべり

って今どき、どっこも雇ってくれないだろうなぁ~。

早く秋山、帰ってこないかなぁ~。

以上、しゃちょうのつぶやきでした。
【2012/07/16 17:09】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ジャンクバスターズ、現れる。
ジャンクバスターズ。こちらではごみ収集会社のことを象徴して言うのですが(ちなみに社名でもあります。)昨日、とある市からクレーム処理を頼まれた件で久しぶりの要請。前回はお亡くなりになられた売主さんの家を一掃するときに立ち会ったくらいで、普段は滅多にお世話になることはありません。

彼らは早いですね~。こういう状況下に慣れているのか、電話をしたら30分で、すぐにトラックを率いて来てくださいました。

前のテナントさんがエライことをしていって、とにっかくここまでか!というくらい荒らしてあり・・。
今日は夏日ともあって、室内は気温上昇、腐敗したゴミからはショウジョウバエが発生、他の悪臭も混じり、3分とも居られずにアウト。

そこで幼い子供も一緒に暮らしていたかと思うと、同じ年齢の子供を持つ親として、この環境下で育つ子供はどうなるか、容易に分かるがゆえに苦しくなるほどです。

あれもこれも、とにかく目に付くもの全て、冷蔵庫も開けたくなかったので、敢え無く冷蔵庫ごと処分など、その思い切った指示に自分でも驚くばかり・・・。

さらに予め確認はしていたものの、犬がガレージで飢死しているかもしれない、という情報もありましたが、それはセーフ。市の人から、見つけたときの対応について、詳細にメールが来ていたけど、読んでいるだけで気分が下がりました。

近所の人は出ては来なかったけど、しっかり視線を感じており、いつ胸ぐらでも捕まれるかと覚悟。

それこそ、不動産業者に間違えなく見られるよう、今日は意図して格好も派手め、角を曲がる手前で化粧をし直しました(笑。何に気をつけてるんだ、私。

その後、市の人から連絡があり、早々に対応してくれて近所の人が感謝していたと言われ、ほっと一安心です。

大仕事を終えたら急にお腹が空いて、一人でバイキングを食べに行った、自分の神経もどうかと思いますが、とにかく、市民の皆様のお気持ちを察すると早く対応できてよかったと安堵の食欲・・。

明日、どんなにきれいになっているか、見に行くのが楽しみです。
【2012/07/13 18:50】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
テナント選び
Facebookで細かい近況を綴っているとどうしてもこちらが厳かになります。ご無沙汰ですみません。

今日は賃貸のお話。

最近、お手伝いさせていただいる賃貸物件が立て続けにテナントが決まりました。毎回そうなのですが、このテナント選びには苦労します。

テナントを見つけるのは意外と簡単なのですが、賃貸物件は契約フローにきちんとした位置付けがないので、各々勝手に解釈をしたり、突然ルールが出来上がったりと戸惑うこともしばしば。

基本的に物件を押さえるには、契約書にサイン、Depositを収めるというのがシアトルの習慣のようですが、これが中々うまくいかないこともあります。

今、取り扱っているケース2件は両方とも、テナントが他州へいるため、まず書類のやり取りだけで大変・・。ましては私のお客様は一組は韓国、もう一組は日本ということで時差もあり、交渉ごとがあったら1日掛かりで確認しなくてはいけません。

オーナー側からしたテナント選びのコツはいくつかあるのですが、まず、とにかくこれだけは譲れない、こちらの最低条件は絶対に譲らない、というのを基本にしています。

それからイヤらしいですが、申込書を頂いたときからチェックしています。大事なところに記入漏れはないか、細かいところをきちんと見ている人か。まず、これが第一段階です。この申込書に記入漏れが多い場合は一度戻すのですが、それでも改善されない場合はこの時点でお断りします。申請費用をセーブするためです。

さらにレポートが帰ってきた際、申請した内容と偽りがないかどうかも重要な確認事項です。

テナントさんとは引越ししてからの長いお付き合いになるわけで、私のお客様ではいませんが、外国人が相手になるとそれぞれ尺度が違うので「電球が切れたから交換して欲しい」など、すごいリクエストも(汗。

アパート賃貸ではなく、一軒家の場合は干渉しない代わりにある程度のメンテナンスはテナント側にしていただくこともしばしありますので、ある程度の常識的な部分がマッチしないと管理が大変なことになります。

そういうことも考えて、テナント選びは充分に慎重にしますので、自慢ではありませんが今のところ、テナントとのトラブルはゼロです。

ただ、調査中あまりにも色々としつこく質問されるので、先方に嫌われることもしばしば。先日はテナント保険加入が必須とお願いしたら、月々10ドルの保険なのに文句を言われ・・。当たり前のことをお願いしているだけなのですが、こういうところから尺度が違いがあると注意します。

今朝もやっと決まりかけたテナントさんから「芝刈り機を買いたいから、来月のお家賃、400ドル値引きして欲しい。」などと、まったく持って理不尽なお願いが来たので半ば、契約辞退のお返事をしたら、慌てて要望が取り消しになったり・・。

本当に契約書にサインをするまで、落ち着かないので賃貸は実は大変です。

それから今日は突然、とある市から連絡があり、私の知人の賃貸物件が大変なことになっていて助けて欲しいとの連絡。過去に関与した物件ではないのですが、警察のように調べ上げて以前、他の物件で取引のあったエージェントが私、ということで連絡が・・。ある意味、怖いです。

物件の状態は実は知っていたので、知人には報告だけしておくのみで判断を任せていました。しかし、とうとうお役所さんから注意勧告をいただいてしまったようです・・。

その文面の中に「死んだ犬がガレージにいるかもしれない。」と書いてあり、びっくりして声を上げてしまいましたが、友人曰くその犬は連れて行かれたようで。ホントかな~?頼みますよ・・。

とりあえずお願い!と祈願されてしまったので、お手伝いすることになりました。とにかく、すんごい状態でして・・今から近所の人から撃たれないか、びびってます(笑。

こういうことにもなりかねないので、絶対にテナント選びは譲れないのです。皆さんもお気をつけて・・。
【2012/07/12 20:41】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記