home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

結局は人となり・・ですね。
すっかりこちらのブログはご無沙汰していました。

一番忙しい春の真っ最中。まぁ、色々あります。人生色々、契約色々。

先日、タイプの違う二人のエージェントに契約のキャンセルを送りましたが、全く逆の反応でびっくり。

同じアプローチです。「今回はご縁がなく申し訳ない。万が一、こちらの状況が変わったらまた是非お取引をさせていただきたい。」

一人は「お前らなんか二度と家の敷居をまたぐな!」

契約をホールドしたのはたったの2日ですし、まだたくさんのキャンセルできる機会があり、正直、理由はそれにしてもよかったのですが、正直にこちらの理由を言ったらエライ怒られたケース。次回からは少しおりこうさんになります。

もう一人は本当によくしてくれていて、いつも僕が何とかするからと、絶対にその期待以上の結果を出してきてくれていたので、今になって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、こちらはどうしても動かせない問題があり、敢え無く。。

「仕方ないよね。全員、努力をしたさ。もちろん、また君と取引をしたいよ。お互いにプロフェッショナルだから前を向いていこう。そちらもがんばって。」

(リップサービスだとしても)とっても心温まるお返事。よかった・・。

アシスタントとも話していましたが、この業界に稀に見る「まとも」なエージェントです。前述みたいなエージェントが8割くらいかな(笑)。

文化や人種が違くても、やっぱり最後は人となりがベースでビジネスが成り立つことを改めて学びました。

最初の人からは反面教師として、2番目の人からは窮地に追い込まれても、平常心を保つことがどんなに大切かを学ばせていただきました。

私も「まとも」部類に入るようまだまだ修行が必要です(喝)。
スポンサーサイト
【2012/03/19 19:22】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記