home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

今年初になりそうです。
日本から戻って早1週間。段々、調子を戻しつつありますが、まだボケている部分もあるかと・・。(前からですけど。)

昨日、遅くまで準備した、お見積もり依頼のプレゼンは、今朝、無事終わりました。

お客様は、私の大事な友人から、大事な人なのでということでご紹介された、素敵なアメリカ人のおばあさん。

多分、私の母より年上のはずだけど、すごく頭の切れる女性でした。

昨晩準備したプレゼン資料はそのほとんどが使われぬまま、予想通りマーケティングや市場の動きを中心にディスカッションしましたが、あのお年でビジネスライクに会話を理解してくださるのは、とっても珍しいですし、ありがたいことです。

紹介してくれたお友達が一緒に同席してくださったおかげで、終始緊張せず、和やかに過ごせました。(なにを隠そう、緊張派なもので・・)あとからその友人が、「仕事のときって全然違うんだね~!」と・・。普段の私って一体どうなんでしょうか!?

ただ、他社さんともお話をされているし、価格も似たり寄ったり(私のほうが低いくらい)しかも私からは、あれこれと売り出すにあたり注文つけられたので、ちょっと厳しかったかなぁと思いましたが、先ほどお電話をいただき、私にお願いしたいとのことで、ありがたく・・。ほっと一息です。

後から友人から電話があり「どうして(私に)決めたかわかる?」と言われたのですが、意外なことでした。

「引越しの話をしていたとき、自ら手伝いますって言ってくれたのがうれしかったんだって・・。」

え~そんなことで!?と思いましたが、お客様によって何が大切か、それぞれ違うんだなぁと痛感。

もう、こういうプレゼンテーションを10年間のうち、何十回とやらせていただいていますが、相手が違うがゆえに、決して慣れるということはなく、むしろ例え契約が取れなくても学ぶことが多いです。

今回も貴重な体験をさせていただいた上に、こうしてご縁をいただき、さらに感謝。

とはいえ、まだまだ契約をいただけただけでは、スタート地点にも立たせてもらってません。

今年初の売り物件になるので、気合を入れてがんばります。
スポンサーサイト
【2012/01/31 14:33】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本から
日本へ来て一週間が経ちました。

アメリカのシステムを紹介すべく、セミナーにお招きいただいたり、今を代表する不動産業界の先駆者の方々と熱く日本の不動産業界について語らせていただいたり。。。

シアトルにいるより不動産について語っている自分に嬉しく思いました。

福岡でのセミナーではその参加された社員の方から、続々ととても率直な感想をいただき、アメリカと日本のシステムが違うにしても、お客様を思う気持ちは同じということに気がついたとおっしゃっていただきました。少しでも私のお話がお役に立てたことを心から嬉しく思うとともに、これで終わらせてはいけないなと、それをもっと正しい方向へ伸ばしてあげられたらと、次回の課題にすることもできました。それにしても、素直で素晴らしい社員が多く存在する、その社長のお人柄にも見習うべきことがたくさん。。

こういうエージェントがいつか日本のスタンダードとなり、もっと不動産が健全に、クリアな世界になって彼らの力を120%発揮できるような環境を作るべく、近い将来、日本の政府にも大いに期待したいところです。

また、様々な著書やメディアでもご活躍のさくら事務所の長嶋さんと大西さんにお目にかかれたのも今回のハイライトにもなりました。不動産コンサルタントとして、また業界を革新すべく、色々な活躍をされている方からのお話はとても新鮮でした。それをサポートする大西さんの才能には圧倒され、男子ばかりの不動産業界に明るい将来をみせていただきました。なんだか終始緊張していて、あとでもっと色々なことを聞くべきだったと色々後悔。。。

色々なところで日本の不動産業界を元気にしよう!という方々とお目にかかれることができ、そこで何ができるか、今後の課題とともに方向性を位置付けるにあたり、いいスタートとなりました。

私の夢は、セミナーでも申し上げたのですが、ニッポンの不動産エージェントを逆輸入させていただき、世界で活躍して欲しいと。私よりずっと数倍も優秀で頑張り屋さんなので、私が10年掛けてやってきたことを、彼らだったら2-3年で出来ちゃうんじゃないかなぁと本気で思っています。

実現したら私はアシスタントとして雇ってもらうことにします。。アメリカのトップエージェントをギャフンといわせる日も近いですよ、そこの腕とか組んでいるみなさんo(^▽^)o

明日は今回の旅を締めくくるべく、またまた「デキル」お姉さんとお会いさせていただき、今後のことをご相談させていただきます。ねえさん、よろしくお願いします!








また、
【2012/01/22 07:08】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
年頭から素敵なご縁
最近、エコハウスなどがシアトルでも注目されつつ、まだまだ需要的には、高級カスタム物件としてのイメージが強いのですが、今日はその最先端を行く、とても素敵な方とお会いさせていただきました。

Matthew Coatesさん。コーツデザイン建築事務所の代表である方で、シアトル対岸の島、Bainbridge Islandよりわざわざお越しいただきました。

不動産仲介業と建築って、関連性があるようで実は全くの違う業種。でも、お話を伺っていると、おごがましくも同じ志を持った方ということがよくわかり、感動してしまいました。

世界中の空港デザインから一軒の家まで、そのお仕事の幅も広いのですが、彼が最初に言っていた言葉が印象的です。

「常に前を向き、前進している人と仕事をするのが好きなので、そういった仕事だったら大小に関わらず、関わっていくようにしている。」

こんな私のような者でも、遠くからわざわざ時間を見つけて会いに来てくださる、彼の行動力やパッションにしばし感銘を受けながら、日本とも深く関わり、ビジネスしている彼は、これから震災の復興にも大きく寄与していきたい抱負を語られていました。もしかしたら近い将来、マシューさんが設計した街づくりがどこかに現れるかもしれません。

世界中から愛されている日本。何とかして日本を助けたいと、心から願ってくださり、更に行動してくださっている方がここにも一人。思わず、感動してしまい、ついつい目頭が熱くなってしまいました。(ていうか、うれしくて泣いてしまったのですが!)

日本はもっともっと、声を出して欲しいものを言うべきだと思います。

それがきちんと伝われば、世界中から優秀な方が訪れて協力してくれる。そういう世界中からのオファーをマッチングしてくださる人がいたら、復興も、もっと早く進むことができる部分が多くなってくるかと。

海外にいたら何も出来ないと思うこともあるかもしれませんが、何でも出来ることひとつから、大きな力になることもあると信じて、私も出来ることをやっていこうとまた気持ちを改めることができました。

一番怖いのは、風化させてしまうこと。今、被災者の方々はこれを一番恐れています。

こういった温かい手に感謝しつつ、それを育てて実現していくのは受け側の問題でもあり、責任でもあるかもしれません。

私もアメリカと日本の両国に立ち、何かそういった掛け渡しのお手伝いができたら幸せだなぁと思った1日でした。

でも、一番驚いたのは、実は既に共通の知人がいたということです。私が日本へ行く際、その方々とお目にかかる予定だというと、とても驚かれていました。

日本のサムライさんたちも頑張っていますね~!アメリカのサムライ?もがんばります。

今日も素敵な人とのご縁に感謝です。
【2012/01/05 16:47】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年もよろしくお願いします。
改めまして、あけましておめでとうございます。

今年は辰年、私の父の干支です。お正月にお寺へいってご祈祷の際、家内安全、商売繁盛、身体健全、交通安全・・・などなど、いつも欲張ってたくさんマルをつけてしまうのですが、いつも真っ先につけてしまうのが「厄払い」。厄年でも年女でもないのになぜか真っ先につけてしまう自分に苦笑いです。

あと2週間弱に迫ってきた日本。今週中に講演会のコンテンツを納めて・・その前にあれやって、これやってと考えていたら正月も休んでいられないことに気がつきました。

ということで今からちょっと出社。

手始めに、先日、水漏れ事件のあった銀行物件のキャンセル手続き、それから先日、別に書いたオファー、最初は受け入れなかったはずなのに、突然手のひら返して勝手にサインをして締結された契約を破棄すべくこれもまたキャンセル手続き(そんなのってあり?と思いましたが)。キャンセル立て続けに2件って年末に頑張ったのが水の泡ですが、これがこの商売。

仕切りなおして再出発です。これで今年の厄がある程度落ちてくださいますよう・・などと都合のいいことを考えながら。


明日は2件のインスペクション結果の相談・手続き+出戻ってきてくださったお客様の新しい物件探しへと、今週も大忙し。

秋山は今から「まっさか、オファー締結して”あとはよろしく~”ってことはないでしょうね??」と、私の日本行きのタイミングをかなり心配していますが、多分そうなる確立は高いかと・・w。

そんなこと言っていても容赦なしに”休暇中”でもメール、電話がガンガン来ますので心配していませんし、今回は仕事ですから向こうでも普通に仕事します。

前回はディズニーランドにいるところ、「今、オファー送ったので見てください。」って・・小さなスマートフォンを片手に、カリビアンの海賊を乗りながらオファーを目を凝らしてみていたのを思い出します・・。空港着いたら、すぐにお客さんのところへ向かわされ、ボーっとしながら、2件のオファーを締結させたのですが、未だどうやってやったか覚えていません。ボッとしてるほうが交渉が冴えるのか??

皆さんにとって、龍のごとく上昇気流の年になりますように。

今年も愉快な仲間たち共々、どうぞよろしくお願いします。
【2012/01/02 14:42】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記