home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

01/29のツイートまとめ
marikomitsui

for Japanese only: 2月のセミナー:http://bit.ly/hbk9Tm
01-29 16:37

Great time to buy something? Home price slump deepens http://t.co/8X4jkcZ via @CNNMoney
01-29 08:19

Is this the sign that the housing market has turned up? http://t.co/YKA8uSY via @seattlepi
01-29 08:08

Wash. state 2010 job growth shows big improvement - Bloomberg http://t.co/ioWxyn4 via @BloombergNow
01-29 08:06

Hello everyone! First tweet from today! Updating you a new trends of real estate market here in Seattle. Follow & tweet me!
01-29 07:57

スポンサーサイト
【2011/01/30 15:51】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やせるの?太るの?
続きを読む…
【2011/01/27 11:42】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ZOU
先日、親友の息子さんが、学校でスピーチをするということで、親戚の叔母さんの振りをして行って来ました。

あんなに立派なホールで、彼の名前がスクリーンに出てきただけで興奮、スピーチの最中は、彼が小さいころからのシーンが走馬灯のように蘇り、大きくなったよなぁと、思わず目頭が熱くなります・・。

あっという間に大きくなっちゃうんだと息子と重ねてみました。

彼の英語はあまり聞いたことがなかったので、本当に立派で、もう気分は「あれ、うちの甥です!」という感じでした(笑)。私が若くに産んでいれば、息子です!といってもおかしくない歳なのですが・・。

そしてまたつくづくと考えさせられた、息子のバイリンガル教育。

今はほとんどの子がバイリンガルで、簡単に誰でもと思われがちですが、どれも中途半端になるのではと今から心配。スピーチをしたKくんのようになるなんて、今の私からしたら夢のような話です。

先ほど主人が「長男が、”SARU”って書いてある絵を見せたら”さる”って読めたんだよね。」というので、それは主人の名前の一文字を取っただけだから読めたんじゃない?というと、

「それでね、今度はZOU(ぞう)を教えようと思って、”z, o, u, じーぉーゆー、じ~ぉ~う、ぞう”・・・っていったらさえぎって、”No Daddy, it is an Elephant! Not a Zou!”」と一喝されたという笑い話。

大体、使っている教材も、アルファベッドで「Usagi」「Ushi」とか書いてあるのはちょっとおかしいですよね。
息子は、英語で書いてあるものは英語であるべきと認識していて、親が思いもしない疑問を持っているものだと改めて気がつきました。

日本人でもあるから、日本語を忘れてほしくない一方、これからアメリカで成長していく上で、段階的に必要な会話力のさじ加減がわからない私たち。

私ももうちょっと、真面目に勉強をし直そうかなぁと考える今日この頃です。
【2011/01/18 15:16】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
だんだん世界は狭くなってくる・・・
長く生きていると、悪いことは出来ないんだなぁとつくづく思うこのごろです。

去年の暮れに、とあるパーティで話していたら、実は私のお客様が、同じ地元ということがわかり、しかも通った中学校まで近かったということがわかりました。2年くらいお付き合いさせていただいてから発覚したものでした。

私のお客様はそれはもう、多分そのころから成績は優秀で、今でも立派に成功されている方で、同じ路線で育ったとは思えないほど(同じ路線の方、すみません。)、てっきり田園調布線とか勝手に想像していたのですが、私の実家の隣街と聞いてびっくりしました。

昔の北千住駅が木造だったころの話や、当時の地元の話を聞いて盛り上がり、再度、同じ同郷の人と確認したのでした。(疑いすぎ!?)

いやぁ、同じ地元でこうも成功されている人がいると勇気付けられます。

そして今日。カナダからご連絡いただいたお客様とSkypeでテレフォンミーティング。
あまりお客様の込み入ったことは最初からは伺わないのですが、会話の流れで、以前は私立の教諭をされていたとのことを伺いました。

日本で住まわれていたところが、私が通っていた高校と同じ地元ということがわかり、あの辺りは学校がたくさんあったのですが、一応、名前をいったら思わず息を呑むお客様。

「・・・。僕、そこの小学校の先生をしていたんです・・!うわぁ~奇遇ですね!」

と一気に話が盛り上がってしまい、言わなければいいのに、今の校長が私の担任だったことを口を滑らせてしまったら、「あぁ~中川先生は存じ上げております!」

ま、まずい・・・。昔の素性がばれてしまう~と思わず苦笑い。小学校と高校では違うのかと思っていたら、やはり教え子さんたちがそのままエスカレータ式で中学、高校と進んでいくので、グループ校との交流があるそうでした。

でも、自然とあるべきして、こういったご縁があったのかもしれませんね。
なんとなくお客様の後ろに、中川先生の顔がちらつき「しっかりみてくれよな!」といわれているようで思わず、心がいつも以上に引き締まるのでした。

もちろん、今までのお客様と同様に、このご縁を大切にさせていただきます。

しかし・・世間はどんどん狭くなってきていると同時に、海外で活躍される日本人が増えていることに、少しうれしく思います。

自分もがんばらないと!と身を引き締めた日でした。
【2011/01/13 15:14】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっす!
・・・と思わず店を出てからつぶやいた言葉。

今日はお客様と一緒に、シアトルにあるGS Building Supplyというお店へ行ってきました。

キッチンとバスルームをリモデルをされるお客様と一緒にご案内、それぞれ測ってきたサイズと見取り図を差し出すと、20分ほどで設計図が完了。

そして好きなキャビネットとカウンタートップを選んで見積りをもらいます。

私の頭の中で大体、こんな感じかなぁと描いていた数字より2割くらい低い数字。物によっては、半額に思えたもののありました。数字は某大型家具屋の△KEAなみですが、材質はそれ以上です。

ここに来ると、いつも自宅のリモデルを考えてしまい、ちょっとだけ仕事のことを忘れてしまいます・・。

最近、Webサイトもきれいにし、昔は手書きの設計図で見積りを出していましたが(安いからしょうがないかと諦めてました。)、今はちゃんとCADを使ってきれいにプリントしてくれます。

私がよくお世話になっている業者さんから教わったのですが、ここはイチオシです。

まぁ、築100年は軽くいっている、隙間風の多い倉庫のような味気のない店(従業員全員、ダウンジャケットとブーツ)、黄色に赤文字のすすけた看板を掲げ、一見あやしい店、極めつけは、外にカウンタートップの岩板がが雨ざらしなんですが、ま、基本「石」ですし、そんなこんなも含めてお安いので大目に見ましょう。

場所はSafeco Fieldの南側、スターバックス本社の近くです。あの辺は、キッチン用品や、こういった問屋が多く立ち並んでいて、ふらっと行くだけでもおもしろいと思います。

ただ、夜間はあまり治安のいい場所ではありませんので、明るいうちをお薦めします。
【2011/01/07 23:51】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家族でアクティビティ
予告どおり、先日、近所のスポーツクラブへ家族そろって入会してまいりました。

このクラブのいいところは子供向けのクラスがたくさんあること。4歳になった長男に1ヶ月単位でクラスが取れるというのは、トライアルとして、飽きやすい子供を持つ親にとってとてもありがたいことです。

早速、息子はスイミングに入会。今日は初日でしたが、クラス中、絶対に顔をつけなかった息子。
顔を上げ、先生に支えられながらバタ足で泳ぐ姿はなんとも無理があるというか。

来月には息子が好きなサッカークラスもありますし、何といっても、全てのクラスが屋内というのが冬の長いシアトルでは魅力的です。

次男の参加できるクラスはベビースイミングしかないのですが、実は彼にもベネフィットが。毎日、2時間は無料で利用できるデイケアがあるんですね。まぁ、普通のデイケアのようなレベルではありませんが、ちょっと預けるには十分。その間に親はクラスに参加でき、そして息子は少しずつ、ここでデイケアデビューをさせていき慣らしていこうという計画です。最初は15分から。親が我慢できるか!?が鍵です。

長男の年齢でも預けることが可能で、マクドナルドみたいな大きなキッズジムが完備してありました。ちなみに今日、初めて預けてみましたが、クラスの若い先生がいやに冷たく、最初から怖気づいた長男。

「マミ、一緒にいて。一人では遊べない。」

とつぶやいた息子をおいてきたことが妙に気になり、クラスの途中で抜け出して迎えにいってしまいました。

火曜日はいつも通っている学校が休みなのですがここで代替ができるか?と都合のいいことを企みましたが、そこまでの期待はできませんでした。

迎えに行ったあとは、二人で広い体育館にてバスケット。キュッ、キュッと鳴る足とボールの跳ねる音はどこか、学生時代を思い出させます。

長男は1日中、体を動かしていたのでめずらしく10時前に就寝。

やっぱり子供は「お腹が空けば食べる」し、「疲れたら寝る」のですね。

明日は早朝Yogaにチャレンジしてみます。

(一応、仕事もしています。)
【2011/01/04 22:30】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

Newyear2011.jpg


クリスマスが過ぎ、あっという間にお正月を迎えました。今年はご近所さんからの竹と、うちの庭に生えている松を使って、お正月のアレンジを作っていただきました。いつもはちょっと・・・と思っていた松ですが、これを機に家中、松とのアレンジで大活躍。玄関用に飾るお花、神棚やお友達の家などへ、松を添えるだけで「お正月のお花」と題し、お届けさせていただきました。

シアトルのお正月はすがすがしいお正月晴れ。つんとした、冷たい空気と穏やかな陽射しはまるで、日本のお正月を思い出させます。
我が家は例年通り、ご近所さん合作のおせちの準備、そして年末にはちょっとしたパーティをさせていただき、また大晦日は友人宅などにお呼ばれをはしごさせていただき、最後は紅白を観て、TVでシアトルのスペースニードルのカウントダウンで、年を越しました。

osechi-11.jpg

今年のおせち

私は例年通り、くりきんとんとなますを担当。
その2つを作らせていただくだけで、これだけの収穫に授かる事ができます・・!また来年もよろしくお願いします。
サンクスギビングからのパーティづくしで、おいしいご馳走を食べ過ぎてちょっと胃もお疲れ気味・・・。今年は夫婦揃ってダイエットに励むべく、今から新しいスポーツクラブへ入会してまいります。

とはいいつつも、まだまだおせちの残りもありますし、おもちもたくさんいただき、さらに今年はあんこ作り初挑戦したこともあり、おやつにぜんざいなど、それから年末にお会いできなかった友人などをまたご招待して、新年会の企画をしていたりと、ダイエットとは程遠い日々が続きそうです。

去年は私にとって、実り多い年となりました。たくさんの素敵なお客様に巡り合え、今までで一番、楽しくお仕事をさせていただいた年だったかもしれません。

また今年も、たくさんのお客様、またたくさんのいいご縁があればうれしく思います。
段々、大きくなってくる息子たちとの時間も取れるといいなぁと期待しつつ・・・。

今年も家族共々、どうぞよろしくお願いします。

皆様にとって、素晴らしい2011年になりますよう、心からお祈りしています。


【2011/01/02 12:18】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記