home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

Yoohoo!
とある物件のAgent Remarks(エージェントしか見られない連絡事項みたいなもの)で

"Not a shortsale-yoohoo!"(これは競売予備物件ではありません。イェーイ!)

と書いてあり、私も思わず"Yoohoo!"と口ずさんでしまいました。

最近、このShort Saleというのが多くなってきましたね。これは競売にかけられる前に、自分から「私、近い将来、ローンが払えなくなります!」と名乗り出てしまい、銀行と負債の調整をし、Forclosure(競売物件)になる前に売却してしまうシステム。競売にかけられると面倒だし、銀行だって不良債権を抱えたくない、じゃ、借金を減らしてあげるから、その間に売っちゃいなさい!というものです。

アメリカはこういったシステムを作るのがものすごい早いし、浸透するのも早い。
これに付随するビジネスも増えてきて、最近はよく聞くようになった「Negotiator」といって銀行側と売主の間に入って借金の精算を直接交渉する人も出てきました。彼らの報酬は売却価格の1%。悪くない報酬です。(その分、交渉は大変ですが!)

ちなみに、ショートセールだろうと、ローンの支払いは引き続き発生します。まず、銀行に借金額を交渉し、自分が払える返済額に組み替え、買い手が現れたら、銀行側とさらに売却価格の相談をする・・。(大抵は借金合計額より下)ここでNegotiatorが登場するわけです。

でも、Shortsaleのほとんどが、もう既に家を出て行ってしまっている人。もう、払えません、逃げちゃいます、という人が多いです。なので既に空き家の場合は、そろそろ競売(Foreclosure)に入るなぁ・・と予測も出来ます。

しかし、エリアによってはご案内させていただくうち、1/3くらいはこういったShort Saleの物件です。

以前に日本の雑誌でショートセールの記事を書かせていただきましたので、こちらもご参照くださいね。

大変な世の中になってきましたが、何時も大きな買い物をされる場合は「ご利用は計画的に!」です。
スポンサーサイト
【2010/01/31 22:30】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
空気を読もう!
昨日のホットトイレ、現場見てきました。もう、地下へ行く階段を下りてるだけでにやけてしまいましたが、その前に真剣な顔のエージェントがいたので、思わず我に返りました。

ここでつかさず、トイレを流したらまさにそれが目的だとばれてしまうので、ここはひとつ、私も神妙な顔つきにしてみました。空気を読まなくては。

まぁ、ここでは書けないことが色々ありましたが、当のコントラクターは拾われた子犬みたいな顔をしていましたし、相手のエージェントはご立腹、Buyerさんも微妙な雰囲気、私は神妙に装い、ロレッタは相手のエージェントが見えなくなると、ぶち切れんばかりの怒りをぶつけてきて、まぁまぁと抑え、私のお客様が実は一番落ち着いていて・・・という、見るからにコメディのような光景でした。

ところ変わって、Bellevueのとある新しい売り物件。もう、この物件を見つけたときはお客さんとかなり盛り上がってオファーまで書く準備をしてきたのですが、

「すごいのを見つけちゃったんです。」

と切り出したお客さん。何かと思ったら・・・隣の茂みから聞こえてくるエレキギターの音・・。音を追ってみると茂みの奥から今度は頭を振っている姿が・・・って屋外一人ライブですかっ!

お客様の旦那様から即刻、ダメ出し。

「だめぇ~?ね、ほんとに!?」

と渋る奥様ですが、強張る旦那さんの顔を見て、これはだめだなと。念のため、エージェントにどんな近所の人か、伺ってみても、

「昼間、たまに弾くみたいだね。夜はやらないみたいだよ。」

当たり前です。

というわけで、君のおかげでドリームハウスが・・・。一応、高級住宅街なんで空気を読もうね、ご近所さんっ!

なんて、そのわりには早速2つ、オファーが入ったらしいです。誰が買ったんだろう!?恐るべしBellevueマーケットです。
【2010/01/30 02:00】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
呆れるのを通り過ぎると・・・
今日、同僚のLorettaから一本の電話が。

「さっき、Amy(相手のエージェント)がそっちに電話したらしいけど、大変な事になってる。」

私:「あぁ~何かさっき連絡入ってたけど息子で手が離せなかった。(っていうか私、今日休みです。)」

「コントラクターのGがっ!またしでかした!奴、ほんと、最悪っ!」

またぁ~?今に始まった事ではないので、もうどんな事を聞いても驚かないでいましたが、例えば?と念のため聞いてみたら・・・思わず不謹慎にも大爆笑してしまいました。

なんと、彼、新しくインストールしたトイレにHotwater Tankから水を引いたらしく、毎回、トイレを流すたびにあっつあつのホットなお湯が流れるんだそうです・・・!

あまりに大笑いする私にLorettaも呆れて、

「Mariko、笑ってる場合じゃないってば!これはほんの一部だって言ってたよ!もう、どうなってるのよ!」

と呆れていましたが、いまどき、どこの金持ちがトイレにお湯を使って流すんだ~?と言っては、また一人で爆笑。

というか、Lorettaの話の持って行き方がとってもユニークだったのでそれがツボにハマってしまったのでした・・!彼女、いつも吉本並みにオチへ落とすので結構、笑えるんです。

その後は真面目な顔をして、各関係者へ連絡。特にコントラクターにはものすごい厳しい口調で明日の午後、召集指令をしました。

でも・・やっぱり電話を切っては大笑いしてしまう私。

皆さん、ごめんなさい!明日、皆さんの前で笑わないように出来るか、今から心配。(これは真面目に!)
【2010/01/28 21:27】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
こういうのは何と言うのでしょうか。
最近よく出没するところはIssaquah/Sammamishエリア。多分、ほぼ毎日通っています。今日は2つのアポイントで、このエリアと自宅を多分、3往復しました。って最後の1往復は、今日お客さんから聞きつけた、新しく出来たピザ屋への往復でしたが!

「遠いから近所の中華にしよう。」という主人ですが、「え?たった15-20分だよ?今日だけで3往復してるんだから。」と勝手に身近に感じている始末。

でももっと近かったのは、今日オファーを送った相手先の会社が、他のお客様、しかもそのオファーを送るのでお待たせしていただいた方だったのに、ご案内する物件のすぐ隣に隣接していたこと。

急いでFaxしたのにその時間があれば、このオフィスにドロップできたのに!と、お待たせさせてしまった理由を思わず、お客さんの前でつぶやいてしまいました。

こういうのは、「灯台下暗し」とは言いませんよね?何と言うのだろう・・とさっきからずっと頭の中でグルグルしています。

どうでもいいことなので、書いたオファーの心配をしなくては(笑)!
【2010/01/27 21:09】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
興味がないっつーことで・・・
最近、週に平均30-40件くらい、色々なお客様にご案内しているでしょうか。

そしてご案内した後は、各担当エージェントから、電話やEメールに嵐のような”Feedback Request”(物件を見た感想リクエスト)が殺到します。

システムが変わって、キーボックス(家の鍵が入っている鉄の鍵箱:エージェントの専用ツールで開ける)へ家に入ったと同時くらいにエージェントへNoticeが送られてくるようになった今、自動Feedbackリクエストだけでもものすごい量になります。

もちろん、そんな自動リクエストにはFeedbackをする気にはなれず、かといってエージェントから電話があっても印象にない物件は上の空・・・それから、エージェント個人からのEメールも、なるだけ答えてあげたいと思いつつ、それだけでも一仕事になるので、他の仕事で手一杯・・。

というわけで、しつこく聞いてきたエージェントだけ、答えることにしています(笑)。

逆の立場も充分わかるので、自分が売っている物件にShowingが入った場合は、このようにFeedbackを取得します。

1.玄関へ入ったNoticeから起算して1-2時間後くらいに電話をする。
2.まだお客さんと一緒だったときは、後でEメールをする、といって電話を切る。
3.Eメールではさっき会話をしたことを強調する。
4.これでも来ないエージェントもいるので、メールを受け取ったか、確認の電話。
5.留守電を残したんだけど、届いていないかもしれないのでもう一度メールを送るね、といってまたEメール。

大体、これらの作業をすると諦めて仕方なく、Feedbackをくれます。

でも買う側からはっきりいわせていただければ・・・

興味がある物件ならこの作業をする間にとっくにオファーが来ていますよ~(苦笑)。
【2010/01/26 21:33】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっと一休み・・。

皆様、多分私が地球上で一番遅い”あけましておめでとうございます”ではないでしょうか。大寝坊もいいところですね。今年も思いやられそうですが、年明けからガツン!と色々とありまして 元旦から厄を落とさせていただき、やっと今、落ち着きました。

というわけで、心機一転、デザインもリニューアル。あ、写真はリニューアルではなくて、かれこれ数年前の写真です。ごめんなさい。でもわかんないですよね?今もこんな面影ありますってことで。これからは面影に頼ることが多くなりそう・・・・。

どうしても最初のブログで御紹介したかったのは、今年のおせち。

なんと、ご近所さんとの初共同作品!それぞれ担当を決めて、大晦日に皆さんでおすそ分けさせていただきました。もうこれ、ずっとやりたかったのですが、今年ついに実現!ずっと続きますように、また来年も(あ、今年も?)よろしくお願いします。というわけで、レントン友の会(仮名)の合作。私は大好きな栗きんとんと、なますを担当。これで1年ご利益がありますように。

IMG_6431.jpg

 

ご無沙汰していました理由としまして、最近、長男のベッタリが度を増し、絶対に私と一緒ではないと寝てくれない。おかげで夜にしていたブログの更新や、その他のお仕事は全て禁止。最低限、お客様へのメールのお返事や、仕事の準備などしている間でも、ずぅっと脇で待っているし、挙句の果ては、毛布をかぶって床で寝る始末・・・。

お兄ちゃんするときはしっかり、らしいことはするのですが。(これも”写真を撮って”といわれて撮ったものです。3歳にしてヤラセっ!)

IMG_6271-1.jpg

 こんなことをしてくれるのはあと数年だけ、昼間は学校で一緒にいられないから夜くらいは・・とは思いつつも、かなり雑用が溜まっている今日この頃、というか今日に始まった事ではなく、結構まずい状態です。

これがかなり溜まってきますと、夜間出勤もしておりまして、夜10時から夜中の1時まで会社で一人でボソボソと仕事をしています。体が資本なので、最近はビタミン剤も飲み始めました。友人との会話も、段々病気の話とか、健康の話が多くなってきましたね・・・。今年は私もBIGなんとかであります。

さて、このブログは実は、色々な方が見てくださっていて、イマサラながらもっと、不動産のことをお伝えしなくちゃ!と思いつつ、やっぱり日常ネタに走ってしまいます。

不動産ネタ、ないわけではないのです。実は毎日、言いたいこと、お伝えしたいことがありすぎまして、しかも実際の契約となりますとコンフィデンシャルなこともございまして、結局、あまりお話できないんです。ま、そこを知りたい方が多いかと思いますので、できるだけ、私たちの現状をお伝えできればと思います。

さっき、リニューアルするときに自己PRを書き換えていて、まだまだ新米エージェントと書くべく、計算したら東京での不動産歴をいれると、何だかんだで20年近くこの業界にいることが判明しました・・・。もう少し往年のエージェントらしくしないと。

でもおかげさまで、このブログを通してたくさんの方ともご縁がありました。しかも年明けから”ブログを見て来ました。”という方がいらっしゃって、ほんと、私でだいじょうぶですか?と、思わずお返事してしまいました。(真っ先に頭に浮かんだのが、”ショウジョウバエ、読んじゃったかなぁ!?と今更ながら心配している私・・・)

そうそう、去年、中途半端なフリで終わりにしてしまった、その後ですが、まだ!続いているんですよ。実はそのUpdateもしようと思ってたらあっというまに月末ですし・・(涙)。来週、引渡しなんですが大丈夫?と他人事。

しかし、今回の相手側のエージェントはしたたかというか、こういったご時世、段々色々な契約があって難易度も高まってきて、結構、楽しんでます。8割方、こちらへ有利な状況とは思いつつ、中々相手のエージェントも手ごわいので、このDealがクローズしましたら、ケーススタディとして是非、ご報告させていただきますね。

というわけで、今年はトラのようにクールに可憐に駆け巡りたいものです。(いつもドタバタなので!)

大変遅くなりましたが、改めまして今年もよろしくお願いします。

【2010/01/25 03:32】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記