home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

穏やかに年を越せたら・・・
クリスマス休暇明けの今日。午後はとあるお客さんと引渡しに向けて、ビルダーさんとのWalk Throughでした。新築物件は久しぶりだなぁと思いつつも、Walk Throughって何だかビルダーさん泣かせみたいでちょっと申し訳ないと思いつつ、床に寝そべってみたり、天井をじぃっと見つめてみたりと、まさに上から下まで隅々まで確認。光の具合によって色合いが違ってくるペイントまで、この際、いえることは全部お願いできちゃうのが新築のメリット。中古物件とは大違いですね。

さて、中古物件といえば、逆に私が売り出ししている物件のインスペクションも今日ありました。午後にエージェントがInしたのを、新しいお知らせ機能でEメールにて確認。最近はエージェントがキーボックスへアクセスするとすぐにお知らせが届くようになって大助かりです。

そして、この新築のWalk Throughが終わったのがちょうど3時すぎ。工事の途中でしかも市場からオフしている間に入ったオファーだけに、ちょっと状態も気になったので寄ってみようかなぁと思いつつも、何となくハンドルを自宅へ向けたその夕方に一本の電話が。

相手のエージェントからだった。嫌な予感・・・。

「ちょっとリモデルの件で相談したいことがあるのですが。」

その後の内容はちょっと今はいえないのですが、頭が痛いことばかり。すぐにコントラクターへ連絡をし、必要な情報の交換、というか、コントラクターも興奮してしまって収集をつけるのが大変。2-3回目の電話でやっとまともに話が出来る状態に。

というわけで、年末前に、確実に、3者、いや、この物件はちょっと複雑で色々な人が絡んでいるので5者面談になりそう。。。また私がまとめ役。

そして・・いつもこういうときに肝心なパートナーのお姉さんはただ今バンクーバーで休暇中。

休暇中にテキストメッセージも可哀想だし、別に今知らせても彼女がどうしてくれるわけでもないので、事後報告ということで。

唯一の吉報はまだBuyerさんが家を欲しいといってくれていること(ただし、彼らの要望をクリアしなくてはならない)。これに比べると新築のWalk Throughが天と地の差に思えます・・。

無事に年が越せますように。
スポンサーサイト
【2009/12/28 02:32】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Merry Christmas!
毎回同じ題名になりそうで、意外と使っていなかったタイトルにしてみました。”同じ題名”というのは、この時期よく使うのが、”あっという間に!”とか、もう今年もあとわずか!”とか、今もこのどっちにしようか悩んでいたところ(大した差ではないのですが)素直に”メリークリスマス”となりました。

毎年、この時期は仕事は暇になりますが、出費の重なる日々となり、クリスマスカードの発送やその他、雑用が多くなるはずが、今年はダブル、いや、トリプルでしょうか。

急に契約が入ったりと仕事が忙しくなり(これはうれしい悲鳴ですが)、今年はほとんど一人で、Thanks GivingとChristmasで延べ計500組以上の発送を夜なべしながらやりました。(来年はやっぱりどなたかに手伝ってもらいます。)

そして今は最終の日本発送(これは自宅用ですが)を控えるのみ。特に今年は次男が産まれたのでその報告も兼ねなくてはならず、いつもより多くリストを作成。今週の休みで取り掛かり、来週初めに発送がゴールです。最近、日本の知り合いへのご挨拶はお正月まで間に合えばいいかなぁ~と。思いっきりクリスマスのカードなのに、封筒には「年賀」と書いて送っています。ほぼ開き直りですね。

というわけで、Brokerからはこんな忙しいときでさえも「月が終わるからホールドしている契約を上げて(申請して)下さい!」と通達メール。今は半分の確率で契約がだめになるので、Inspectionが終わらないと会社へ契約として申請しないのですが、月間目標をあくまでキープしたいらしく、ほんと、うちの事務所は鬼です・・・!

まぁ、このような鬼会社でないと私はすぐにだらけて急落しそうなので、もう少しこの会社でがんばります。

はぁ、私もいつか色々な会社から「うちへ来ませんか?」なんて言われてみたいなぁ~。一体、どんなオファーをつけてくるんだろう?そもそも給与制ではないリアルターなんかにどんなオファーをもらえるんだ?デスク代が無料とか、コピー代が無料?個室は大前提だよね~?アシスタントを一人付けてくれるとか??

とありもしない話に疑問に思い、こんなオファーだったら行ってもいいなぁ~と、ありもしないことに期待を膨らます今日このごろ。

超マイナー会社からだったらオファーはあるのですが、そういうオファーが来ると、自分もまだまだだなぁと思います。でも、そんなに心配しなくても大丈夫です。というか、今の会社にいつまでいさせてもらえるのか、心配したほうがいいかもしれません・・。

そういえば、”超マイナー会社”からのオファーが最近多くなった理由のひとつとして、先日、お客さんから私が地元の雑誌に載っていたのをみつけたと、わざわざ雑誌を買ってきてくれてプレゼントしてくれました。私も実は何冊か買い込んでいて、さらにその雑誌会社からも送られてきて、こんなにあげる人がいるわけではないのに何やってんだ!?と思ったのですが、そうやって買っていただいた雑誌が一番、大事に思えます。

そしてそのお客さんから半分怒られ気味で、なんで教えてくれなかったの?と(いや、実は先月のお手紙でちょこっと触れたのですが・・(汗))自分にもっと誇りを持ちなさいといわれたので、御礼も兼ねてご報告させていただきますが、地元情報誌、Seattle Magagineで「Best of 2009」のRealtor部門でFIVE STAR REAL ESTATE AGENTという賞を受賞させていただきました。

独立して7年目での受賞ですが、今まで応援してくださった方のおかげで受賞できた賞であり、皆さんに差し上げたい賞です。本当に一生に一度、あるかないかのチャンスに恵まれ、心から感謝しています。お客様にはお礼のお手紙を送らせていただきましたが、このBlogを読んでくださっている方にも、この場を借りてお礼申し上げます。

まだ店頭に並んでいるかと思いますので、買わなくてもいいですので、もし見かけたらちらっと最後の方のページをのぞいてみてください。他にも受賞者がずらっと勢ぞろいでびっくりすると思います(笑)。

それからこちらでも1年間、掲載していただけることになっています。年の瀬でお時間のない方へ、とりあえず見ていただけるという方に、私はずっと後ろの方(45ページ目)におります。次回はお忙しい皆さんのためにトップページに飾れるよう、がんばります。(また7年後、ご期待ください・・。)

それでは楽しいクリスマスをお過ごし下さいね。
【2009/12/24 02:25】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記