home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

新しいオフィス

前回のメールでさぞかし調子のいい内容を書きましたが、今年はここまで来るのが大変・・・!計算してみたら、今まで何もなかった分、はっきりいって成績は去年よりかなり下降気味です。

まぁ、毎度のことですが支店長には「私には数字は期待しないで~」とお願いしているくらいで(そんな筋が通るような会社ではないのですが!)ふと、新しいオフィスへ移り気がついたこと。

「スーパースターが多すぎっ!」

総勢100人以上を超すマンモス支店になってしまったのですが、いやぁ、大変なところへ転がり込んだらしい、と最近になって気がつきました。

エージェントの一覧ボードが社内に飾ってあるのですが「あの・・・芸能人ですか?」と思われる容姿の方がたくさんだし、いかにも「リアルター」といわなくても、顔がバッチリそうおっしゃっています、という方がざっと数えなくても数十人。

あの人も、この人もここの支店だったのかぁ、見たことある~!とはしゃいでしまうくらい、ふと我に返り、今では同じ支店になったのかぁと、ボードの前を通り過ぎるたびに思わず、ボーっと眺めてしまいます。

というわけで、前支店では何とかギリギリぶら下がっていたもの、今年はどんな急落株になるのか、ある意味、自分の本当の実力を見せ付けられそうで怖いと同時に、まぁ、これだけスターがいればしょうがないよなぁと、ちょっとほっとしている自分。(早くも負け犬モード)

まぁ、前オフィスの恩恵を被り、個室をいただけただけでも奇跡かなと最近思いつつ、まだ荷解きしていない箱がオフィスに積まれています。多分、私が最後なんだと思いますが・・・。

でもそんな光景を見て思うのは、もしかしたら個室を追い出されるのも時間の問題だから、そのままにしておこうかな~なんて。(これも片付けたくない言い訳。)

ちなみにやっと社内の人に顔を覚えてもらいましたが、出社当初はよくお客に間違えられたり、本当にうちのエージェントなのかと疑われ、フロントを通り過ぎると、一瞬、受付の子には、勝手にオフィスへ入ってきたと思われたりしてました。

それから意味もなく、首にキーカードをぶらさげるようにしましたが・・・。

まぁ、無理もありませんね。妊婦でおしゃれできないし、足がむくんでいて年中、ゾウリみたいなサンダル履いていますし。ふんっ、復帰後は思いっきりおしゃれして、少しはエージェントらしく見せるぞ!

ではなくて・・・年の終わりには何とか社内の中位にぶらさがっていないとまずいなぁと、正直、今になって我の立場を知った今日この頃・・・。

前のオフィスでも7年も居て自分は全然、”ペーペー社員”ならぬ、”ペーペーエージェント”だと思っていたのに、新しいオフィスに来て、またさらに上には上がいることを見せ付けられています。

いや、ほんと、うちのオフィスのエージェント、みな、俳優みたいな人、いっぱいです。

どうやったらあの貫禄がつけられるのでしょうか・・・。

スポンサーサイト
【2009/07/07 00:45】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
休みの前は・・・・
毎度、臨月リアルターです。ご無沙汰していました。

毎年夏は暇になるのが通例ですが、今年の夏は何かが違います・・・。
今までは色々なことが思うように動かず、冬から春はこのまま消えるかと思いましたが(笑)、半ば諦めかけてきたころ、突然色々なことが一度に動き、毎日、何枚もの皿回しをしているくらいの忙しい日々を過ごしていました。

まず、Teamのスタッフにも言われた、久しぶりの売り物件。フォトグラファー曰く、2ヶ月振りだったとのことですが(苦笑)、久しぶりともあってかなり気合を入れたら、2日でオファーが2件入り即日完売させていただきました。やっぱりマルチプルってドキドキしてあの瞬間、楽しいですね~。

そして、その次の週にはなんと・・・1年近く売れなかった物件にオファーが(涙)!それもかなりアグレッシヴ(号泣)!でも何とか、こちらがかなり譲歩して契約に至りました。

それから、ずっと目を付けていた物件が値下げをし、ここぞとばかりにいきなり攻めて行ったら、相手に驚かれたものの、渋々こちらの提示額にサイン!Buyerさんもまさかサインをするとは思っていなかったので、お電話をしたときには、きょとんとされていました。

相手のエージェントは5年ぶりくらいに取引をさせていただく、業界の者なら誰でも知っている某会社のトップエージェント。多分、向こうは私のことを覚えていないと思いますが、こうして対等にお仕事をさせていただけるチャンスをいただき、ちょっとうれしかったです。前の取引のときは、不動産市場の絶頂期でなんか、向こうの言いなりだったような気がして、今回はそうはさせないぞ!という、わけのわからない意気込みもあったのですが・・・!

この手法に習って、次に目をつけていた物件にオファー、当然、相手は「低すぎる」と、どうして自分の価格が妥当か、2枚に渡るお手紙まで返してきたのですが、そんな私情に流されることなく(ごめんなさい!)、再度、こちらの価格を最終通告として叩きつけたら、あっさりとサインをしてきていただきました。

いやはや・・・・いかにも運が廻ってきたみたいな感じですが、実はこれらの全てには共通点があるのです。何だと思われますか?

契約が取れたほとんどの物件の相手側が、バケーションへ行く寸前だったんです(笑)。

エージェントなり、売主なり、え!こんな忙しいときに何?オファー??みたいな感じで、でもうれしい!低いけどどうしよう、でもこれが売れればバケーションが楽しめる!みたいな心境でしょうか。

というわけで、私はいつもこういう要の休暇には出かけずに、お買い得物件を漁るようにしています。

なんて、単に予定がないだけなんですけどね・・・。でもちょっとだけがんばったご褒美に、今週末は久しぶりにお休みさせていただき、息子と思いっきり遊ぼうと思ってます。

皆さん、楽しいJuly 4thをお過ごし下さい!

その前に、一気に溜まったファイル整理です(溜息)。
【2009/07/02 22:50】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記