home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

直った・・・
昨日、朝一番で「パーツがありました。」との電話。しかし、工事は「夕方の5時までは伺えます。」というもの。思わず電話口で苦笑い。

とりあえず、午前中外出するも、念のため鍵をマットの下に入れておいたら・・・

昼過ぎ帰宅後、既に業者のバンが来て勝手にガレージ開けてました。ま、知ってる業者だからいいのですが、電話くらいくれても・・。

で、結局タンクを入れなおす作業も含め、かれこれ1時間半くらいやってくれ、私が息子を寝かしつけている間に帰ってました・・・。

起きてまっさきに蛇口をひねる。暖かいお湯!やった~!

でも心配になって、何度かガレージにあるタンクのパイロットランプを見にいく私・・・。ダイヤルをHotにしてガスの点火も確認。あはは。
プロがやったんだから間違えないんですが。とりあえず、念のため。

というわけで、無事に昨晩からお風呂に入ってます。ご心配お掛けしました。

治っていないのは、私の風邪だけ?と昨日の晩は気合を入れて寝ました。(よくわかりませんが。)

今日は朝から夕方までぎっしりスケジュール。

10-12pm BellevueでOpen House
12:30-2pm Bellevueでお客様とランチミーティング
2時半:Bellevueのお客様のところへ立ち寄り
3時:Mill Creekのお客様宅へ
4時:Woodinvilleのお客様宅へ
5時半:子供の迎え

あぁ~今日は久しぶりに1日、動いていました。

なんていったら会社勤めの人に怒られちゃいますね。
スポンサーサイト
【2009/01/22 21:27】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ツキの底値
人生、山あり谷ありとは大げさですが、短い期間の間でもよくありますよね、俗にいう、”ついていない”日。

その1: 2-3日前からHotwater Tankの調子が悪く、昨晩とうとう、パイロットランプがつかなくなった。ちょうど私たちがお風呂で使ってしまって終わり。遅くに帰宅した主人がババを引く。お湯なし生活、始まる。

その2:今朝、ポットに詰めたお茶。車に乗り、フリーウェイに乗って一息ついたところでかばんからポットを出すと・・・軽い。指先に触れた財布が冷たい。

ストッパーが外れていてお茶のほとんどがかばんの中へ染み込み、いつもは持ち歩かないデジカメまで被害。その下に置いてあった書類もびっしょり。もうがっくり。

その3:業者から一時はタンクが直るかもとの電話。ちょっとしたパーツを換えればOK、Warrantyが効くので(そう、1年未満の新品!)工賃30ドルでOKとのこと。何でもいいから直してくれ、とGoサインを出すも、30分後、やっぱりガスパイプ関係のパーツになるので、Warrantyが効いても一気に180-190ドルの工事になるとのこと・・・。しかも、パーツは今日、用意できない。今日もお湯なし。

その4:昨晩、遅くに帰る旦那を想い、何とか直せないかと湯上り後、寒いガレージでタンクと奮闘。旦那を思う想いは3分で終了。パイロットがつかない。諦めた。湯冷めした。朝から鼻水。午後に本格的くしゃみ。風邪引いた。明日、久しぶりに会うはずだったお友達との予定をキャンセル。

その5:夕方、業者から連絡が入り、担当者がモデル番号を間違えて伝えたため、パーツを探すことが出来なかった、わかったときにはメーカーが4時で終わっていた、また、明日、確認してみる。=パーツの確保が定かではないので明日直るかも不明・・・。

というわけで、明日は、”パーツがありませんでした。” はい、また風呂に入れません・・というのが、最後のオチだと思うんですが。

ま、暖房機の故障ではなくてよかった、いつもはコーヒーを入れるのに今日はお茶でよかった、どうせ風邪引いてお風呂入れなかったから別によかった・・・。

鼻水だけで熱が出なくてよかった・・・そうそう、よかったこともたくさんありました。
【2009/01/21 22:38】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
”自”ビール
昨日、仕事から戻ると、ご近所のご主人がわざわざ自宅まで来ていただき、うちの主人へ地ビールの作り方の伝授。

キッチンはさながら、ビール工場になってしまいました。

普段、私はあまりビールは飲まないのですが、たまたまその知人宅で先週、同じく作ったビールの瓶詰めに立会い、出来上がったうちの1本を持ってきていただきました。

苦味よりもフルーティーな味が広がり、こういうビールだったら飲んでもいいかなぁと。

さて・・発酵するまでの手順を伝授してもらい、後はホップ菌?を入れるのみ、というところまでやっていただいたのに、夜中に「ゴロゴロゴロ~」と瓶樽を廻す音が・・・。

朝も早くからガレージのドアを開けたり閉めたり・・・。もう、何かに夢中になると子供と同じですね。

「もう、昨日の夜もそうだし、今朝も早くから何をドタバタしてるの~?」

と顔を見るとかなり落ち込み顔。

「ビール、発酵しないよ・・・。」

え!?昨日、あそこまでやってくれたのに・・もったいない・・・と内心思いつつも、Sさんに電話して聞いてみたら?というくらいしか慰めの言葉が見つかりませんでした。

で、私が仕事に行っている間も試行錯誤したらしく、家につくとダイニングセットが大移動され、その上にビール工場が移転。

見ると、電気毛布をかぶったビール墫がそこにありました(笑)。

「やっと何とか発酵したよ・・。」

電気毛布?と思いましたが、本当に手順どおりなんでしょうか・・。とにかく、今は下のリビングで「ボコ、ボコ」と不気味な音が響いています・・・。この発酵が終わる1-2週間後には瓶詰めだそうです。そうそう、モルトって花ということもわかり、部屋中、フルーティな香りがまた、いいです。

さて、初めての地ビール、私にとっては何となく地元よりも、個人宅的なビールに見えるので「自(宅)」ビールと呼んでいますが、なんという名前にしましょうかね。

冬のシアトルはこうして、ご近所同士集まることが多くなるので、これまたあったかいものです。
【2009/01/19 23:30】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬晴れ
今日は朝からシアトルまでShowing。お客さんには日曜の朝だから・・と恐縮されるのですが、実は週末は道路も空いていて、何となく空気もきれいでドライブ日和。

あ、一応、仕事に行くのですが・・・。

今日はどんな家が見られるかなぁ~とわくわくしつつ、助手席に乗ったお客さんの最初の一言。

「(夫がリストしてきたものだから)私は今日、あんまり乗る気じゃないんですけどね~。」

あはは。でも私はどんな家でも見るのが大好き。毎回、自分が住むなら・・と疑似体験するのが好きです。

ま、結局、ちょっと気になった家はあったもの、検討しますということでお昼前に解散。ご主人はTVで大事なフットボールの試合があるとのことで、試合開始直後、ギリギリの帰宅。

私はせっかくこっちまで出てきたのだからと、シアトルのWallingfordという小さな街でご褒美のランチ。

え?特に契約が取れたわけではないのに、最近は仕事に出られただけでうれしくて、勝手に自分でご褒美気分。店内はブランチでにぎわう家族連れやカップルでいっぱい。私の座ったカウンターでは、優雅にワインとビールを飲む女友達らがほどよく酔って、会話に笑い転げていました。

私はなんとなくゴージャスなサラダでお腹を満たしたく、焼きたてのパンと今日のお薦めスープでいただきました。さすがにワインは飲まなかったけど・・・!

帰りは520経由で帰宅。久しぶりの青空で、澄み渡る湖の上をすべるように走って帰ってきました。平日は混雑していて、道路も狭いのでよく避けて帰るのですが、これも週末の特権。

こういうゆったりした気分になれるのも週末出勤のいいところです。
【2009/01/18 14:50】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
”欧米かっ!”
ってもう古いですよね。

でも、最近ちょっと気になることが。2歳になった息子の”欧米化”。家ではかなり日本語を徹底しているのですが、やはりDaycareには勝てない。恐れていたことが思っていた以上に早く来たのでちょっと心配。

例えば、何か言い聞かせたり、説明をしてわかってもらうと、

「Oh..」(なるほど)

ジェスチャーも入って肩をすくめたりもするので、思わず、つっこみで「欧米かっ!」といってしまいます。ものすごい違和感を感じるのは私だけ?

それから私にも意味不明な英単語をいい、挙句には私にも同じ言葉を言えと。きっと学校で同じようにされているのでしょう。

息子:「マミィ、”しだぁr”」

母:「はぁ?」

息子:「No, No, マミィ、”しだぁr”」(rは完璧にRの巻き舌)

母:「”しだぁr”?」

息子:「ンン。(←OKという意味のうなずき)マミ、アゲイン、”しだぁr”」

母:「”しだぁr”~」
ちょっとRの発音が真似できなくて、いらっとしてます。ていうか、その単語の意味もわかりません。

その他にもなが~い演説のような英語もどきを、手話みたいに両手を使って聞かされます。知っている単語や日本語を混ぜたものなのですが、いつも大人たちが話すように、自分も流暢に話したいと思っているのでしょう。

先日は悪いことをしたので、「ごめんなさい!は?」とういと、「あいむしょーりー!」と交わされたり。言葉ってまず、動作や状況で覚えて、それから言い方(英語/日本語)を理解するんだ、と改めて知らされた瞬間でした。

私は幼児教育とかそういうことにはとても疎いので、家では何も教えていないのですが、その分、学校で覚えてくることが多く、今では英語で覚えてきたことを日本語に直してあげる、というので精一杯・・・。

とにかく、あの「oh..(なるほど)」だけはやめて欲しいんだけどなぁ。まるで黒い眉毛を染め忘れた、金髪の日本人みたいなんで。
【2009/01/15 23:45】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あけまして・・・おめでとうございます。

またやってしまいました。

もう年が明けて2週間弱過ぎようとしています。今ごろのこのことすみません。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。まだ間に合うかな、この言葉・・。

すっかり雪で(と言い訳)長い休暇が祟ったのか、何もしていないのに体調を壊したり、もしかしたらもう、このまま仕事に復帰できないかもと弱気になっていたところに、年明けからぽつぽつと、ありがたくもお仕事の話をいただいたりして、更新するままなく、ズルズルと新年がスタートしてしまいました。

というか、本当の多忙時期の1/3にも満たないはずなのですが。毎年この時期になるといじけていて友人から呆れられてます。今からこんなんでは困ってしまいますね・・・。

皆さんのお正月はいかがでしたか。

私はクリスマスからの暴食に自分で体調を壊してやっと歯止めが。写真はクリスマスに主人が作ったお肉。絶対に食べきれないと断言していたのに、友人たちとぺロッと平らげてしまい、あらびっくり。

IMGP5744.jpg

そして毎年、”無理やりお正月ごっこ”の一部。クリスマスが終わり、飾りつけとツリーの後片付けも早々に終わらせ、雪の中、あくせくと買出しをしてやっと作ったお節。あ、作るのが苦手な、黒豆と伊達巻はお買い上げです。

それでも、あまり夫はお節が好きではないので、あまり喜ばれないんです(涙)。ほんと、アメリカの正月は味気なくて、それでも”ごっこ”をしたい自分が悲しいかったり。息子が煮物を喜んでくれてうれしかった。

IMGP5745.jpg

 で、お正月のお花。

正月の花 003 

ってうそです。これは実家の母の作品。参考までに送ってもらったのですが、実際に作ったのは↓。

IMGP5748.jpg

 ぷっ。お粗末さまでした。オアシス(花をアレンジするときに使うスポンジ)がまだあったかと思ったのですが、いくら探しても見当たらない。慣れないことを急にするからですね。せっかくお手本があったのに。

仕方なく夜中に一人、剱山に生けたもの。去年、お正月に日本へ帰国した際に買ったお飾りを無理やり、隙間に埋めました。だるまが生首のように浮いている・・センスのない生け方。もう、いかに無理やりを演出したいか、苦しいところをご覧に入れられたかと思います。

あまりに余ったおせちは(大人二人しかいないのにいつも大量に作ってしまう)、子供の新年会の集まりで何とか完売。来年からはご近所さんと手分けして交換ごっこしようかな。

というわけで、今年もあっという間に過ぎそうですが、皆様、どうぞよろしくお願いします。

暗いニュースばかりですが、皆様にとっては素敵な年になりますよう、お祈りしています。

【2009/01/12 23:27】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記