home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

Happy Holidays!


Happy Holidays from our gangs!


↑クリックしてお楽しみ下さい。


(注:子供は頭数を揃えるため、息子の小さいころを載せてます。まぎわらしくてすみません。)


 楽しいホリデーシーズンをお過ごし下さい☆彡

スポンサーサイト
【2007/12/23 13:00】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ぴたっと止まった・・・
もちろん、こういう時期とも重なりますし、私も年越しに在庫を抱えたことがなかったので、こういうものかと思っていましたが・・・

売り出し物件の動きが見事に止まりました。

Showing(エージェントがお客を連れてくること)なし、Feedback(物件を見た感想)を聞いても反応なし・・。

かと思いきや、先週出した物件は突然マルチプルオファー。

春以来の快挙?で自分がびっくり。エージェントから「オファーを書く。」と電話をしてきているのに、思わず出た言葉が「あ、オファー、もうもらってますので・・・」と自分で言ってから、いえいえ、ちょっと待ってください、はい、そちらのオファーも欲しいです・・と言い直し。

今の市場は本当に掴み所がありません。

でも、ひとつだけ言えることは、Buyerは確実に動いていること。欲しい物件がかなり絞られていて、それにヒットすれば、こんな時代だとかお構いなしに行動してくることを身をもって体験しています。

先日、カルフォルニアのお客様から興奮気味でお電話をいただき、とある物件を調べて欲しいとのことでしたが、24時間以内にPending(オファーが入り、引渡し寸前の物件)。

念のため、エージェントにバックアップオファーを受け付けるか伺ったところ、鼻で笑って返されました。

「15個もオファーが来て、今のBuyerが落ちる(契約破棄になる)ことはまずない。したがってバックアップも受け付けません。」

そうでしょうね・・・。いまどき15個というのもすごいですが、一体落札価格がいくらになったのか、知りたいところです。

まぁ、この物件は稀に見る、訳あり出ものだったのですが、それでも15個もオファーが来てお祭り騒ぎしているところもあれば、看板が風になびいて閑古鳥が鳴いているところもある・・・。

お金を賭けて何ぼのマーケティングの時代は終わったなぁとしみじみ。タイミング、価格、展開の歯車がいかに大事か知りました。今まではタイミングが何かと後押ししてくれていましたが、それらが弱い中、他のことを強化し、いかに的確なBuyerを集客できるかが問題。

というわけで、私の売り出し物件も2-3件が仕切り直しです。どんな時代でも、私にとって数ヶ月間の売り出しは理由にならず、苦難を強いられます。まずはお客様と足並みを揃えるのが大事。

日本へ帰国した際にも、とあるお客様と現況のご説明と今後の展開についてのミーティングをお願いしました。シアトルを出発されるときは、これが最後とお見送りしたのに、こんなことになるとは。どの顔を下げてお客様にお会いしよう・・・。

「こんな時期だから仕方ありませんよ。」

と優しい言葉を掛けてくださいますが、その間の電気代などの出費を考えると、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

というわけで、最近は暖かいので先日、暖房の温度を下げてきました。そんなことしか出来ない自分が情けないですが・・。

早く市場が元気になるといいなぁ。
【2007/12/19 01:04】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お礼のつもりが元気をもらってます。
今、お世話になったお客様に、年末とそれから無事に5周年を終えることが出来たお礼を兼ねて挨拶回りをさせていただいています。

すごくご無沙汰していたお客様にもお会いして、申し訳ないとおもいつつも、全然変わっていなかったり、色々と励ましのお言葉を頂いたりして返って元気をもらっています。

お電話やEメールでお話をしているつもりでも、久しぶりにお客様の家へ行くと、当時より周りが変わっていたり、新しい道路が出来ていたり、5年という月日をひしひしと感じている次第です。

一番最初に快くお客様になっていただいた方、また、ミステリーツアー(現在はエキサイトツアー)という、名前からでも怪しいツアーに勇気を出して参加してくださったお客様をはじめ、新聞広告、インターネットよりのお客様(こちらも勇気が要ると思います。)、その上に他州や外国から引越しを決められた方、それから、何よりもご紹介から来てくださったお客様など、本当にこの場を借りてお礼させていただくとともに、感謝しています。私は常にお客様に恵まれていたこと、これだけは感謝の言葉が見つからないほどです。

それからスタッフをはじめとする、チームの皆さんにも感謝です。今、やっとベストなチームで動いている、という実感をひしひしと感じています。

彼らがいなければ、今の私はありません。終わりよければ全てよし、とはいいますが、そういった意味でいつも最後まで気持ちよく仕事をさせていただいていることに感謝しています。

昔から5年続けば大丈夫とは言われていますが、実際続けて見て、これからもっともっと厳しくなることを考えると、これからの5年間はとても難しいかと思います。

今までは焦ったり、多少調子に乗った時期もあって、そういうことをすると後で痛い目に遭う、というのも身をもって体験しました(汗)。

常に初心を忘れず、これからはお客様とじっくり過ごせる時間を持つことに専念し、ひとつひとつ丁寧にやっていけたらと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

【2007/12/13 12:44】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Happy Birthday to.....me

P1080157.jpg


 昨日は息子の誕生日でした。あれから1年、この世に生まれて1年、私が親になって1年・・。


息子はものすごい勢いで成長しているけれど、私は親としてあまり成長が見られません。反省。


お誕生日前から徐々に歩けるようになって、今では助けを出すと振り切られるほど、長く歩けるようになりました。


P1080153.jpg


歩けた瞬間は・・・想像していたのは、もう感動して涙もんなんだろうなぁと思っていましたが、いざ体験してみると、なんだかとっても寂しかったです。もうお母さんの助けはいらないんだって・・。(極端ですが!)


最近は色々な芸をしますが、意味がまだわかっていない模様です。


その1: "Oh No! "というと、両手を耳に充てて目をつぶります。


その2: More(もっと):両手を前で握ってツンツンとします。手話で覚えた最初の言葉がこれでした・・。ミルク、食べ物のときに使います。さすが命に関ることは覚えるのが早いです。


その3:朝起きると、私の顔面に哺乳瓶をぶつけて「にやり」。ミルクをくれとのことです。毎朝、哺乳瓶が先か、私が起きるのが先か・・・夢でうなされながら、ほとんど9勝1敗で息子のほうが勝ちます。毎朝、哺乳瓶を違うところに隠しているのになぁ。


その4:携帯が鳴ると、私のところへ持ってくる。これはいつも私が携帯に飛びついているのを見て、何か飛びつくものと勘違いしているようです。息子も一緒になって飛びつくので、誕生日におもちゃの携帯を買ってあげたら、ベルがなるたびに私へ「出て!」と持ってくるようになりました。


結局、また携帯が1台増えた、くらいにしか思っていないようです・・。


IMGP3238.jpg


でもいつもニコニコしていて、大きな病気や怪我もせず、何でもよく食べて、よく笑って泣いて元気に育ってくれている息子に感謝です。


これからも、不束な母親ですが、どうぞよろしくお願いします。実は私も1週間前に歳をひっそり歳を取らせていただきました。はい、それはもう、ひっそりと・・・。(実家から届いた孫のプレゼントパッケージに淡い期待を沿えた娘でした・・・。)

【2007/12/05 16:51】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記