home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

慰めあっても仕方ありません。

最初は冗談かと思っていました。何かの間違いとか、大事なマリナーズの試合、フットボール?と信じていました。


しかし、どうやら市場は本気のようです。


先週末に出した物件の出足が思った以上に、しかもかなり遅いです。今年はずっとこういった苦戦を強いられてきましたが、都度切り抜けてきました。


しかし、今までと明らかに違うのが、「人が来ない。」Showingがあって初めてナンボとなるもので、これがないと元も子もありません。


そして、来てくれたエージェントに感想を聞くと、これもノラリクラリ。


「価格は?」


「悪くないのよね~」


「家の状態は?」


「悪くないのよ。きれいにしてたわ。」


で、最後に口を揃えて言うのが、


「Buyerがまだ考えている。悪くはないんだけど、他にも観てみたいって。」


もう、これ以上質問をしないでください、というそぶりで早々に受話器を置かれてしまいます。


あ・・・・あの、それじゃ、どうしたら買ってくれますか?という切ない質問までは答えてくれません。


「そんなのは自分で考えたら?」といわれるのがオチです。


今までとは違う、何かを感じました。取りあえず、まだ往生際悪く、今週一杯は様子を見てみますが、来週からガンガンと攻める形でマーケティングを動かしていきます。


こうなってくると、いやらしいのですが他に動いた物件があるかどうか、毎日チェックしてしまいます。それを観て、何が要因だったか、何が劣っていたかを悟らなくてはいけません。


しかし・・・そういった物件もなく、ほっとしていいのやら、焦っていいのやら・・・。


先日、オープンハウスで立ち寄ってくれたエージェントと話していて、既に長期戦を組んでいるとのこと。10日前に売り出して、3人エージェントが来た・・・とのこと。10日でたった3人?うちは3日で3人だから、まだいいほうなのか??いやいや、そういう問題ではないでしょう!とかなり焦っています。


それでも、市場を見越してかなりいい価格をつけたつもりが、ここまで無視されるとは思いませんでした。価格調整ではなく、他にこれ以上、何かしなくてはいけないのか、単に価格だけなのか・・・。非常に判断が難しいところですが、早期完売がお客様にとっていいのか、改めて根本的に考えなくてはいけなくなりました。


「焦ってもしょうがないよ、実際この近所だけで競合が60件あるんだから・・・。」


と慰めてくれたエージェントもいますが、いえいえ、その60件の中で一番になって、一番最初に抜けなくてはいけません。絶対に抜け出せるはずですから・・・と信じています。


 

スポンサーサイト
【2007/09/28 15:15】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ゼロになったら・・・

先週は2つのリスティングで大忙しでしたが、カウントダウンをしてゼロになったら私が倒れてしまいました・・・(笑)。いけませんね。プロとして失格です。


というわけで、ご報告が遅くなりましたが、先週末に売り出した物件のご案内です。


Truly Inviting Throughout! Bothell/Juanita area $465,950


5 bedroom 2.75 bath  2380 sqft


4-Nakanos.jpg 5-Nakanos.jpg


405から1マイル弱でありながら、閑静な住宅街に建つロッジスタイルの素敵な家です。スピリットレベルというスタイルでありながらフロアプランがめずらしく、4ベッドがメインフロアに、プラス地下にゲストルームと、使い勝手がとてもいいです。また、ベースメントにはシアタールームも完備!新しくリモデルしたバスも魅力的です。Kirkland, Woodinvilleに隣接しており、このロケーションでこの広さはお買い得。下記のリンクも是非ご覧ください!


www.johnlscott.com/42306


------------------------------------------------------------------------------------------------------


Stunning Liberty Ridge Home!  East Renton area $459,950


5 bedroom 2.5 bath 2670 sqft

2-Dining-Hill.jpg 4-Family-Hill.jpg


人気コミュニティ、Liberty Ridgeからのご案内です。本物のバンブーフロアを始め、ステンレスのアプライアンス、フロントロードの洗濯機/乾燥機など、全てがトップクオリティ。大きなデッキとプライバシー抜群の庭もお薦めです。場所はこれから注目されている、East Rentonエリア。近くには新しくできるTargetを始め、大型ショッピングモールが建設中です。405まで2分、Bellevue、空港まで15分、シアトルまで30分内と交通にも便利です。約20Kのアップグレード済みでコミュニティ内でもBest Valueなお値段。下記のリンクも是非ご覧ください!


www.johnlscott.com/36988


---------------------------------------------------------------------------------------------------------


というわけで・・・皆さん、風邪が流行っているようです。急激な気温の変化にお気をつけ下さい。

【2007/09/25 16:18】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
カウントダウン

今日は売出予定物件での進捗チェック。いよいよ来週は準備に入るため、今週中に目処がつくかどうかがポイントです。


が、いざ訪れてみると・・・ペイントの業者、床に散乱する荷物、どこからか増えた荷物・・・。あれ!?もちろん、当初から比べたら飛躍的に変わっているのですが、あと正味2日で全て終わるのかと、まだ不安が残る中、業者ならプッシュできるも、お客様にはやはり無理には押せない・・・・と思っていると、


「だいじょうぶ。週末は4人の友達を呼んで、手分けして終わらせる予定だから。今更、スケジュールを変更しないでよ?」


と私の心情を先に察してか、ご本人からおっしゃっていただきました。思わず笑顔がほころび、


「それではこのまま予定通りで行きますよ~!月曜日、9時にはお掃除が来ますから、よろしくお願いします!」


そして同時期に出す他の案件へ。そこはほぼOKな状態になったのですが、あともう一押し。


「もう、主人が全然動いてくれないんですよ。仕事も毎晩遅いのもありますが、いい加減やってもらわないと、間に合わなくなる!」


そうですよね・・・お仕事も忙しいみたいですし・・・。(ここもキツイか!?)


「でもね、”少しでも高く売りたいんでしょ!”と言ったら、何とか動いてくれました。」


と奥様から聞いて、ちょっとうれしくなりました。渋々やってくれたご主人の顔も思い出してしまいますが・・・!


というわけで、どんどんこうして、いい「気」が家の中に流れ込んでいくのが見えてきます。「買って、買って!」という家より、「売りたい、売りたい!」という家にするのがまずはゴール。


そして、その先のゴールは私たち次第。こういった小さなエピソードを伺うと、がんばらなくっちゃなぁ~と気持ちが引き締まります。


さて、来週は最終準備。いよいよカウントダウンです。

【2007/09/15 19:41】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チームプレイ

今、社内のエージェントと一緒に仕事を受け持っているのですが、今までとは違う、何か特別なものを感じています。


以前からずっとしてみたかったのですが、自分の事ばかりで忙しく、こういうのってよくないなぁと思いつつも、今まで来てしまいました。


今回、アシスタントが産休に入っているのもあり、それこそ猫の手も借りたいと思っていたところに流星のように現れた新米エージェント、それがMayです。


一番最初にすれ違ったとき、自分の共通の友人の名前を言ってくれたのをきっかけに、何だか親近感を勝手に抱いていました。


「何か手伝える事があったら気軽に言ってね。」


と当時は社交辞令とも思える挨拶をしていましたが、彼女がいつもオフィスで仕事をしている姿を見ると、その後姿から「必死!」という文字が浮かんでくるほど、何か真剣に打ち込んでいる姿勢が目を引きました。


こういう何か「オーラ」のあるエージェントは久しぶりです。そして何度か社内で会っているうちに、「この子、結構根性ありそうだなぁ~。」という感じで近づいていったのがきっかけです(笑)。(こうして書くと改めて自分、こわっ!)


でも、実際一緒に仕事をしてみて大当たり。あくまで私のスタイルだから参考程度に・・・とは言っているものの、常に何かを盗み取ろうとする態度が逆に私にとっても刺激的で、抜け目のないようにしなくちゃなぁと思わせます。


教えるときも、1-10あれば大体7くらいまで説明しただけで10の答えが返ってくる・・・。


というわけで、新人と仕事をしているというよりも、ほぼ堂々と一緒に仕事をしている感じで私も張り合いが出ます。私も色々な意味で刺激をもらっています。最新ツールを駆使し、何でもコンピュータで処理、だから仕事が速い。それから、私が苦手とするi-phoneみたいな、コンピュータ機能も付いた電話で、もうそれはカメラから、メモ書きから、スケジュール管理までこなす、すごいツワモノでした。


今日なんかも私がオーダーする内容を一生懸命、小さな画面にペンでつづっているので、覗いてみると、なんと書いた字が活字に変換されている・・・。え?これっていつからなんですか!?と浦島太郎。


相手が必死にがんばっている姿を見ると、必然と私も元気がもらえ、精神的にも非常に楽な自分に気が付きました。とにかく二人でやっているから、仕事が倍速いのを感じます。


彼女は常に私にこういいます。


「本当に本当にこんなチャンスをくれてありがとう。」


でも、本当のゴールは彼女自身のお客さんを見つけること。そしたら、もっともっとそのお客さんを守りたいがゆえに、色々な事を学んで次の糧にできる・・・。


そんな日が1日でも早く来るよう、心から応援してます。


あぁ・・・・私にも彼女みたいなときがあったなぁと遠い目。早くブルペン(新米が居るパーテーション仕切りのオフィス)から、個室にいきたい!と思っていた頃。行きたい!というか、私の場合は戻りたい!だったのですが。もともとトップエージェントのアシスタントをしていたので、オフィス待遇はアシスタント時代のほうが良かったものです。


新米となってブルペンに移されたときは、ある意味、本当にトップエージェントと平エージェントの扱いに格差を感じました。アシスタントながらも、少なからずエージェントの恩恵を受けていたんですね。


ゼロからのスタートなんだなぁと。今まで生ぬるいところに居た事を思い知ったものです。


それから今まで、というか今でも当時と変わらず、バタバタと必死になってやっていますが、いつになったらトップエージェント並みの余裕みたいな、オーラみたいなのが出てくるんでしょうか!?


こんな私でも慕ってくれるMayにこちらこそ、感謝です。

【2007/09/14 18:27】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本の雑貨事情

古本市で買った、日本のとある女性雑誌を見ていました。


日本に居るときから、こういったたぐいの雑誌は、ファッション誌も含め、全く買う習慣がなく、美容院とか病院とか、そういったところでしか手に取りませんでしたが、アメリカに来ると活字が恋しくなり、あまり興味のないものでも、安ければ買ってしまいます。しかも何度も、隅々までかなり真剣に読んでしまいます。


日本の主婦さんたちはこんな、いい生活をしているのかぁ~と羨ましくなったり・・・。あんなにきれいな恰好をして、デパートへお買い物や、ママ友ランチ?や「おもてなし教室」とか、カリスマミセスとスーパーミセス(違いがよくわからない)、いいミラノマダム、だめなミラノマダム特集(ていうかなぜミラノなんだ?)・・・などなど、私の知らない世界ばかり。


雑貨に目を向けると、WholefoodsやTJなどで売っている、布製お買い物エコバックが日本では何と!3000円!えっと・・こっちでは確か5-6ドルじゃなかったっけ??とか、そういうすごい発見もあります。


そして・・・「私のお気に入りハワイ雑貨」コーナーでのこと。


東京都在住 ○△純子さん 40歳 「Tideの洗濯剤」


いえ・・・それはハワイではなくて、普通にアメリカ全土ブランドですと、思わず雑誌にツッコミ。この辺は夫と見ていて笑っていました。次、横浜市在住の正子さん(仮名)!


「DownyとDreft」


あ、Dreftは息子にも使っている幼児用洗濯剤だ・・・と思いきや、よく読むと


「Dreftはキッズ向けの入浴剤。甘い香りとアワアワお風呂で子供たちも大喜びです。」


へ?ちょ、ちょっと待ってくださいよ、横浜の正子さん(仮名)。Dreftは「洗濯用洗剤」です。思わず「自分たちが使い方を間違えているのかも!?」と夫が現物を持ってきましたが、どう見たって洗濯洗剤ですよ、入浴剤では決してありません。びっくりだなぁ~もう。


夫曰く、LAなんかだと、日本の売れない洋服のブランド会社の服を、突然、そこらのフラフラしているアメリカ人に声をかけ、「この服を着てくれたらお金を上げる」と着させて、写真を撮る、そして後日、雑誌には「今、LAで一番ホットな服!」として仕掛けると、バンバン注文が入るらしい、と関係者から聞いたことがあるらしいです。


ある意味、すごいマーケティングですよね。


それから、日本にはPrice Clubが既に神戸に進出していて、アメリカのスーパーで売っているものがほとんど買えるそうです。


もう、アメリカから何をお土産に買っていったらいいのか、余計に悩んでしまうほど、日本の雑貨事情はすざましい発展を成し遂げていました。


しかし・・・日本の雑誌のボリュームや内容ってすごい!の一言。細かいところまでよく研究しているし、これだけのボリュームの取材や、コンテンツ集めが1カ月分に詰まっているのには、驚きます。


アメリカの雑誌はどれもペラペラのばかりで、1面広告が多分70%以上のような・・・。


将来、こういう雑貨を売る商売を始めてもいいかなぁと思ったり。自分の気に入ったものが人様にも気に入ってもらえて、大事に使ってもらえる・・・今の仕事と少し重なっているところがあって、おもしろそうと思いました。


それに何と言っても、私も買い物好きだし・・・!


あ~日本のお取り寄せ商品って海外には発送しないんでしょうか??


今日のお薦め:厳選フルーツアイス(この技術、ありえないです・・・)


 


 

【2007/09/13 18:29】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
終わった!と思ったら・・・

結局、いつもの時間に寝ついたのが2時。起床は5時。今日、1日会えなくなる息子の顔を一目でも見ていこうと、何も6時に出る事はない、と勝手に心を変えて、6時半まで息子と夫が寝る部屋の前をうろうろ。


待ちきれずにドアを開けて様子を見るも、夫からNG、手で「開けるな!閉めろ!」と言われたので仕方なく家を後にしました。


何のことはありません。渋滞は全くなしで、目的地まで40分弱。しかも2番手乗りでネットワーキングをするほどのエージェントがいませんでした。


ボーっとしているのももったいないので、体力温存のためにも車で一休み。3時間の睡眠は絶対にまずい、睡魔に襲われると思っていましたが、この温存が功を奏したのか、授業中はぱっちり、ずっと冴えていました。というか、講師のお話がおもしろかったのだと思います。


今日、きてよかったな~と、元が取れた!と思った瞬間は、


「ゴールはたくさん設定すること。そうしないと、達成感で満足してしまって後は怠慢だけが残る。」


ぐっさっと心に響きました。よくやってます・・・。


「相手が中々思うように動かないと思ったら、やり方を変えること。自分から、です。相手に変わってもらおうとしないで、自分が変わってみること。これが大事です。」


ぐさっ、ぐさっ。なるほど。これって仕事だけではなく、人生そのものにおいても必要なことです。


 そして、Urgentの優先順位を考えることについては、やはり「家族が一番」と言い切るところが、アメリカらしいなぁと思いました。


こういった環境で働けるから、子供がいても何一つ問題なく、女性が活躍できる場があるというのは本当にすばらしい事だと思いました。


講師の方が


「今日は不動産の話はしないよ。」


と最初におっしゃっていましたが、こういう講習会はいつでも受けてみたいです。


ところで、家に戻り、早速、念願のタイトル申請・・・・と思い、書類を良く見ると何と!まだ1クラス足りない事に気が付きました。


去年、あれほど悩んで泊りがけで行こうとしていたのは、実は2クラス取らなくてはならず、どう考えても日帰りを出来る距離ではなかったので(いずれもスポケーンかベリンハム)諦めた事を今になって思い出しましたとさ。


今日は中途半端にも1クレジットのクラスだったので、後はオンラインで取ることに・・・。


まだまだ道は険しいです。

【2007/09/12 14:27】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
講習会

去年、妊娠10ヶ月目、臨月で受けた試験でよしっ、これでっ!と思っていたら、あともうひとつ、単位を取らないといけないことに気が付いたときには、既に予定日3週間を切っていました。


しかも、会場がSpokaneやVancouverなど、泊まりでいかないと無理なところ。(どうしてこういう講習会はいつも困ったところでやるのでしょう・・・。)子供が産まれたら、しばらく無理だし・・とかなり真剣に考え、夫も当時は付いてきてくれるとのことでしたが、そうすると犬も一緒に来る事になり、かなり大げさになるので諦めたのが去年の11月でした。


それから10ヶ月・・・。やっと決着が付きます。本当は去年の目標だったので伸び伸びです。


今回はTacomaで、全然近いほうですが、8時半からスタートなので余裕を見て6時に出発。


息子の1日分の食事やミルクを用意したり、自分の支度といえば、授業中、眠くならないよう、持参する食べ物の選別をし、しっかりかばんへ忍び込ませました。毎回、同僚の用意周到さには圧倒されるので、私も気合を入れてみました。


1.うまい棒 2本


2.キャラメル 1袋(これは隣の席同士の人とシェアする用)


3.おせんべい 4枚


4.すっきりのど飴 1袋


どんだけ~?(今流行らしいですが、イマイチ使い方がわかりません。)


ていうか、これプラス、お昼は向こうで出るんですけどね・・・。


こんなに全部食べたら余計に眠くなるような・・・・。


取れたらやっと新しい名刺が使えます。自分で絶対に合格してみせる!と既にそのタイトルを入れた名刺をなんと!去年から刷って作っていた、大ばか者です。


でも・・・これが取れたら、まだまだ課題のタイトル取得は山積み。今年中にもうひとつ、取れたらいいなぁ。


気合入れてがんばります。

【2007/09/11 16:23】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ミッキーマウスに学ぶ経済学

今、ふとトラベルチャンネルを見ていて、思ったこと。


画像はディズニークルーズを映しているのですが、いやぁ、ミッキー、暑そうだなぁ~と。クルーズのデッキの上で両手振って踊ってますが、かなり暑いでしょう?ホント、大変な仕事です。


ところで、ミッキーマウスは世界に何人(何匹?)いるんでしょうね。


子供の永遠のアイドルですから、1人でいて欲しいものと思いましたが、この瞬間にもLA、フロリダ、クルーズ、東京で大活躍でしょう。


心配なのは、学校で友達と話したときに


「僕、先週の日曜日、フロリダでミッキーに会ったんだ。」


「あ、それはうそものだね。だって、僕だって同じ日曜日、LAでずっとミッキーと一緒だったもん。」


「そんなことないよ、僕は一緒に写真も撮ったんだ!」


「だから・・それは偽者ミッキーだってば。本物はLAにしかいないんだよ。」


なんて会話があってもおかしくないでしょうね。


日本だったら1匹しかいないはずなのでこのような問題は回避できますが、さすがアメリカはまずいでしょう。ましてや、クルーズで一緒に寝泊りしてしまった暁には、どう言い訳しても苦しい。


というわけで、子供たちの夢を壊さないためにも、ミッキーは一本化(一匹化)したほうがいいのではないか、と、画面いっぱいに広がる子供たちの笑顔を見て、少し複雑な気持ちになりました。


でもね、ビジネスだから仕方ないんですよね。大人になるって寂しいですね~。

【2007/09/07 15:25】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
朝食のパンが命つなぎ・・

嫌な予感がしました。


今日はベビーシッターさんに息子をお願いしていたのですが、今日のスケジュールはかなりタイトだったので、予め少し早めに来てもらおうとお電話しましたが、携帯がつながらず。


ま、10時に出ても十分間に合うからと思っても、肝心な10時を過ぎても来ません。この5-10分の差が後に命取り。


子供の前で呑気を装い、離乳食を食べさせていましたが、最近少し体調が悪く機嫌が悪いのと、あまり食べたくなかったメニューとも重なり、最後は口をへの字に閉めて、完全拒否。


そこまで首を振らなくても・・・というくらい、かたくなに食事を拒否します。眠いのも重なって、もう機嫌は底値を尽きます。


と、そこにやっとベビーシッターさんが訪れ、急いで出かける支度をします。


今日は朝から機嫌が悪い子供とべったりで自分の朝食もろくに取れておらず、今日のスケジュールを考えると、絶対に今取っておかないとまずい、というのがわかっていながらも、パンをひとかじりするのが精一杯。


それからが・・・・飢餓の始まり。


まず家を出て、売り出す予定の物件へ立ち寄り、工事状況をチェック。そこを出たのが10:30。


11:00-12:00 BellevueにてMeeting


(途中ドライブスルーを試みるが長蛇の列で諦める。)


12:30-1:30 Bothellにて他の現場チェック、ならびに業者との打ち合わせ


(よし、早々に切り上げ、オフィスへ向かう道中にランチを祈願するが、叶わず。)


2:00-3:00 オフィスでコラボの打ち合わせ


(よし!終わったらランチだ!)


3:30-4:00 オフィスにデザイナーが訪れ、打ち合わせがてら、なんとうれしい、サーモンといくら!の差し入れ!(もう本当にその場で食べたかった!)なんと週末に22パウンドの鮭を釣ったそうです。おすそ分けとは思えないほどの量でした・・・。本当にありがとうございました!


ちょっと時間が空いた!と急いで食堂へ行くも、途中電話が入り、断念。


4:00-4:30 エスクローでお客様とサイン立会い


4:30-5:00 帰宅・・・・・・・


5:00- 先に息子の食事・・・途中、食べ遊びする息子を前に、「そんなに食べないなら、お母さんが食べちゃうぞ!」と本心は願ったり叶ったりと、母が3口ほどくすねる。


今でも思い出しただけでお腹が空きます。


これでもしっかり、お腹には肉がしがみついているから不思議。ていうか、こういう生活が一番体に悪いとわかりつつも、結構、これがRealtorの1日だったり(悲)。


いつもいつも私たちはお腹が空いています。どうやったら早く簡単に栄養補給ができるか、どなたか教えてください~!

【2007/09/06 15:36】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
どこに転がっているか、見つけるかは自分次第

先日、ひょっとしたタイミングで同僚とコラボレーションしてみないか、という話が急展開し、結構具体的になってきました。


今日は私のお客様でもあり、日本でも不動産会社を経営されている方が、たまたま夏休みでシアトルにいらっしゃっていたこともあり、その方の協力を得られないかどうか打診したところ、これもまた快く引き受けてくださることになり、今日はランチも兼ねて本格的にミーティングをしました。


新築物件を売るなんて、私が昔勤めていた不動産会社以来?のお仕事なので、とっても懐かしく新鮮で、まだ何もしていないのに、携わっているだけでワクワクしてしまいます。


ターゲットをどう取得するか、まだまだ課題が山積ですが、こちらの市場とも見極め、何とか1件でも売れればいいなぁと思っています。


同僚の”模索”Eメールから始まって、1週間も経たないうちにこうして、協力していただける方が集まってきてくださる・・・。


人と人のパワーってすごいですね。そして、常に発信している人には、マグネットのように色々なものが吸い付いてくる、とういことを同僚を通じて学びました。


私の仲良くさせていただいている同業者の先輩がこの話を聞いて、


「チームでやれば、辛い事も半分、うれしさは倍になるよ。」


と教えてくださり、本当にそのとおりだなぁと思いました。辛い事半分だけでもうれしいのに、うれしさも倍増になるなんて、お釣りが来るみたいです。こういった一言でもがんばれてしまいます。


今後は、日本市場をどう展開していくか。もっぱらの懸案は、販売オフィスから、日本市場用の広告費用をいかに引き出すかですが・・・。大きな物件がゆえに、それぞれリスクも大きくなります。


金曜日に彼はヨーロッパへ飛び立ち、現地オフィスと私たちの案件を持っていってくれ、検討してくれることになりました。うまくスタート地点に立てるよう、具体的な提案をしていかなくてはなりません。


まだまだ正式とは言えませんが、チャンスはどこに転がっているか、またどう見つけるかは、本当に自分次第だなぁと改めて思いました。


日本にいたときの杵柄が使えるかどうか、今から古い経験をフルに思い出しながら、アイデアを練っています。

【2007/09/05 15:49】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Teamの中心にお客様

今月、いくつか売却する案件があるのですが、いずれも「さて、どこから手をつければいいですか?」というご質問を頂いた物件。


こんなご時世だから、もっとバリューを簡単にあげる方法が知りたい・・・。どうしても今年中に売りたい・・・。


そうやってご相談を受けたお客様と一歩一歩、ゴールに近づく日々が始まります。色々な小さなドラマがあり、お客様の葛藤があり・・・。もうお手上げ状態だったところから、「一緒に頑張りましょう!」と次々に仕上げていく過程を見て、絶対に売らなくては!と強く思えてきます。


お客様自ら、


「毎週、進捗をチェックしに来て!」


とお願いされ、私は邪魔にならない程度にちょこっと近くに寄れば激励をし、何か変化があれば感激(本当に感動するんです。)し、業者がやった仕事の確認やチェックなど、現場監督のように動いています。


先ほどもEメールで、本当は週末、キャンプに行く!と呑気な?ことをおっしゃっていたのですが、「来週から業者が入るよ~!」と言ったら、なんとキャンプをキャンセル、それだけでなく、庭仕事に1日没頭したり(というか、庭は私が庭師を手配したのに、更に手を加えてくれたらしい・・!)ゴミを出したり、家族で部屋をきれいにしたり・・・・と明日までにほとんど終わらせてくれるとのことでした。ちょっとこの報告には感激。


クルーの業者さんにも、「そういえばあの家、売れたんですよ。」と報告すると、わが身のように喜んでくれたり・・・。


毎回、「Mission Impossible」みたいなドラマが繰り広げられています。


私一人じゃできないんだなぁと、改めて痛感。そしてその中心にはいつもお客様がいます。


本当にクルーの方々、お客様には感謝、感謝です。今回も言い訳は出来ません。早期完売をめざしてがんばります。


ふぅ~、緊張するなぁ~。

【2007/09/02 23:02】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記