home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

サプライズ?

今日は自分の誕生日・・・。夫以外に既に色々な方からメッセージやプレゼントを頂いたりと心遣いにうれしい限りでしたが、肝心の夫は全く無関心の様子。


朝も何も言わずに出て行きましたし、先日の最後の休みに何かサプライズが!なんて思っていましたが、何もなく家でさんまを焼いて食べました。昨日は早く帰ってきたので、もしや!Dinnerは外食!?と期待しつつも、普通に家でチンジャオロースを食べました・・・。そして今日、普通にお肉を焼いて昨日の残り物のお汁と一緒に平らげました。


今日の私は、皆さんの期待とは裏腹に(頂いたメールには「お二人最後の誕生日を楽しんでください!」とか「今日は楽しんでください!」などなどありました。)そんなことも忘れるくらい、朝から仕事に没頭し、物件視察やらこの世に及んでオファーを書いたりと、このオファーが通れば誕生日プレゼントだな♪と普通に働き帰宅が午後8時。


毎年、あまり印象に残った誕生日を祝ってもらったことがありません。


そうして何事もなく、私の誕生日は終わるのか・・と思い寝室へ行くと・・・。


なにやら不自然な盛り上がり・・・。気がついたのもたった今、夜の11:45分。誕生日期限、ギリギリ15分前の出来事です。


IMG_0001.jpg


なに~!と狂喜にも似た叫び声をあげて布団をめくって見ると・・・


IMG_0002.jpg


中から冷蔵庫が出てきました(爆)。


以前から(というか夏から)2階に冷蔵庫があれば、ちょっとしたドリンクなどとても便利なのと、先日の休みもたまたま電気屋へ行ったとき、ミルクを保存したり、何かとあったらいいかもね、と話していたところでした。


というわけで、特に私が欲しかったというわけでなく、結構家族全員が必要なものだったのですが、サイズも特大、サプライズとなりうれしかったです。


でも早く気がついてよかったです。こんな重いもの、夫が熟睡してからでは動かせません。


ちなみに夫からの今年の誕生日プレゼントと称された贈り物は、この他に


1. 毎朝TVショッピングで宣伝していた、かばんの中を整理するDivider。いつもかばんの中で探し物をする私にぴったりだ!と騒いでいたら、なんと知らないうちにオーダーしてくれていた。>>>Dividerが大きすぎて&かばんが小さすぎて返ってごちゃごちゃになってしまった・・・。1週間で使用を断念。これに見合う大きなバッグを買わないと♪と思っていた。(遠めにリクエストしていた。)


2. 散歩のときに履く長靴。20ドル前後。会計のときに「それじゃ、これは誕生日プレゼントね。」と不意打ち。え~っ!それじゃ、もっと可愛い靴(高い靴)にすればよかった~!と後悔。


そして今回の冷蔵庫。


これで夫曰く、3年分の誕生日プレゼントをした、とのことです・・・。


多分、一生私にはロマンチックな誕生日はないんだろなぁと確信した今日でした(涙)。

スポンサーサイト
【2006/11/30 23:42】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
参りました。

気温が下がらないため、道路の凍結が消える様子は一向になく、今日も家で篭ることに。


さすがに2日目ともなると、外で未だテンションの高い子供たちとは裏腹に、会社にも行かないとな~とか、こういうときに限ってあれが食べたい、などと思ってしまう始末・・。


家でもやることが山ほどあるのですが、メリハリがつかないというか、ついついダラダラしてしまいます。


今日は昨日、話していた、空港で一夜明かした友人を呼びました。歩いて5分のところに住んでいるのですが、休暇明けでこんな天気じゃ買い物もしていないだろうし、ちょっと相談したいこともあったので夕飯を食べてもらうことに。


話を聞くと、月曜日は空港で一晩明かしたのはよかったもの、その後が大変。相変わらずタクシーも捕まらず、何とかレントンダウンタウンまでバスで到着。その後、うちの方まで行くバスに乗るまで、朝の6時、どこの店もやっておらず、しかも暖かい場所からの帰省で軽いジャンバーのみの軽装で30分以上待ったそうです・・・。外は当時、マイナスですよ。本気で凍死するかと思ったほどとのこと。


普段は空港から15分のところですが、結局6時間以上かけて帰路についたとのことで、ご苦労様でした。


その友人を迎えに、初めてチェーン付きの車でお迎えに上がりましたが、やはり一面氷の上は怖いもの・・・。主人曰く、この周りだけだよ、と言っていましたが、また明日から気候が悪化するとのことで、多分明日も自宅待機でしょうか・・・。


アシスタントにも予め、休むのを前提に、家から仕事をしてください、とお願いしておきました。


ところで、私はとあるミッションがありまして連日、夜更かしをしています。


それは日本で新しく買った、ハードディスク内臓のビデオカメラのデータをDVDに焼くことです。


子供が産まれる前に今まで撮った画像を整理しなくては!とやっと重たい腰を上げて、約半年分の映像を編集する始末・・。


これがまた、思ったより面倒。試行錯誤するも画質は落ちるわ、画質を上げようとすると、今度はマシンがスタック、挙句の果て、DVDメディアを間違えて買ってしまって、それに気がつくまで時間がかかるわで大変でした。


つまり、私のカメラでは、


生データをマシンに取り込む>>カット毎の映像をつなげる編集>>1つの画像を作成>>編集した画像をDVDへ落とす


という作業をしなくてはいけなかったのです。やっと出来上がった映像をテレビで映すと、明らかに画質が荒れています。


何とか簡単に、そしてきれいな仕上がりが出来ないものかと色々試しましたが、うまくいかなかったり。大変なものを買ってしまいました。


そして、今日来た友人はコンピュータの専門なので相談してみると、色々なことが発覚・・。


まず、画質が落ちるのはうちのテレビがHD対応のため、それに対応していないビデオが追いつかずに起こる、画面の劣化。要は、テレビが新しい規格になり、買ったビデオはそれに追いついていないとのこと。今年の春先に買いましたが、そのときは一番古い売れ残りの機種を安価で買ったので、充分ありえます。


しかし、寝室の古いテレビで観るときれいに映る、という摩訶不思議な現象を再確認。


なるほどなぁ~やはり、お知恵を拝借するだけで色々とわかるものです。


そのそばで夫は


「何のことを話しているのか、全くわからないね~。」


と上の空・・・。こういうのって男の人がやるはずですが、うちではもっぱら機械系は私の仕事です。


というわけで、後半分以上残っているこの編集・・・。きれいが売りのHDDビデオですが、きれいに映るのはビデオカメラ内だけということがわかって、何だかやる気が起きません。


でも、デジタルで保存が出来る、というのだけはいいとしましょうか。うーん、でも息子が観ることにはもっと発達してしまって、若しかしたらこれも見れなくなってしまうのかも!?


さて、今日は2ヶ月前に行ったNYの編集です・・・。

【2006/11/29 22:35】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
静かな1日

雪の降った後の静寂な時間が結構好きなのですが、今朝は早くからまたバドル。


休み明けは6時出勤という驚異的なスケジュールの夫。いつもはベッドの中から意識がないまま夫を見送りますが、今日ばかりは朝の5時半すぎから嘘寝をし、様子を伺っていると・・・。


なんと、普通に身支度をし、出勤しようとしている夫・・(唖然)。


6時になり、慌てて出勤を阻止する私。


家中のテレビをつけて、ノロノロでも車が走っている画像を見ては、「やっぱり大丈夫じゃん?」なんて行く気満々。最後には


「本当に行くのなら、毛布とかガソリンも満タンにして、それから食料とか積んでから行ってよね!この先、誰も助けになんかいけないし、あなたがフリーウェイで野宿しているあいだ、一生に一回の息子の出産にも立ち会えないかもしれないだから!それでも行きたいのなら、行ったらいいさぁ~っ!」


夫:「・・・・。」


多分、お産に立ち会えない、というのが一番効いたのでしょうか。やっと思いとどまってもらい、様子を見て出勤してくれることになりました。


本当に・・・冗談ではなく、昨日の雪から一転、外は気温がマイナスまで下がったこともあり、アイス状態。今までの史上でも記録的とテレビで騒いでいました。


この際、SUVとかAWDなどは関係ありません。OLのころ、雪国に長期赴任していたこともあり、雪道の怖さは充分わかっているがゆえに、こういう日は舐めてはいけないのです。


というわけで、出勤阻止に成功し、ご褒美に朝から雑煮を振舞ってあげました。


が、しかし、もう一人、黙っていたら出勤しそうな真面目な人の存在を思い出します。


私のアシスタントです・・・・(汗)。


まだ朝の7時過ぎでしたが、携帯に電話。大体、昨日私たちがやっとの思いで帰ってきたときに、留守電で「今からクリスマスカードを印刷しま~す。」なんて言っていたので、あれほど2時過ぎから早く帰りなさい!と言っていたのに!と、折り返しするも、昨日は携帯も不通なエリアが多く、それっきりになっていました。


帰れたのかどうかもわからぬまま、とりあえず今日は会社に来ちゃだめです!とメッセージを残しました。何となく嫌な予感もしたので普段は電話をしない、個人の番号にも掛けましたが、いきなり音信不通・・・。


野宿したのでは??と今更ながらに心配していたら、折り返し電話があり、やはり昨日は5時半過ぎにオフィスを出てからEverettの自宅に着いたのが夜中の1時半すぎ。7時間のドライブだったそうです・・・。無事に帰れただけでもよかったのでしょうか。ホント、びっくりしました。


結局、一向に道路状態が良くならない夫はお休み。昼前に様子見で車を走らせましたが、さすがの彼でも怖かったのか、「やっぱりチェーンを買ってくる。」と出て行きました。


午後になっても気温は0度近く。私も遅ればせながらチェーンを探しに。車のパーツ屋さんは既に売り切れとのことで、近所のタイヤ屋さんへ。いきなりスノータイヤに履き替えるお客様で大繁盛。長蛇の列です。


結局、2軒目の店で自分の車に合ったサイズを見つけました。幸か不幸か、私のタイヤサイズはスポーツパッケージとは名ばかりの代物であり、雪道は走行しないでください、とまでマニュアルに書いてあるほど。特殊サイズがゆえに在庫があってよかったと一安心ですが、何でこんな車に乗ってるんだろう、と今日こそは反省しました。


シアトルではこうして年に1-2回、AWDだったらよかった、とか、スノータイヤがあれば、なんて思うのですが本当に数回だけなのであまりその重要性を考えたことがありませんが、今回の雪は別格。並んでもタイヤを替える価値はあると思いました。


いずれにしても余計な運転はしばらく避けることにしましたが、あと1週間を切った予定日を考えると、何かと万全にしておくしかありません。


私の友人は運悪く、サンクスギビングの休暇帰りがちょうど昨日だったらしく、空港で一夜を明かしたらしいです。お気の毒に・・・。


まだまだ厳しい状況は続くそうです。こんな日は常夏のバケーションへ行きたくなります。くれぐれも皆さん、雪道は本当に気をつけてくださいね。


117968_11_b.jpg

【2006/11/28 18:22】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
いきなり冬になりました。



IMGP0651.jpg


サンクスギビングでは各地を困らせていた雪でしたが、山の上の話かと呑気に構えていたら、とうとう陸地もやられてしまいました・・・。1年ぶりのドカ雪です。


今日は休暇を頂き、朝から病院やらオフィスへ立ち寄ってちょっと仕事をし、午後から買い物に出かけて帰ってきたのが夕方の6時過ぎ・・・。大渋滞の中を走ってくると、家のコミュニティはあっという間に銀世界でした。




IMGP0652.jpg


そんな中もこれまた呑気にクリスマスツリーなどを選別していたものですから、慌てて車から積み下ろし、リビングへ設置。初めての生ツリーで、おまけに雪も降ってしまって、夫の気持ちとは裏腹に、飾りつけ担当の私はワクワク。


「雪が降る中で飾りつけなんて、本当のホワイトクリスマスみたい♪」と約1時間掛けてデコレーションしましたが、結構色々と持っていたつもりが、思ったよりボリュームのある木だったので、何だか出来上がりは少し寂しいかなと・・・。でも、これは年々色々と買い足していくものらしいので、最初の年はこのくらいでいいでしょうか。一人で点灯式をして、一気にクリスマスモードです。早く外の飾りつけもしたいです。




IMGP0660.jpg


裕花と文太も今年初めての雪でおおはしゃぎ。日頃は雨が降っていると外に出すのが一苦労ですが、今日は自分たちから外に出して欲しいとおねだり。思う存分遊ばせてあげました。新雪のマッサラな雪を全て踏み潰すかのように、庭一面を駆け巡っていました。走るのが速すぎてシャッターチャンスを逃しっぱなしなので、ビデオ撮影に切り替えたほどです。


IMGP0649.jpg


犬って本当に雪が好きなんですね。


ところで、今週とある物件の引渡しがあるのですが、思いがけない雪に見舞われ、お客様の引越しが心配です。それに明日予定していた、最終書類のサインも出来るか、わからない状態・・。こんなことになろうとは予想していなかったので困っています。


雪が降れば学校や会社がお休みになりますが、こればかりはちょっとヤキモキですね。何とか交通手段は整って欲しいものです。


皆さんも明日は充分、気をつけてください。窓の外を見て、まだ降り続いている雪を見ると、何となく明日も休暇モードになってワクワクしています(笑)。

【2006/11/27 22:46】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
20年前は・・・

実家から荷物が届いたのですが、その中になぜか、昔、両親が友人らと作ったテニスサークルのビデオが一緒に入ってきました。


「懐かしいので一緒に送ります。」


とのこと・・・。懐かしいも何もざっと20年以上前の映像です。この頃は毎週テニスに明け暮れていて(両親が)やれ、大会やら、合宿やらでその家族の子供たちと、大勢で色々なところに行ったものです。


その中でも私が一番年齢が上だったので、あの頃はまだ小さかった子たちの面倒見役として映っていました。


「ななちゃん~?もうごちそうさましたの?」


「しんちゃん?あれ?まだ食べ終わっていないのにお席立ってもいいのかな~?」


「ごちそうさましていない子は後でお出かけが出来ないよ~!」


え!?誰?これ?と凝視していると、なんと中学生の私が言っている言葉です。


そういえば、この頃は子供が大好きで幼稚園の先生になりたいと一途に思っていた年ごろ・・・。そのまま育っていれば、親の望むようないい子になっていたはずなのに・・・と画面越しの自分に思わず、同情してしまいました。


夫もそれを見て、この頃は普通の子だったんだなぁ~と遠い目・・・。


いやぁ、過去とはいえ、自分にもこんな一面があったんだと我ながら新しい発見。


でも今の自分から見れば、何も知らないお嬢様という感じで、いい子ぶっている感じにしか映りませんでした(笑)。


ちなみにこの頃手間を焼いていた子供たちも、今では結婚したり、「今度、まりねえちゃんが帰ってきたら、僕のClubに連れて行ってあげるよ。」とか、食事をしても会計では取り合いになるくらい「今日は僕が払います!」とか言っちゃってる立派な大人に大変身していて、心の中ではいつまでもこの頃の印象があるおばさんにとって、戸惑ってしまう瞬間です。画面では10歳だった弟も結婚してますし。


母も父も若い!正直、母なんか今の私より10くらい歳を取っているはずが、見た目は私より若いのでは!?と思ってしまうほどでちょっと焦りました。


これから自分の息子とこんな時間を過ごしながら生きていくのかなぁ~と考えさせられるいいビデオとなりました。


というか、予想通り、半分以上がカラオケと飲み会の画像でしたが!


ちなみにこの頃(1985年)には夫は既に社会人として働いていたそうです。


この頃に会っていたら、「絶対に」間違えても付き合うこともなかっただろうし、接点もなかったでしょう。人生とは不思議なものです・・。


 

【2006/11/25 23:16】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱり家族が大事

昨日はアメリカで最大の休暇でもある、感謝祭の日。


日本でいうお正月みたいなもので、ただ大食いをする日にしか思えないのですが、やはり近所の方にお呼ばれして食べまくってしまいました。おいしかった!


家族が近くに居ない分、こうして友人らと何かあるとすぐに集まれるというのはとても暖かいことだと最近、特に思うようになりました。


何年か前までは、友人や上司の家族の中に呼んでもらったりしていましたが、やはり逆に本当の家族が恋しくなってしまっていたものです。


感謝祭の前夜は夫とThanks Giving前のお買い得商品をあさりにTargetへ。二人とも夜のShoppingが結構好きなので、こうしてたまに遅くに買い物へ行ったりします。空いているし、ゆっくりお買い物が出来る、とういのが利点でしたが、その日ばかりは夜9時過ぎに行ったにも関わらず、駐車場が満杯。


店内へ入ると真っ先に”私の買い物が中心”と悟った夫が、またまた消える・・・。


またいつもの行動か!と内心思いましたが、もう慣れっこなのでゆっくり私の洋服を買い物。


それから、お目当てのクリスマスの飾りコーナーへ行くと、さすがに高いところにある箱や、重いトナカイなどはカートがないと運べません。


ちょうどそこに自分の買い物も済ませた夫から携帯で電話が。もう、広い店内ではトランシーバー代わりになってしまいます。


「クリスマスコーナーのところにいるから、買いたいものがあるから早く来て。」


というと、何やら自分も洋服を手にしている様子。見ると、家に何着もあるような寝巻きのズボン・・。家に着ていないのがたくさんあるでしょ~?というと、一気に不機嫌になります。


それから、カートを見ると、うちの犬2匹が余裕で入るような特大コンテナ(汗)。


「こ、これは何に使うの(汗)?」


と聞くと、キッチンのパントリーが汚いから、この中にガラクタを入れて整理したいとのこと。


主人は整理整頓が好きなのですが、女性から見て、イマイチ、機能的ではないというか、大きな箱に何でも入れちゃえ!というのが多く、結局探すのに苦労したり、下の箱をイチイチ取らないといけなかったりと、やってもらっていた手前、今まで文句は言わなかったのですが、ここぞとばかりに告白してしまいました。


それでも絶対に必要!と引かない夫。こんな大きなコンテナ、妊娠していなくても持てない!と言い張る私。(とういか、こんな大きなサイズは見たことがありませんでした。)第一、置くところをがないし、使っていない空のコンテナがガレージに少なくとも5個以上あるのだから、全くの無駄です!まずはそれを満たしてから!


と二人でコンテナを巡って夜のTargetで口論(汗)。


それだったら、このスペース分、上の空間も使える棚に物を置いた方がよっぽど使いやすい、ということになり、夫は渋々棚を購入しました。


それからは待ってましたかのように、今度は私が買う飾り物に文句。トナカイとスノーマン、どちらにしようか迷っていても知らん顔。手にとって見てみたいのに、箱が重くて取れなくても知らん顔。


ということで、毎回二人で買い物に行くと、最後は最悪な雰囲気になるのをわかっているのに、なぜか行くときはランランなんですよね・・・。懲りない夫婦です。


それでも感謝祭の日に夫婦ケンカをしてしまうのは何となく罰当たりな気がして、今日は夫が仕事に出た後、同じくまたTargetへ行き、彼が買いそびれた寝巻きのズボンと、仕事用のズボン、それから部屋着用のズボン・・・とこれでもか!とズボン3本を買い、謝りのカードを添えて、彼のベッドの上に置いておきました。


やっぱり今は家族といえる人はアメリカでは唯一、夫だけ。お互いにがんばっていこうという気持ちを忘れがちですが、些細なことにしても、ケンカをするより、感謝しながら仲良くしていかなくてはと反省。それから、いつも笑いをくれる裕花と文太にも感謝。


というわけで、ご馳走と家族に感謝した日になりました。


でもね~本当に、すぅ~って後ろを向くと消えているんですよ、どこへ行っても・・・。夫婦仲良くカートを引いてお買い物している人を見ると羨ましくなります。何か秘訣があるのならどなたか教えて下さい~!

【2006/11/24 23:00】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
なるほど。

今、お客様で中国人の方がいらっしゃるのですが、家の条件が下記のとおり。


1. 玄関、リビングが南北に向いている。


2. 玄関を開けてすぐに階段が目の前にある家はだめ。(財産が階段を転がって玄関から逃げていく。)


3. 袋小路(Cul-de-sac)の一番奥、道路から真っ直ぐ見える家はだめ。当然、T字路の突き当たりもだめ。(同じく運気が逃げていく。)


中国人に多い、よくある注文なのでなんてことはありませんが、調べるときには今は航空写真がとっても役に立っています。


それでも行くと違うときがあるってどういうことだろう!?(単に私が方向音痴なだけです。)


日本人はこれにプラスして、鬼門に玄関があると財産が逃げていく、玄関付近に水周りがあるのはだめ、などいいますよね。


ちなみにうちは、


袋小路(Cul-de-sac)の一番奥、道路から真っ直ぐ見える家


であり、玄関近くにすぐトイレがあります・・。それに住所に4が2つもありますから、将来中国人の方には売れないでしょう。やはり歴代のOwnerもアメリカ人ばかりです。でも、彼らもそれなりに幸せに暮らしていたみたいなのであまり心配はしていませんが・・・。


今年は年女ともあって、仕事上はあまりいい年ではなかったのですが、プライベートでは健康に、そして幸せな妊婦生活を送れたので、プラスマイナスゼロってことで・・・。


来年は両方ともいい年にしたいですね、と欲張りなことを思ったりしています。

【2006/11/22 23:52】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
普通に・・・

よく友人のことは言っていましたが、自分がそうなるとも思っておらず・・・。


本当におかげさまで何ともなく過ごしているので、オフィスで会う人に「まだ働いてる!」と驚かれたり、初めて会ったお客様に予定日を聞かれて驚かれたりしても、本人は「そうですか?」という感じです。


産まれる前に産休に入り、家でおとなしく・・・の方がよっぽど酷な話で、知人で予定日前日にディズニーランドへ行った人もいるし、産まれるまで、毎週山登りをして歩いていた人もいるわで、私の仕事なんてまだまだ可愛いものだと思います。


というわけで、今すぐにでも家を買いたいとのことで、今日も突然お電話を戴いたお客様と会うことに・・・・。この1年で実はいい物件があれば今が一番買い時です。そんなお客様のご要望にこたえられればと、急遽夕方会うことになりました。


アシスタントが横で会話を聞いていて、


「まりさん、結局普通に働いていますね。」


まだまだやることもまだまだたくさんあるし、やはり店を構えている以上はお休みは出来ません。


去年は本当にこの時期、何も仕事がなかったのに今年はとても忙しいです。とっても買いたいお客様が何組かいるのに、いい物件をご紹介できずに私が一番焦っているかも・・・。


友人が陣痛が来ても、コンピュータでBlogに実況中継でUpしていた、と聞きましたが、私はそれだったらば、物件探しをしていそうです。あわよくば、病院からオファーも書いちゃうかもしれません(笑)。

【2006/11/21 23:39】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年の冬は・・

もう季節はサンクスギビングホリデー。ハロウィーンが終わったかと思えば、今は街のあちこちでクリスマスの準備です。


今年は本物のもみの木を買って飾り付けをしなくちゃ!と張り切っていますが、何となく昼間の暖かい風に吹かれては、まだまだクリスマスという雰囲気にはなれません。


今日は文太と裕花を連れて久しぶりにRedmondのオフリーッシュへ。


連日の豪雨のせいか、お決まりの散歩道は通行止めが多く、いつも遊ぶ池の水かさも増加。途中、運動靴がすっぽり入ってしまうほどの泥道などなど、足元が見えずにちょっと怖い思いもしましたが、歩くことが今は体にいいのでしっかり、公園を一周しました。


それにお構いなく、文太は他の犬と泥水の中へ突入・・・。やっぱり男の子だなぁと思います。裕花は人間と同じように、慎重に慎重に私の後をくっついてきて、これまた可愛かったです。


久しぶりに連れて行ったオフリーッシュで文太も裕花もはしゃぎまくっていました。


普段、この季節だと口から白い息が出るくらいの寒さですが、今年は頬をなでるような暖かい風。それでも、スキー場は相次いでこのお休みにオープンする予定ですし、結構マイルドな冬になるかも!と期待しています。


我が家では昨日から加湿器が登場。寝るときに暖房を切っていても、朝は咽がカラカラになってしまうほど・・・。ちょっと音がうるさいのが気になりますが、寝起きの爽快さには変えられません。


寒くなる前にクリスマスの飾り付けを終わらせようと思いました。

【2006/11/20 22:51】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱり・・・

おとなしくする性分ではありません。


昨日、あれほどおとなしく・・なんて言っていたにも関わらず、パーティ中にお電話をいただいたお客様と今日の午後に家の見学のお約束。


どちらにしてもこのスローシーズンになってからは、めっきりShowingは減っており、久々のお仕事で張り切ってしまいました。


やはり常にマーケットを感じ取るというのは私にとって、大袈裟かもしれませんが生きがいでもあります。


冷え込んでいるとはいえ、売りたくて仕方ないSellerを見ると何だかワクワクしてきちゃいますし、だからといって、買い急ぐBuyerさんを見ていると、今度は冷静に、その物件ごとの利点と欠点をずばり指摘、同意していただけるととてもうれしい気持ちにもなります。


子育てに追われたら、仕事に対してどうなってしまうのか、不安でもありましたが、今日それがはっきりと再確認できました。


やっぱり、天職なんだなぁ~と。どんなことがあっても続けて生きたい、と思える仕事に出会えて自分は本当に幸せなんだとも思いました。


こうして家を見ているときが一番幸せですね。自宅の階段を上がるときは、ひぃひぃ言っていますが、仕事で他の家となると、身軽になってしまいます。


お客様と夢を共有しているみたいで、色々と落胆や驚きもありますが、それを一緒に体感できるというのは、そうそうできることではありません。お客様にとって、不動産購入は人生のうちで何度もないこと。


いつも心にそう銘じて、ひとつひとつ大切に結んでいきたいと思いました。


いつも仕事中はお腹の中でいい子にしている息子にも大感謝です。


 


 

【2006/11/19 23:31】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年最大のパーティ

今日は個人的に仲良くしてもらっている友人らを呼んで、ちょっと早めに、我が家で今年最後のパーティを催しました。


一体何人来るのか把握できずにいましたが、いやいや、総勢35人以上のお客様が来てくださり、にぎやかなパーティとなりました。日本からたまたま帰ってきた友人は、スーツケースにいっぱいお土産を入れて登場!焼酎や駄菓子まで、皆さんにお土産を持ってきてくれました。


他にもたくさんのご馳走を持ち寄ってくださり、盛大なパーティとなりました。


安産祈願にケーキまでいただいてちょっとしたサプライズ!こうしてたくさんの人に祝っていただいたお腹の息子はすでに幸せ者です。


IMGP0640.jpg


先週は会社の同僚よりお祝いをしていただいたりと、段々出産に向けて実感が沸いてきました。


IMGP0624.jpg


 アメリカでは出産前にお祝いをするという風習があるので、既に子供部屋はお祝いの品でたくさん!もうおかげさまで本当に全てが揃ってしまいました。本当にこの会社には5年近くいるので、皆が家族みたいなものです。私のアメリカでの成長をずっと見守ってきてくれた人たちであり、一番私のことを知っている人たちだと思います。そんな皆さんにこちらからも感謝!


IMGP0629.jpg


このアメリカのケーキも6年目にしてやっと慣れてきたところ!


IMGP0623.jpg


それでも、白いところで・・・といいたいところでしたが、「まりは主役だから!」と思いっきりブルーのクリームのところをいただくことに・・・(汗)。


というわけで、以後、出産に向けてしばらくはおとなしくしていようと思います・・・。ほんとかな!?

【2006/11/18 23:31】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初めての接待

今日は夕方から、NYの不動産会社の方に夕飯をごちそうになってしまいました。


本来ならこちらがすべく、その方の息子さんがシアトルで有名なレストランのヘッドシェフをしているとのことでずうずうしくもごちそうに・・・。


昔は毎日のように接待をしていたOL時代。付き添いの人形のような役割でしたので(私も若いときがこれでもあったので!)大人のつまらない会話に苦笑いしながら、早く帰れないかなぁ~と思っていたのと違い、同業者ならではの共感するところや、悩みなどを色々と聞いていただき、まるで同じ会社にでも勤めているかのように話せてしまいました。


本当は業務提携をする話までしたかったのですが、それ以前にもっと大切なお話が出来て、その上ごちそうにまでなって、本当に楽しかったです。考えてみたら初めて同業者からの接待でした。


中々シアトル内の日本人同士でこのような機会はないのですが、これから少しずつ、他州への提携も含め、色々と出来たらいいなぁと思いました。やはりじっくりと顔を合わせてお付き合いさせていただくことの大事さを学んだ次第です。


しかし、シアトルの渋滞もひどいですね。その前に立ち寄ったとある会社があるベルタウンからシアトル美術館付近にあるレストランまで30分掛かってしまいました・・・。空いていたら5分で移動が可能なエリアです。段々移動時間が長くなってきているこのごろです。

【2006/11/17 23:59】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
また近くでした。

実は友人の日記から、今知った事故ですが、数ヶ月前の銀行強盗に続き、また会社から数ブロック先での出来事。


工事中のクレーンが倒れて数軒のビルとレストランを崩壊、残念なことに一人死亡・・だそうです。http://www.king5.com/topstories/stories/NW_111606WABcranecollapseKC.44a853cf.html


事故があったのは、108thと4th。夜8時前とのことで、今日はたまたま残業をせず早く帰って正解でした・・。私の会社は108thと8thなので、まさに通勤路であり、しかも被害の遭ったアパートは数ヶ月前、私のお客様が住んでいたところ。もう購入されて引越ししたのでよかったのですが、その後も何組かのお客様をご案内していたところでした(汗)。


オチオチ前ばかりみて運転してられませんね。上も見ておかないと・・・。友人の会社ビルも近いのでちょっと心配です。


この場を借りて、まずは亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

【2006/11/16 22:03】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
わかっていても・・・

最近、妙な浮き沈みを体験しています(笑)。


あるお客様から、


「まりさん!私のお友達でもうずっと売れていない家があって、エージェントを替えたいって言っていたので、まりさんを紹介しておきました。」


ということだったので、それはありがたいことなのですが、年内に売りたいのなら早く準備をしなくてはいけないので早々にご連絡いただけるよう、お伝えしました。


次の朝・・・。


「まりさん!連絡したんですが、昨日、ちょうどオファーが入っちゃったんですって!どうやらかなり大きな家で、ミリオンくらいしたらしいですよ。1年も売れてなかったんですって!」


「・・・・そ、それはよかったですね(汗)・・・。」


ミリオン!?っすか!?何も聞いていなかったので、余計にガーンとアシスタントと落ち込んでしまいました(笑)。とんだ取り越し苦労ならぬ、取り越し期待★。


それから、昨日遅くに入った知らない方からのEメール。


「不動産購入を予定していまして・・・」


というフレーズを読んだだけで、よし!きた!と思いきや・・・


「ローン会社を探しています。」


はい。それで?


「これこれ、こういう条件でローンを組みたいのですが、どこかいいローン会社は知りませんか。」


へ!?


よくよく読んでみると、既にこの方は物件を購入されており、今はローンを組む段階で迷って私に連絡してきた模様。


このメールには、普段、私のお客様にさえ聞かない、個人的な情報までばっちり記載。思わず目を伏せてしまうほどでした。見ず知らずの人にそんなプライベートなことを記載して大丈夫ですか!?と思いましたが、とにかく私はローンの専門ではないので、丁重にお断りしました。


ふむぅ。思わず空騒ぎした今日この頃です・・・。上手い話は早々ないってことですね。はい。

【2006/11/14 23:54】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Inspection!

ちょうど2年前の今頃、この家を買いました。


当時は築7-8年、シアトルでは新しい部類に入る家でしたが、結構それなりにメンテナンスだけでもお金を掛けてきました。


というわけで、今日は記念すべき、家の健康診断日と決め、朝からインスペクション。色々と見てもらいました。


やはりInspectionって天気の悪い日にやるのが一番ですね。色々と懸念すべきところはありましたが、特に大きな問題は見つからなかったので一安心。


それでも、雨どいは葉っぱで一杯、これは来週にでも掃除をしようと思っていましたが、こんなになっているとは知らず・・・。既に詰まって流れていません。


IMGP0599.jpg


それから、ひどい雨の日に、窓枠から水が漏れてきたことがあり、調べてもらったらやはり枠と建物の間に隙間があったことが発覚。さすが、アメリカの家です。こういうのを放っておくと、最悪は壁が湿気にやられてダメージになるんですよね。今のうちにシリコンでふさいでしまうのが得策。


IMGP0602.jpg


お食事中の方は下の写真は見ないで下さいね(笑)。


なんと、床下に得体の知れない糞が!夫が「うわぁっ~!これ、文太のか!?」と思わず驚いたくらい、相当でっかいです、はい。何者が??と思いますが、ホントに勘弁してください。ここは2度もインスペクションを入れて、その動物なりねずみなりの経路を探そうとしましたが、結局今日も見つからず。もしかして、下から掘って進入してきているのか??とてもなぞですが、今のところ建物を噛み付いていたり、そういった被害はないとのことですが、それにしても・・・これはショックでした。


また、ペストコントロールを呼ばなくては・・・。


IMGP0620.jpg


というわけで、他にも色々ありましたがひとまずは細かい修繕のみでOK。今日お客様から屋根から雨漏りがしてきた、なんて聞いたものですから、買った時は大丈夫でも、時間が経たないとわからないことって多々ありますよね。


この家を買ったときも、ふむふむ、と聞いていたわりには、その癖、職業柄からか、「大した問題じゃないな~」と判断。結局Inspectionで指摘されたところは今まで何もしなかったのですが、さすがの雨どいはまずい状態になっていました。


今回はなるべく言うことを聞いてみようと思っています。


しかし、日本にはあまりこういう習慣が定着していませんが、うちの実家とか大丈夫かな~と心配になります。何でも新築で買い、安心してしまいがちですが、やはり家は生き物。きちんとメンテナンスすれば、ずっと快適に過ごせるはずです。


以前に日本のテレビでそのような特集をしていて、床下を開けたらカビでいっぱい・・・なんてありました。アメリカは上の写真のように、土台の上にビニールを敷くんですが、日本でも土台の土がむき出しになっていて、そこから湿気が入り、カビが大発生していた、なんてことになってました。いい家だとコンクリートが敷かれていますが、やはりそういった見えないところはわからないものです。


しかし、その番組で雇っていた建物を検査する人、インスペクターの費用が確か7-8万円!それから床下にビニールを引くだけで見積りを出したら、30万円などなど、アメリカの倍以上。これでは問題を見つけるのも怖いですよね。


思わず、日本でインスペクション会社をビジネスにしようかと本気で考えました。ちなみに、こちらにはあふれんばかりのInspectorがいるので、価格競争もあり、大体300ドル前後。下にビニールを引くだけだったら、800ドルくらいが相場です。


というわけで、皆さん、冬のインスペクションはお薦めしますよ。

【2006/11/13 23:30】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ミニ卓球台!

IMGP0593.jpg


またまたくだらないものを買ってしまいました。


ミニ卓球台。でも結構楽しそうです。来週ちょっとしたパーティがうちであるので早速活躍させてみようと思いました。


パーティの季節ですね~。これから天気の悪いシアトルで、唯一の楽しみになっていきます。

【2006/11/12 23:27】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
無条件で・・・

Bunta-111006.jpg


犬と人間様を比べてはなりませんが、やはり色々と犬から学ぶことが日々あります。基本的に動物は本来、同じ行動をとるものなんだなぁというのがわかりますし、これから子供を持つことに対して、少なからず、彼らから習得していることは多いです。


文太も1歳になって少しずつ大人になってきました。最初は泣き虫の弱虫でどんな子になるか、不安でしたが何とか素直でいい子に育ってくれて、よかったなぁと思う今日この頃。


犬の七不思議は色々あるのですが、普段、散歩しているときは歩いて余所見をして電柱などに顔をぶつけてしまうようなおっちょこちょいでも、私が窓からそっと外の様子を覗いていると、何気に視線を感じるのか、2匹で私を必死に探したりします。


それから、私が落ち込んでいるときも、すっと寄ってくるのは裕花。


「お母さん、どうしたの?」


という顔をして、何となく笑顔で振舞ってくれているのは錯覚かなとも思います。


夫婦ケンカをしても真っ先に飛んでくるのは裕花です(笑)。そして間を遮り、尻尾を振って気を散らせようとする姿を見ると、たまに笑ってしまったりと全く夫婦ケンカは犬も食わぬとはこのことかと感心さえします。やっぱりそういう気の遣いようが女の子だなぁと思ってしまうほど。


文太は自分の都合のいいときだけ、「ママ~眠い」「遊んで~」「お腹が空いた~」と寄ってきては、ひざの上に顔を置いて、ため息をついたり・・・。バスルームで化粧をしていても、文太は必ず私の姿を探してそばにいることが多いです。


こういうのを見ると、友人が男の子は無条件で可愛いよ、といっていたのを思い出してしまい、子供もこういう感じになるのかな?と重ねてしまいます。


そうやって一緒に暮らしていると、単に動物と人間という関係ではなく、人間とは違う生き物だとはわかっているけれど、それ以上に強い絆を感じたり。


勝手な妄想かもしれませんが、将来子供にも彼らを通じて、色々なコミュニケーションをしてもらい、人の気持ちがわかる子になってくれれば万々歳です。

【2006/11/11 22:20】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鈍いっ!

思ったより出足が鈍いFall City。不動産エージェント専用のWebサイトヒットは40を超えるのに、Showingといって、訪れたエージェントはたった一人。しかもうちのオフィスから。問い合わせも社内からのみで、オフィス内で宣伝した効果だけが目立ちます。


弊社一般Webサイトの閲覧もヒット数が確認できるようになっていて(知らなかった)、それを見ると200ヒット。多分、一昨日にお客様宛てにEメールを送らせて頂いたので、少なからずその影響はあるかもしれません。閲覧してくださった方、ありがとうございます。


また載せて数日ですが、何となくこのスローさに焦ってしまう毎日。来週はもっと効果的なマーケティングを考えないと!と焦っているのは私だけ。気になってお客さんに電話してみると、


「しょうがないですよね~。こんな時期になっちゃったし。夏に出したときはホント、たくさんの人が来てくれたのに、オファーもたくさん来たのにどれひとつ、実らなくて。最初から三井さんにお願いしておけばこんなことにならなかったのに・・・。本当に時間を無駄にしました・・・。」


と逆に恐縮されてしまう始末。例え不利な状況でも、私にとっては新しい売り出し物件です。それを言っては仕方ありません。今から出来るマーケティングを精一杯するのみです。


いつも冗談ばかりいう、Brian。昨日もオフィスで仕事をしていると、私はからかいの標的。


「Marikoはもう子供が産まれるというのに、未だ僕らの市場を荒らしているよ!?少しは休んで僕らに仕事をくれたら、どんなに可愛い子と思うか・・・。」


「おっと、そんな重いペンを持ったら体に悪いよ。何か書きたいことがあるのなら、僕が秘書になってあげるよ。遠慮なく。」


「はい、これ、体にいいチョコレート。食べて食べて太って元気な子供を産みなさい。」


とたまに差し入れ。そういう彼は、先週、1週間で8件ものリスティングを取ったらしいです。


それでも、「スロースロー」と言える彼はやっぱりトップエージェントの余裕だと思いました。


はぁ・・・8件ですよ!?毎日のように「私の家を売ってください。」って連絡が入る計算。オフィスにはこういうエージェントがゴロゴロいるので、私のように1件のリスティングで騒いでいるようではレベルが違いすぎます。


彼もこの道で色々とご苦労をされている方なので、さらっと彼のようにすぐなれるわけではありません。でも、やっぱりそうやってよき先輩の背中を見られるだけで、幸せに感じ、がんばろうって思います。


いつも冗談ばかり言っていますが、本当に困ったときは真剣に助けてくれる人がいる。私もいつかそういう人になりたいです。

【2006/11/10 23:20】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
助かってます!

今、実はアシスタントさんが3人います(笑)。


もちろん、一人はフルタイムのChaiさんですが、先月から一番最初のアシスタントのSちゃんに週1回、それから不動産のライセンスを取得中だという、Nさん。何でもいいから手伝わせてくださいとのことで、ちょうどホリデーシーズンの郵送作業が入っており、本当に助かっています。


Sちゃんは特にコンピュータやグラフィックが得意なので、ここぞとばかりデザインものを作ってもらったり、面倒な封筒印刷やカード印刷のマージン、デザインあわせなどなど、とても助かっています。週一回が待ち遠しいくらい、毎回ハードな注文をクリアしてくれる力強い味方!


Nさんはとても丁寧な仕事をいつもしてくださり、それでも手先が早いので封筒のシール貼りから、簡単な物件詳細引き出しなど、昨日は売り出し物件のお手伝いにも行ってもらいました。


Nさんの口癖は、


「今日もまりこさん、オフィスへ来ないんですね~。」


「はい、外回りが多いんですよ~。」とChaiさんのフォロー。


まずい、ボスはサボっているのかと思われてるかもしれませんね!?


というわけで、近くを通りかかったときはなるべく立ち寄るようにしています。


Nさんにどうですか~?と聞くと、


「はい、楽しいです!」


と明るい笑顔・・・。きっとNさん直属の上司、Chaiさんの対応がいいのでしょう。


私もChaiさんみたいに、いい上司にならなくては、と思いました。大変大変とバタバタさせぬよう、いつかは余裕の笑顔が見られるようにしなくては。


そして、いつかは逆転して、「まりさん!それは違いますよ!しっかりしてくださいよ!」と言われる日を楽しみにしています。

【2006/11/09 23:29】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
New on the Market in Fall City

1-Iwase-Main.jpg


Bring your best investor and first time home buyer!


Fall City


$185,950


Iwase-Entry-1.jpg


本日、新しくFall Cityに3ベッド、1バスの土地付きManufactured homeを売り出しました。


Iwase-Kitchen-N.jpg


キッチンもリモデル済み。投資物件としても最適です。詳しくはこちらでどうぞ!


www.johnlscott.com/62514

【2006/11/08 23:24】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今日こそは!

先週からPendingになっていた、新しい売り出し物件。


大雨のせいで準備作業が大幅に遅れ、今日は業者さんが朝から強行でやってくれました。


というわけで、私も待っていられないと小雨になったのをいいことに写真撮影を強行。


しかし、近づけば近づくほど豪雨。先に来ていた業者さんはびしょびしょになりながら、ドライブウェイの掃除をしていてくれていました。


オチオチしているとすぐにホリデーシーズンに入ってしまうので、やはり今日がデッドライン。


朝からアシスタントもフル活動で準備に勤しんでいました。


そして帰宅後、写真をアップし、MLSに公開して終了~!と思いきや・・・


MLSのサイトがダウン。聞くところによると、弊社のサイトもダウンで適切な処理が出来ず。


結局夕方の4時前になってしまい、今日のリストは断念しました。


急ぐと失敗をするので明日の朝に正式にONすることに。


今回は初めて、アシスタントのChaiさんにMarketing Remarksといって、家の宣伝文句を担当させました。


昨日から1日、何回もメールでやり取り、何度もの私からのダメ出し・・・。最初のものは、キッチンの話をしたかと思えば、いきなりガス暖房の話題が出てきたり、それから、「フレンチドアを開けると、そこは素敵なお庭・・・」など、いやいや、庭はないってば!と虚偽の情報が入っていたり!?めちゃくちゃだったのですが(笑)、何度かヒントを上げた末、今朝はついに黙り込んでしまいました。まずい、凹んじゃったかな!?と思いきや、


「もう一回、頑張ってみます!」


というわけで、最後にはビシッと決めてくれました。


これはホント、私でさえも毎回頭を痛めます。難しいんですよ。500文字という制限の中、魅力をなるべくたくさん、書かなくてはならないので幾度となく書き直します。


というわけで、Chaiさんのデビュー作を明日、ご案内しますね。お疲れ様でした。

【2006/11/07 23:21】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
雨、雨、雨。

今日はお休み。


しかし、連日の大雨で文太と裕花も散歩が出来ずにストレス気味。


家の中でずっと遊ばせていましたが、ちょっとしたいたずらは見逃してあげることにしました。


今日はいい加減に、子供の部屋の後片付けと(生まれてもいないのに既に汚れている)、家の掃除やら、ガレージの掃除・・・。


1日、家のことだけで終わってしまいました。


近所の独身友人と合同で掃除屋さんを雇おうかと打診。せっかくのお休みをこうして掃除に取られてしまうのはもったいないですよね・・・。


でもそこは日本人。何となくお掃除屋さんが来る前に、こんな汚いところは他人に見せられない!と軽く掃除をしそうで、じゃぁ、結局自分でやればいいのでは・・・とジレンマ。


アメリカ人のほとんどのお宅ではこういうサービスを雇っていますが、何となく踏み切れないのが悲しいです。

【2006/11/06 22:17】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新しい家族

IMGP0552.jpg


今日、多頭飼いについて相談したいという友人が遊びに来てくれました。


というか、相談もなにも来る前に既に決めてきちゃったみたいで、いきなりのお披露目会!


いやぁ~小さくってかわいくって、まだ赤ちゃんの匂いがした子犬でした。文太も1年前はこんなんだったのに・・・と、裕花も思わず親心。


その友人の犬2匹と合計4匹で、さながら我が家はムツゴロウ状態。でも2匹飼うようになってから、3匹も4匹も変わらない気持ちがわかってきました。


今では裕花も文太も、家族にとって、なくてはならない存在になっています。


この赤ちゃんも早く家族の一員として楽しめるようになるといいですね。

【2006/11/05 23:57】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
また外したサプライズパーティ

いつも夫に


「ねぇ、いつか私にサプライズパーティやってね。サプライズパーティをしてもらうのが夢なんだ。」


と常日頃からお願いしていますが、そうやってばかり言っているとサプライズにならないから、しばらくは出来ない、とわけのわからぬ理由で却下。未だに待ち遠しくしています。


とはいっても、実は企画されたこともあり、一度目のサプライズは私が結婚する直前。


友人らが企画したパーティでしたが、その日はお茶会ということで軽く友人宅で集まろうと呼ばれていました。


しかし当日、午前中、仕事をしていて体調を崩し、風邪の前兆とわかったので小さなお子さんがいる友人宅にはなおさら行けないと、ドタキャンをしました。


それから1時間くらいして、友人がどうしてもお見舞いに来たい、渡したいものがあるとのことで、まぁ、立っていられないほどでもなかったので自宅で待っていると、たくさんのごちそうと結婚のお祝いのプレゼント・・・。


実は友人宅で私のサプライズを予定していたらしいのです。そのときは、逆サプライズになってしまい、友人らが慌てたとか・・・。


そんな大事な機会を逃したこともあり、それ以来、サプライズパーティはお預けでした。


が、しかし、今日、またまた友人が企画してくれていた”お茶会”。


午前中、急に仕事が入って土砂降りの中、シアトルまで物件を見せに出かけ、昼過ぎに自宅に戻ります。2時のお茶会まで時間があるので、何だか昨日は眠れなかったし、一眠りしてから出かけようと、30分仮眠。妊婦はいつも眠たいものです。それからお茶会だし、ケーキとかスナックはお腹を満たさないだろうと、お昼ご飯をしっかり。昨日の残りのビビンバどんぶりを平らげます。


途中、いつもその友人にはお世話になっているのでお花でも買って行こうと、近所のスーパーで花を見繕っているところ、アシスタントのChaiさんから一本の電話。


「もう私、着いちゃったんですけど・・まりさん、今どこですか?」


え!?時計を見ると1:40分過ぎ。早いなぁ~と雨もひどいから、家の中で待っていて先に始めてて欲しいと言い伝えると、


「まりさん、来ますよね?何時ごろ来ますか?」


その間、花屋さんがモタモタしていて、アレンジが気に入らないだとかで、短くしたり、グリーンを足したりしているので、思わず私が割り込んでやろうと思ったくらいでしたが、あと5分で出るから、といって電話を切りました。


「急いでいるので、その辺適当でいいですよ。」


と言ったらあっさり終了。うーん、あまり気に入った形ではないけれど仕方ありません。


雨も降っているのでゆっくりドライブで友人宅へ到着。が、Chaiさんと私と友人の3人だったかと思いましたが、家の前には既に数台の車で埋め尽くされていました。


なんだ、他の人も呼んであるんだ、と思わず、Chaiさんが知らない人ばかり、一人寂しくはしていないか心配しながら、玄関へ行くとなんと一番前には近所の友人の車が。


「なんだ、Kも来てるじゃない。水臭いな~、一緒に来ればよかった。」


と玄関のチャイムを鳴らすと、既に中ではパーティが始められているようでにぎやかな声が聞こえます。


中々出てこないので、勝手に入っていいものかと玄関を開けようとしたところ、ふわっと開いたと思ったら・・・・


「サ~プラ~イズ!」


「いやぁ~どうも、遅くなりました。」


と、私の知らない人ばかりだと決め付けていたので、ちょっとよそ行きチックに挨拶をし、顔を上げると、まだ気がついていない友人が再度、


「サプラ~イズ!おめでとうございます!」


へ!?何が?最後に来たから罰ゲーム!?


と見渡すと、そこにいたのはほとんど私のお客様や友人、ということでホストの友人とはあまり接点のない人ばかり。え?何でみんなここにいるの?いつも間に知り合いになったの!?など、しばらく状況を把握するのに、ポカンとしていると、あまりにも反応が鈍かったのか、


「まりさん、ベビーシャワーだよ。」


といわれ、えっ!?私の!?とそこで初めて気がついたのでした・・・。


実は数ヶ月前から友人らが企画してくれていたらしく、本人、全く気がつかず・・。どうりでChaiさんの最近の言動を思い起こしてみると、納得が出来ました。


しかも、前日、Chaiさんにはまたまたドタキャンすらしかねないことを言っており(汗)、「明日のお客様がどうしてもお茶会の時間しかだめだ、と言ったら、申し訳ないけど、そっちの方が大事だからそれが終わってから行くから、お客様を優先してね。」とまで言っていたのでした(笑)。


きっとこれを聞いたときは、Chaiさんは焦ったでしょう。彼女は真面目なので本当に先方がそういったら、そうしたかもしれません(笑)。


というわけで、拍子抜けな反応で始まったパーティでしたが、本当に久しぶりに会った友人もいて段々と幸せな気分が溢れてきました。


心の中で「念願のベービーシャワーだよっ!」「しかもサプライズでっ!」とジワジワと実感していたもの、あんなリアクションで申し訳なかったなぁ~と反省。ちょっと恥ずかしくなってしまいました。


私のパーフェクトなサプライズの反応とは、


「やっだ~!どうしたの~!びっくりしたじゃないっ~!」


と目に涙を浮かべて喜ぶ・・・・というのが理想でしたので(笑)。


しかも、こんなことだとわかっていたら、おしゃれをしてくるんだったとか、化粧をもっと真面目にしてくればなど、寝起きの顔と寝癖で最悪な主役でしたので、ちょっぴり残念。


というわけで、帰って夫に今日のことを報告。


「次のサプライズのときは、そうやってリアクションして、主役っぽくおしゃれしたいから、よろしくね。」


とまたまたお願い。


「あほか。そういうのはサプライズにならないんだよ。もう今日やってもらったんだから、後最低3年はないと思っていなさい。」


友人に「まりさんを確実に呼ぶ方法がわからなくて結構、ドキドキだったよ。」といわれましたが、私を確実に呼ぶ方法は、やっぱり仕事です。薄情な奴ですが、もうこれは病気だと思ってください。


というわけで、お茶会には気をつけようと思いました。


でもたくさんの人に祝福されて、産まれて来る子供は幸せだなぁと羨ましくなりました。皆さん、本当にありがとうございました。


 


 


 

【2006/11/04 23:12】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
無事に終了。

2日間の長い、長いクラスが終わりました。


集中力を要する授業でしたが、今回はリスティングエージェントとしてのお勉強会でした。


色々なケースを想定し、特にディスカウントブローカーといってコミッションを値引きする業者とどう対抗するか、などが主な内容でした。


というか、このクラスにはそういったブローカーは来ていないのか、心配になったくらい叩かれてましたけど・・・。


ま、私を始め、皆が被害者なので何とかしなくてはならない課題です。


来年からまたがんばるぞ!と思いました。ところで・・・テストはパスしたかは微妙~です。落ちたらまた受けます。はい。

【2006/11/03 23:08】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
クラススタート!

毎度、臨月リアルターです。


先日、病院へ行ったら少し予定日より遅れるかもね、と言われたのをいいことにあと残り1ヶ月、遊びに仕事にびっしり予定が入ってしまいました・・・。今からお腹の息子には呆れられてるでしょう。


ところで今日、明日と1日朝から夕方までクラスを取っています。この時期にだいじょうぶかなぁとちょっと心配でしたが、前かがみに物が書けなくなったくらいで、特に支障なく受けられました。周りからは、常にふんぞり返っているので、ちょっと態度が悪そうに見えるでしょうね。


講師の人が両隣近辺の人と名刺交換してください~と言ったので、隣の男性としたら、なんと互いに名刺を見て


「あ~~~!Marikoだ!」


「あらら!Tomじゃない!」


と他社ではありながら知り合いのエージェントとばったり。びっくりしました。しかも夏に売りに出していた、Bellevueのタウンハウスにオファーを書いてキャンセルをした相手(汗)。でも彼は非常に丁寧にキャンセルをしてきて、とても印象がよかったのでこうして再会しても、笑顔で会えました。


他にも知っているエージェントはいないかなぁ~とミーハーな私は辺りを見廻し、あ~あの人、有名ななんとかさんだ、とか、お、この人も!?写真と違うなぁ~などと、自分のことを棚にあげて凝視していると、相手からにこっとされたり・・。


でもやはりクラスの性質上か、平均年齢が高かったです・・。もう少し若いリアルターにも頑張って欲しいなぁと思います。


何人か他社の知り合いのエージェントにもばったり会いましたが、皆さん、私のお腹を指差し、


「何これ!?ど~したの!?知らなかったっ!」


と言われる始末・・。何これって言われてもね。普段は電話でしかやり取りしないのでわからないものです。


ま、子供が産まれたら到底受けることのできない授業なのでがんばります。


しかし・・・今一度、この資格の条件をレビューしていると、もうひとつクラスが必要なことが判明しました。うーん、あと1ヶ月で間に合うのかしら??


眠くなったらお腹を蹴ってね、とお願いしておいたのですが、ホントに1日中、蹴ってくれてました・・・。というわけで、母子ともにお疲れ気味です。


今、9時過ぎですが明日の授業に備えて就寝します。

【2006/11/02 23:05】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
無事にスタートライン

先日お話した物件の続報です。


朗報だったのでやっとご報告ができそうです。


まず一番問題だったのが、建物の種類。この物件はManufacture Homeといって移動可能ないわゆるモバイルホーム。


初めてこのような形態をお手伝いさせていただくのでまず、売却にあたってどのような規制があるのか、把握するのに時間が掛かりました。


ただ、土地が付いて来る物件だったので調べてみたら、ほぼ普通の住宅と同じ。


やっかいだったのが、Septicといって浄化槽設備があるのですが、その場所がわからないと売れないこと、それから他の場所から移動してきた物件ということがわかり、建物の築年数が古く、ローンを借りられる会社が限られていたこと(というか、血眼になって探してたった1件)。


というわけで、ひとつひとつの問題を手探りでクリア。


まず、浄化槽。前のエージェントさんは3ヶ月もリストしていたのに場所さえも把握していない状態。(実はそ知らぬ顔して電話をしてみた。)仕方なく業者を雇い、特殊な機械で場所を特定してもらいました。思ったより簡単に発見。しかし、残念なことにコンクリート駐車場の下とわかりました。


というわけで、今度はコンクリートをカットする会社に依頼。


その後、インスペクションを行い、浄化槽の汲み取り、それからカウンティにその浄化槽を登録(法律で定められています。)、これで晴れてローンが降りる最低条件をクリアしました。


それから、築年数。ローン会社によると、1976年以前のモバイルホームはまず、ローンが下りないとのこと・・・。この物件は他の場所から移ってきたということもあり、1968年ということが判明。以前のエージェントともこのことがネックで、Buyerがいたにも関わらずローンが降りず、キャンセルを何度も食らっていたとのことでした。


でもやっと1件、条件つきで降りる会社を見つけました。その条件とは、


1. 最低頭金10%


2. 浄化槽の登録済みであること。


3. インスペクションで見つかった欠陥を直すか、購入価格から差し引くかすればOK。


願ったり叶ったりとはこのこと。特に一番最後、購入価格から差し引くというのが気に入りました。


とういわけで、予想されそうな欠陥を予め総ざらい。各専門業者に見積りをもらい、大体の総額をはじきだし、それを売却価格と調整することに。


とりあえず、売る前に準備をしなくてはいけないことがクリアになり、来週晴れてBack on the Marketします。


あとはSellerさんの祈願通り、年内売却に向けてがんばります。


なるほどね、Lenderが手を出さないほうがいいといった理由がわかりました。でも、そんなに難しいことではなかったのでよかったです。


もう売主さんは数々の懸念が解決できただけで、まるで売れたかのように喜んでいらっしゃいましたが、これからが本番。


アシスタントも心なしか明るい顔になってきて、色々と準備に余念がありません。こういう「売りましょう!」「売りたいです!」という気持ちが一番、大事だと思いました。


さくっといいBuyerさんが見つかりますよう、あとは神様に祈るだけです。

【2006/11/01 23:21】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記