home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

結局・・・

いきなり独立記念日前のラッシュで大忙し・・・。カレンダーは真っ白でしたが、結局連休も仕事で埋まってしまいました。ありがたいことです。


エージェントやら売主やらが「明日から出かけちゃうので・・・」という、Holiday Seasonにありがちなマーケット・・。早く売りたい、早く返事が欲しいと、こちらとしては早く事が運ぶので好都合ですが、いくつかオファーが重なったのもあって、ちょっと毎晩お疲れ気味でした。複数のエージェントとやり取り、携帯の充電が1日に2回も切れたのは最高記録です。ほとんどが複数オファーの状態で、しかも一番大切な選抜の時間帯に、携帯が死んでしまい・・・。他のエージェントとやり取りしてる間、5-6件のメッセージが入ってしまい、中には返事を催促するものも・・。


一度は連絡が取れず、落としそうになったもの、何とか話が出来てようやくゲットしました(汗)。


帰宅後、夫が


「今日はやけにおとなしいね。」


もう、誰とも話したくない・・・というと、そのくらいが丁度いいといわれました(怒)。

スポンサーサイト
【2006/06/30 22:03】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
皆さん、旅立ちます。

4度目の正直、何とか通りました。4つのオファーで最後の最後までギリギリでしたが、突然ころっとこっちへ転がってきました。最近、こういう不意打ちが多いです。


うーん、だめかなぁ~と思っていると、「通ったよ♪」と連絡があるケース。すごい内容でカウンター(返事)してくるんだろうなぁと思いきや、大した修正がなくて拍子抜けしたり。だったら、最初からさくっと取ってくださいよ、今までの間は何だったんですか?って思うほどです。


ちなみに今日のオファーは朝の11時から始まって決着が午後6時。7時間越しの交渉でした。で、散々待たされた挙句、私が夜7時のアポイントへ行く途中に電話。


「今から旅行に出かけるから、何とか今晩中にサインもらえないかしら?」


無理です。アポイントが終わって9時。10時過ぎにお客さんに会うなんて出来ません。半日待たせたのですから、一晩くらい我慢してください、と明日の朝一に返すことにしました。


そういえば、明日クローズする物件のエージェントも明日から旅行。みんな、休暇モードで、明日中に、とか、今日中にとかがやけに多く、せかせかしている感じです。


オフィスにも心なしか人が少なく・・・・とこのころになってようやく、あ、今週末はビックホリデー、独立記念日なんだ、と毎年気がつきます・・。


で、知らずに仕事を入れているいつもの私です(涙)。

【2006/06/29 23:09】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
4度目の正直?

「これで本当の3度目の正直になるといいですね!」


オファーを書き終えてお客様にそういうと、


「いや、違いますよ、これで4度目ですよ!」


とのこと。毎回お会いするごとに何とかいい物件が見つかり、その度にオファーを書いていましたが、ご縁がなかったり、他のオファーに負けたり・・。約1ヶ月内の出来事です。


でもオファーを書くというのはとても大事なこと。一大事のように思えてよく躊躇される方もいらっしゃいますが、私は何回でも書くのは苦ではありません。


多分、今回は難しいだろうなぁとは思ってもとりあえず書いてみます。そうすると、帰ってきた結果に対し、何が悪かったのか、次回からどうすればいいか、それほど欲しい物件でもなかった・・・などなど、次のステップへの強力なバネになることは確かです。


何度か経験されていると、お客様の方から、私の意中としているピタッとした数字や条件を言ってくださることも・・・。こちらとしては言い出せないときもあるので、何となくそういうときは、うれしいものです。


さて、明日の結果は吉と出るか。だめだったらご縁がなかったということで・・・。そういう引き際も大事です。5度目の正直を信じてみましょう。

【2006/06/28 23:07】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
反抗期


BUnta062606.jpg


最近、言うことを聞かなくなってきた文太。この子は結構いい子なのかも!?という甘い期待は崩れ、10ヶ月にして遅い反抗期。


でも何を言ってもこういう顔をされるので、根負けしてしまうのはいつもこっちのほうです。


こういう人っていますよね。やっぱり弟っていつも世渡り上手。自分の弟を思い出します。


Yuka062606.jpg


裕花はすっかり夏ばて。最近、再度浮上してきた文太との上下抗争がもっぱら悩みの種。お疲れ様です。

【2006/06/27 23:30】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
皆様、お疲れ様です。

今日も暑い中、働いていた皆様、お疲れ様です。


庭師の方もお疲れ様です。炎天下の中、かなり作業が進みましたが思わぬところでトラブルがあったらしく、明日へ繰越。いやぁ、本当に見積もり内で大丈夫ですか?と疑問に思う次第ですが、それ以上でも仕方ないと思っています。いやぁ、よくやってくれました。


お隣さんも覗きに来てくれました。というのも、お隣さんのお庭を真似させていただいたので(笑)。たまに他人の家にお邪魔すると勉強になりますね。何と今は噴水を作っているようです。この季節にはぴったりですね。がんばってください。


それから、今日暑い中、物件案内でお付き合いいただいたお客様にもお疲れ様です。一昨日、南米のチリから来たばかりで、少しシアトルは涼しく感じるかと思ったらなんと向こうの季節は冬だそうで・・・。シアトルについてびっくりされたそうです。思わず、すみません、と謝ってしまいました。


それから、それから、今日一日中、ガレージの掃除をしてくれた夫に感謝です。最近、発作が起きたのか、整理整頓に命を燃やす彼。おかげさまでキッチンやパントリー、家中のクローゼットで大分スペースが確保できました。スペースが確保できると思わず、物で埋めてしまいたくなる私・・・。やっぱり夫婦なんでしょうかね。近日中にガレージセールをする予定。


とにかく、今日は寝苦しい夜になりそうです。明日はもう少し涼しくなりますように・・・。

【2006/06/26 21:36】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ひ~っ!

今日は朝からずっとShowingといって物件視察。


午前中は肌寒くて薄手のジャケットを着ていましたが、昼過ぎから状態は急展開。今日はノースリーブでよかった!と思わせるほどものすごい気温となり、真夏さながらとなりました。


午後は立て続けに8件もの物件視察で、車を降りるごとに


「あっつ~~~~っ!」


と悲鳴を上げていました。リアルターには厳しい季節になってきました。


最後のBellevueのタウンハウスを見てさて家路に着こうと思ったところ、思わずスターバックスのアイスラテが飲みたくなり、ファクトリアモール付近をドライブ。


SUBWAYとスターバックスが隣接する店舗の前で車を止め、なぜか車内で悩む始末。


「うーん、スターバックスのアイスラテに3ドル払うか、SUBWAYのDaily Specialに2.45ドル払うか~!さぁ、時刻は5時前。夫が帰るまで最低2時間、ていうことは夕飯まであと3時間!どうする!どうする!?」


負けました・・・。結局、そこにはSUBWAYで列を待つ私がいました。


食欲だけは季節感を感じませんな~。はぁ~お腹いっぱいです。

【2006/06/25 18:00】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お庭プロジェクト開始!


今日、兼ねてから懸案のお庭プロジェクトが開始しました。


プロジェクトっていってもそう大したことをするわけではないのですが、今日は主に前の庭の掃除と整備。


伸びに伸びきった植物や木々を半分に切ってもらい、新しい土を入れてもらっただけできれいさっぱり!炎天下の中、よくやっていただきました。


IMGP0138.jpg  IMGP0143.jpg


前の庭だけでトラックの荷台一杯のゴミ・・・。この一面を敷き詰めるだけでも、荷台一杯のバーグを持ってきてもらいました。最初は自分で・・・なんて思っていましたが、今は間違えても頼んでよかったと心から思っています。


やっぱり早いし、持っている道具が違う!


IMGP0139.jpg


 


IMGP0144.jpg


庭師の方というのは全般的に、英会話がちょっと心配なのですが、上の写真、実は私は頼んでいなかったのですが、何となくやり取りで多分OKってことになって(今思い出せば)敷居にブロックを入れてもらいました。でも思いのほか、可愛くて感動。夫が「こんなの、俺でも出来た。」と申していましたが、足を乗せてもぐらつかないし、やっぱりプロですよ。


後は裏庭。すっかりうちのギャングたちに荒らされ放題。まったく、お金の掛かる犬たちです。少しは掘るのを手伝ったらどうでしょう??というわけで、月曜日に完成予定です。お楽しみに!


IMGP0141.jpg  IMGP0140.jpg

【2006/06/24 23:05】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今週は長かったなぁ~

と思っていたら、アシスタントからの留守電に、私の定休日の火曜日にせっかく取れたアポイントメントを入れたとのこと・・・・。


うーん、先々週から約2週間、半日ずつしか休んでいないので、迷った挙句、


「あの・・・急用ではないと思いますので、火曜日は休ませてください。」と折り返し電話。


「あ、そうでした!」とアシスタント。


ふむぅ、馬車馬のように働かされている上司です・・・(汗)。

【2006/06/23 23:59】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
豪邸ツアー

今日は仲のいい友人から、日本から遊びに来ている友人たちに豪邸ツアーをして欲しいとお願いされて、行ってまいりました。あまりこういう機会でないと見られないので、忙しいアシスタントと一緒に参加。これもお勉強ね、と下準備を充分にして、合計4件周りました。


IMGP0127.jpg


天気がいいのもあってツアーは楽しく過ごせました。昔はこのツアーでほとんどのお客様をゲットしていたのを思い出し、何となく原点に戻った気がして一喜一憂、皆さんの反応を見ては再発見することが多々ありました。


IMGP0132.jpg


本当はViewが見える大豪邸をご案内したかったのですが、都合により無理。用意した家でも充分に楽しんでいただけたようでホッとしました。


週末には本物の?エキサイトホームツアーを予定しており、いい練習にもなりました。


アシスタントのChaiさんが、友人らに質問されても答えられなかったりとタジタジしていたのが、可愛くておもしろかったですね(笑)。年上のお姉さんたちにからかわれていました。


またやりたいと思います。皆さんもお気軽にお申し込みくださいね。

【2006/06/22 22:38】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ぼーっ。

8つのオファー。8つ?


とりあえず、トップ2に残って最後の争奪戦・・・。そこまで残る自信はありました。


「ほっんとに全くあなたのオファーと同じなのよ、どうしたらいいかしら?」


ありえない・・・絶対にありえない・・・もう、こちらも力尽きてこれでもか!と好条件を書いたオファー。なのにあっさり他の競合と同じになるなんて。やっぱり考えてることは同じだったのね・・・なんて感心している場合ではなく、再度お客様との交渉。でも何となく気が進まない・・・。あれだけ、何とか頑張ってみます!って約束していたのに、また更にお願いするだなんて。


と思いきや、いきなり向こうが反旗を翻し一件落着。


え?うちに決まったの??


「もういいわ、そっちを取ることにした。あなたの勝ちよ。Sellerが決めたことなの。」


え?


へ・・・・?


やったっ~~~~~~~~~~!


たぁぁぁぁぁ・・・・はぁぁ、疲れた・・・・。緊張と同じくらいの脱力感でしたが、何だか今年最高の難関だっただけにうれしかったです。


うーん、でも毎回、難関度が高くなるのでまたお勉強です。次はどんな手を使おうかしら・・。

【2006/06/21 22:48】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

今日は午前中だけ打ち合わせがあり、午後は1週間ぶりのお休み~!


今週1週間は結構休みなく働かせていただいたので、何だか午後だけでもやけにリフレッシュしました。


裕花の健康診断と注射も兼ねてかかりつけのWoodinvilleの病院へ。もう、近所の病院では懲りてしまって、遠いのはわかっていますが結局生まれたときから通っている先生のところへ。


普通、病院に行く犬ってテンション低いはずなのですが、うちの2匹は例外でもう、ここの先生が大好き。病院の駐車場に着くと、絶好調で自分で玄関に入っていく勢い。


早速、体重測定。


裕花、17パウンド(約7キロ)、文太、26パウンド(12キロ)!1.5倍以上の差・・・。でも2匹とも健康だそうで・・・。どうも並ばせると裕花が病的に見えて心配していましたが、ほっとしました。


今日は文太は注射はなく、痛がるお姉ちゃんをそっと台の下から見守っていました。裕花が台から降りると、優しく駈け寄ったりして、何だか兄弟愛?と微笑ましかったです。


その後、裕花と文太の生家、同じくWoodinvilleのブリーダーさん宅へお邪魔しました。夏野菜が畑にたくさんなっていて、食べきれないから取りに来て!とのこと。


水菜、菜の花、サラダ菜、カブなどたっくさん頂きました。何だかほんのひととき、畑の中で土の香りを楽しんだだけでリフレッシュ。サラダ菜なんかはとても甘くて、取りながらその場で食べたり。贅沢だなぁ~と思いました。でも自分では出来ない!


やっぱり、裕花と文太は産みの親、ブリーダーさんのことを覚えていて、あの感動の再開振りには飼い主の私たちもちょっと焼きもちを焼くほどです。覚えているものなのですね。


文太が大きすぎるのでは?という心配もなく、ただ骨太なだけよ!と一笑され、一安心。やっぱりブリーダーさんも自分が取り上げた子供はいつまでも可愛いようで、裕花と文太もずっと離れませんでした。


再来月は文太の1歳の誕生日。同じく生まれた兄弟4匹のうち、3匹は知り合いに飼われているので、皆で集まって合同誕生会でもしようかと考え中。


さて、だれが一番よく育ってることやら・・・。


 

【2006/06/20 23:06】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Tax Return

はい、来年から絶対に期日までに間に合わせます。


今日、やっとCPAの方とお話が出来て、いくつか質問されました。


「あのですね~、社員の方のベネフィットにされているスポーツクラブですが・・・これはちょっと経費では無理ですね。」


え・・・・・!スポーツクラブの人からベネフィットとして最高!ということで薦められたのに!


「それからですね、この会議費、これは食事ですか、お茶ですか。」


えっと・・何だか受け答えにも慎重になりますがうそをつくわけにはいかないので、正直に答えます。


「お茶だったり、食事だったり。」


「はぁ~、お茶はOKなんですが、食事はだめなんですよ。」


え~~~~!まさに食べて水に流していたお金・・・。


「でも、会社から50マイル離れていて食事をすると半分が落とされます。どうでしょう?」


50マイルって・・・Tacomaだって40マイルくらいなのに往復のガソリン代だけで食事代が出そうですわ。


「それからですね・・・」


まだあるんですか!


「去年、Condoを売却していますね。こちらは2年以上住みましたか。」


いいえ。約1年半です。


「残念です。2年住まないと売却益に対して税金が掛かってしまいます。15%+10%で25%ですね。」


はい、これは承知していましたが(ていうか、25%だというのは知らずに痛いですが!)数千ドル払う損失と、2年待って今の家を買うのでは、天と地の差ですので仕方ありません。(ちなみに年収によって尺度が違いますので一概に全て適用、というわけではありません。ご注意くださいね。)


「ま、このくらいですかね~。」


ほっ。じゃなくて、あの、そして私は後どのくらい追徴されるんでしょうか。


「それはまだ今言うと大変ですから、後でまたご連絡します。」


今言うと大変って・・・・?思わず目眩が・・・・・(溜息)。


一体何のために働いているのやら・・・。信号機に私の名前でも彫っておこうかしら。

【2006/06/19 23:35】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Subway

最近のお気に入りはSUBWAY。地下鉄ではなくて、サンドウィッチ屋さんの名前です。(一応、両親とかも読んでいますので・・・。)


週に4回くらいは食べてます。大体Today's Specialといって、2.75ドルで食べられるものを文句なしに頼むのですが、たまに贅沢をして3.75ドルのSubway Clubを頼んだり・・・。


私たちは時間がないので、早い、安い、手軽、ということでついつい、Mクドナルドとか、Wンディーズなどを利用していましたが、やっぱり体に悪い・・・ので最近はもっぱらSUBWAYです。


これが日本だったら、タクシーの運ちゃんのように走り回っているから、お昼を食べるだけで楽しいだろうなぁ~と思います。東京にいたころ、営業もしていたのでそういった、○×食堂とかいうのれんも一人で難なくくぐってました。新宿の思いで横丁はほとんど制覇したかも・・・。


アメリカにも、ふらっと立ち寄れる立ち食いそば屋とかがあるといいのになぁ~と夫に店を出すよう、祈願しています。<<一応、固定客になる予定。

【2006/06/18 23:27】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
心温まるメッセージ

最近、お客さんと話す話題はサッカーだらけ。とは言ってもあまり興味のない人が結構多いのですが、その私の異常振り?に察してか、今朝、留守電を聞いたらお客様からこんなメッセージが・・・。


「あの~今日、もしかして日本戦があるんじゃないですか?もし、そうだったら午後のツアーは中止にしてもらっても構いません。楽しんでください。」


え~!なんて心優しいお客様なんでしょうか(涙)。すぐに折り返し、日本戦は明朝5:30~ですから大丈夫です、というか、仕事ですのでサッカーくらいで休みませんのでご安心ください、とお返事。


何やら、今朝話した某ローン会社のM氏に


「今日、君たちはサッカーを見ないのか?」


と聞かれたらしいです。家を探しているどころじゃないくらいのことまで・・・。


あ、あのですね、彼の母国、韓国戦は確かに今日の昼間ですが、日本戦は・・・・・・


じゃなくて~~っ、そんなことをお客様に言うものではありませんっ!


ったくもぅ~(溜息)。

【2006/06/17 22:39】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初めての出張

たった今、金曜日の一番忙しい夜、普段はクタクタになって帰ってくる夫は、なぜか笑顔。


私:「何かいいことでもあった?」


夫:「あのね~もしかしたらね~」


と不気味な笑顔(汗)。なに、どうしたの?と問いただすと、


夫:「来月ね~」


だからなにってば~!


夫:「出張に行くかもしれないんだっ!」


出張?


私:「うそ。」(断定)


夫:「ほんとっ♪」


私:「どこに?」


夫:「LA。」


私:「うそだね、そうやって遊びに行くだけでしょう?じゃぁ、私も一緒に行ってもいい?」


夫:「え~お前はだめだよ!本当に仕事なんだから・・・!」


LAに15年もいた夫は自分の第二の故郷。仕事で行くわけがありません。それにあの笑顔。怪しいところです。


ま、私も日本へ一人で行かせてもらったり、普段は家のことも色々してもらっているので、快く「いいよ、楽しんできてね。」といったら、


「本当に出張なんだってば~!●△さんも一緒なんだから。」


へ!?本当なの?まさか、LAに転勤になるからとか、新店舗展開とかじゃないでしょうね?と思わず曇り顔になると、


「△×●の件がいよいよ本格的に動くんだ。だからそれのリサーチで・・・」


と最もらしい理由。そうなんだ、本当に出張なんだ。そして、夫が喜んでいる本当の理由は、


「僕、人生で初めての出張になるんだ♪」


と子供みたいに喜んでいる夫。思わず「まじで!?」と、吹き出してしまいました。


夫:「それじゃ、お前は今まで出張とか行ったこと、あるのかよ?」


私:「あるよ、福岡、大阪、静岡、岐阜、名古屋、新潟、香港とか。」


「・・・・・・。へぇ、す、すごいな・・・。」


思わず、私が初めて出張に行ったときを思い出しました。新幹線にスーツ姿で乗るときは、うわぁ~出張だ~と舞い上がり、夜の接待では、これが出張の醍醐味ねぇ~とランラン。このときは、静岡、名古屋、大阪なんかは日帰りでもへっちゃらでした。若かった・・・。


しかし、回数を重ねるごとに「え~!?また私ですか~?」とか、指定席が取れなくて自由席で並んだり、最終ギリギリまで仕事、当時、シンデレラエクスプレスと言われていた、最終新幹線をホームで待ちながら、永遠の別れかのように泣きじゃくる遠距離カップルを横目に、


「私なんか日帰りっすよ!?」


と東京到着夜11時、家に着くのが午前様。段々出張のしんどさがわかり、気がつくとグレーのスーツのおじさんたちと混ざって、疲れ切っていたのを思い出します。


まぁ、おかげで各地方の色々な世界(フィリピンパブとか、各県の飲み屋街は制覇)を見ることができ、今となってはいい経験だったかもしれません。


そういえば、私も自分で仕事を始めてから出張ってしたことないなぁ~。


夫が出張している間、私もたまには一人旅しようかな(笑)。

【2006/06/16 22:32】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ありえない、ありえること。

昨日の続き。


思いがけず、朝の7時半に慌てたローン会社から電話。普段、お客様からは、この人はレスポンスが悪いと聞いていたので、あまり期待していなかった分、うれしい誤算。


「何の書類を見ても、古い住所のままなんです。今、早急に確認を急いでいます。」


すごい、朝の7時半から皆、働いているんだ~。これは頼もしい。というわけで、ひとまずUpdateを待つことに・・・。


9時。一向に連絡なし。既にほとんどの会社が始動している時間。10時。おいおい、いくらなんでもと連絡をするも、既に留守番電話。会社へ直接連絡をすると、お客様とミーティング中。


そうですか・・・。あまり話したくはないけれど、そのオフィサーのアシスタントに電話。


「住所が変わった書類がこっちには持っていなかった。」


今朝、この上司は「持ってたんだけどね・・・」と濁していたのに、いきなり送った、送らない、もらってない、の言い合い。この電話以来、アシスタントは一切私の電話に出なくなりました。


次にEscrow。タイトル会社からそうきたから、ローン会社もそうなってた、挙句の果て、「そんな書類を目にしたことはない。」


そうですか。それでも、私たちからの書類がなくても、他の方法でいくらでもチェックが出来たはずです。そして、あなた方から、この住所が間違っている、と言って来るのが筋というものです。


私たちは色々と役割分担がありますが、こうしてトラブルが起きる度に、嫌でもその分野に強くなっていきます。そうでないと、今日みたいに言いくるめられて、そうでしたか・・・すみませんでした・・・となるのがオチ。


完全に皆で責任を擦り付けている間、一番困っているのはお客様。サインをせかす間、Escrowもうちも被害者なのに、みたいな態度。


お抱えLenderのMarkに相談すると、笑われました、そんなこと、ありえないって。


やっぱりチームワークって大事だなぁと、つくづく自分がお世話になっているチームに感謝しました。普段、こういったトラブルといつも紙一重なのに、難なくやり遂げてくれていたんだと今更ながら感謝。


ただ、私は今のチームにたどり着くまでに6年掛かりました・・・。こういう人の繋がりって、気がついたら自分の宝になっていたと、もっと大事にしようと思いました。

【2006/06/15 21:34】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
史上初

今日は朝から忙しい1日でした。立て続けにお客様からお電話をいただき、タクシー並みの速さで「いいですよ!それでは、あと20分後にお会いしましょう。」と次から次へと物件をご紹介。


でも、本当はこういうのって大好きです。マーケットの速度に乗ってる!ということと、段々いい物件に近づけるみたいで、そういった意気込みをお客様と共有出来るのはエージェントとしてこの上なく幸せなこと。


訪れたエージェントの名刺の数を見ては、「やった、1番手!」「うっ!2番手だったか!」と楽しんでいます。


今日はオファーを書くお客様がいたので、バタバタしながら、アシスタントと終業間近、色々とキャッチアップをしていると、


「明日、クローズする●×様のご新居の住所が間違えていたので、こちらの方は●×様に新しい住所を既にお客様へお伝えしてあります・・・。」


はい、そうね、それは以前に訂正書類が入ってましたからね、はいはい、ご苦労様。とそのときは特にこれが大事件になるとは思ってもみませんでした。


そして悪夢はその後に来た、1通のメールから始まりました。


●×様からのEメール:「あのぉ・・・昨日Escrowでサインした書類もその間違えた住所になっているみたいなのですが・・・。」


え?最終書類も間違えていたの??まさか、タイトルも間違えた住所で登録するんじゃないでしょうね?と、夜遅くにも関わらず、お客様に昨日サインした書類を今一度確認してもらいました。


「あ、あの・・・間違えた住所のままみたいです。」


が~~~~~~~ん。


も~~CWモーゲージさんっ!しっかりしてくださいよっ!これがお抱えローン会社がやったミスだったら、今から訂正書類を作らせるくらいです。たまに名前のスペルを間違えることはよくあるのでチェックしますが、住所を間違えるとは前代未聞。


しかも、間違えの住所も最初は正しくて、後になって間違えていた、と先方から申請のあった、疑惑つきのもの。このUpdateがうまく行っていなかったのか、それにしても、新築Condoで毎日、SOLD物件があるはずで、ローン会社も見慣れているはずが、なぜチェック漏れしたのか、呆れるところです。大体、タイトルから正しい住所を取らなくてはいけないのに、自分で勝手に作ったってことなのかな~!?それもすごい!


まぁ、CondoなのでUnit番号しか注意して見ていなかった私も悪いのだが・・・。やられました。


思わず、夜の9時半に関係各署へそれこそ頭から湯気を出しながらメッセージを残しました。


「明日の朝一で電話してきてくださいっ!」


といっても、電話こないんだな、これが。はぁ~、アメリカっ。

【2006/06/14 22:47】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
悪い余波、的中

今日は一応お休み。昨日の日本戦では朝から騒いだせいか、いきなり貧血になり大変でした。何だか悪い予感がするとは言って見たもの、その余波に肖り、いきなり車上ロック。


幸い夫が休みでしたので、鍵を持ってきてもらいましたが、夕方一件だけアポイントが入っていて、それに遅れること40分。も~頭から湯気が出るかと思いました。お客さん、優しい人でよかたtです。普通だったら・・・・・・どやされるところです。

【2006/06/13 22:44】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
まさかまさかの・・・
日本大敗。ショックで寝込みました。悪い予感が走ります。
【2006/06/12 23:44】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
停電が運んだ騒ぎ

今日、夕方家に戻ると、ガレージから「ピッ、ピッ。」という音が聞こえたので、気になって見ると、既に使っていないセキュリティシステムからでした。いずれは使うかもとそのままにしていましたが、どうやら留守中に一時停電になったらしく、ありとあらゆる電化製品がチカチカしていて、なるほどと思いましたが、何となく嫌な予感が過ぎりました。


最近、そうやって以前からあるシステムパネルで突然アラームが鳴るという、お客様からの問い合わせが多かったのです。うちも気をつけないとなぁと思っていた矢先。まさか!と思い色々とパネルをいじるも、それが禁断の・・・・


「システムがONになりました。」


え~!!なんで!?急いで何かのボタンを押して解除しようと試みても、


「暗証番号を入れてください。」


前のOwnerは入っていたけれど、うちは一度もActivateしていないので、番号なんて今更わかりません。


え?これってシステムが作動しちゃってるってこと?と、怖いもの見たさにシステムがONになっている玄関ドアを開けると・・・・。


「ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ!」


けたたましい音とともに鳴ってしまいました。ちなみに夜の10時です。


主人が驚いて降りてきて、とりあえずスピーカーをガムテープで止めるもの、そこから漏れてくる音だけでも心臓に響きます。


驚いた裕花もこれまた、今まで聞いたこともない悲鳴をあげ、何か良からぬことが起きていると察したのか、私の足から離れません。


「と、ととと、とりあえず!そこに書いてある番号!番号言って~!」


と、アラームの嵐の中、某大手セキュリティシステム会社に電話しました。待たされること5分。この間に殺されたり、何かを捕られてもおかしくないなぁと思っていると、


「お待たせしました。どうしましたか。」


事情を説明すると、手馴れた返事で他の人へ廻されました。そしてそこでもまた同じ説明。


「わかりました。それでは解決策をお教えしましょう。でも少々手こずりますけど、よろしいですか。」


よろしいもなにも、やらなくちゃいけないので、是非教えて下さいと祈願しました。


よかった。意外にすんなり解決することがわかって安心したのもつかの間、やはり受話器越しだと何を言っているのか、イマイチよくわからず、また10分後に鳴るのがわかっているので、段々焦ってしまいます。


パネルの近くなんか、コンセントなんかありません!


「いえ、必ずあります。辿っていってみてください。」


ところが辿っていくと、外の電話や電気パネルへと行ってしまいます。


このBOXを開けろと言うんですか!箱にDANGERって書いてあるんですよ!?


「いいえ、その箱は何のことだかわかりません。大体、あなたが何を見つけたかもわかりません。」


とあくまで事務的に話す相手に段々腹が立ってきて、


「わかりました。何だかよくわからないけれど、このシステムから出ている線をぶちきっちゃえばいいんですね?もう、そうします。それか、今すぐ誰が人を呼んでください。うちだけの問題でなく、近所の騒音の問題にもなります。」


「いいえ、線を切ったらあなたの家全体が問題になるかと思います。そのシステムは電話線とも繋がっていますし、線を切ったところで、電気は通っていますから漏電とか・・・」


確かに線を辿ると電話のBOXにも繋がっていました。


「じゃぁ!人を呼んでください、今すぐ!お金は払いますから!」


「それも出来ません、なぜならそちらはうちのサービスを使われていないからです。」


延々と続く会話。アメリカのシステムは一度マニュアルから外れると、このように迷走ゲームのようになり、何を話していたのかわからなくなります。


そんな中、主人がコンセントの元を見つけ、それを取ることに成功!今まで赤一色だったパネルが、真っ暗に。ふぅ。これで一安心。その旨を喜び一入で伝えると、さらに事務的に


「それだけではないんです。だから言ったでしょう、一筋縄では行かないって。それでは今度はパネルを開けてください・・・。」


イチイチ、余計なことを言う人だなぁ~っと思いましたが、背に腹は替えられません。オフになったシステムのパネルを疑いもなく開いたところ、またまたけたたましいアラーム。


「ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ、ピ~ッ!」


「もしもし~?!パネルを開けたらまた鳴りましたよ?どーすればいいんですか?早く教えて下さい!もしもし~っ!?」


なんと相手の電話は切れていました。あまりのアラーム音に電波が切れたのか、それとも相手が切ったのか・・・。


とにかく前よりも一層大きな音を立てているパネルに、会話の途中でバッテリーがと言っていたのを思い出しました。


主人にそのバッテリーを取って!と叫びますが、どうやって取るの?と悠長なことを言っているので、いいから引きちぎってぇっ!と、おどおどしている主人がポッと抜いたら、


「あ、抜けた。」


と同時にアラームが治まりました。はぁ、よかった~。


家を持つってほんと、色々なことが起きるなぁ~と実感。


そして、文太はケージの中でこんな騒ぎになっているにも関わらず、終始、


「なにしてんの?」という顔。裕花みたいに鳴き声ひとつあげませんでした。


これでよ~くわかったわ、裕花は助けてくれるけど、文太は緊急時、絶対に助けてくれないんだ・・・と私が嘆いていたら、


主人曰く「それが文太のいいところなんだよなぁ~!」


だから親ばかもいい加減にしてください。


今日は明日の早朝の試合に備えて早めの就寝を心がけていたのに、とんだ騒ぎでもう12時です。やれやれ。

【2006/06/11 23:28】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
COPA MUDIAL DE LA FILA

サッカーが観られない!と騒いでいたら、友人から親切に番組日程が送られてきました。


が、しかし、Basicより下のLimited(あまり知られていなく、ケーブル会社もお薦めしてくれない。)しか入っていない我が家は全米ネットワーク以外のチャンネルはほぼ全滅。


おまけに大事な日本第一戦を明日に控えているのにESPNでしか放送しないとのことが判明。


思わずケーブル会社に電話をしてその場でUpgradeしてしまいました。Upgradeの工事は約2週間後。でも決勝には間に合うからよしとしましょう。


ところで、UNIP98という、スペイン語放送の局はほとんどの試合を流していることがわかりました。なんと日本戦も!そして今朝はなんとメキシコとイラン戦。朝から番組全体が非常にテンション高いです。


当然、スペイン語はわからないのでじっと画面を見ていないと何だかわからなくなるのですが、ちょっと席を外したら、画面では大騒ぎ!


え!?いきなりもう点数入ったの?と思いきや、ただのキックオフでした。いやぁ、点数が入ったらどうなっちゃうのでしょうか。


でも一生に一度でいいからワールドカップ行きたいですね~。やっぱりTV観ているだけで鳥肌が立っちゃいます。カッコいい~って。でも、このスペイン語放送もその興奮を120%伝えていて、悪くないですよ。

【2006/06/10 22:26】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今日からワールドカップ

サッカー、始まってるんですよね・・?


うわぁ、うちは未だケーブルが最低、最小の12ドル。どのチャンネルなのかわかりません。というか、もしかしたら映らないのかもしれません。


今から4年前は、Kirklandの家でポツリ、観ていたのを思い出します。


そして、それから更に4年前の1998年。当時は一人暮らしのアパートで一人で熱狂、日本が勝ったときは思わずベランダから叫んでしまいました。


「やったっ~~~~!よっしゃぁぁ~っ!」


とこだましたかと思ったら、何と同じアパートや向かいのマンションからも同じ歓喜が聞こえてきました。それから3つしか駅が離れていない実家へ夜中に歓喜の電話。両親も観ていたようです。なんだ、一緒に観ればよかったと、下の酒屋へ行ってワインを買って一人で乾杯したのを覚えています。


更にその4年さかのぼり、12年前、ドーバの悲劇。そのときは家族全員で観ていました。最後に「あ~~~~~!」と悲鳴を上げたのを覚えています。弟が泣きそうな顔になっていたのを忘れません。このころはご時世に肖って、Jリーグを観戦してたり。まだ東京で花の?OLをしていたころです。


というわけで、私にとってサッカーは唯一楽しめるスポーツ観戦。え?今年のワールドカップですか。


はい、夫は全く興味がなさそうなので、2002年に引き続き、また一人で盛り上がりそうです。


がんばれ、ニッポン!

【2006/06/10 16:10】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱり

IMGP0097.jpg


お父さん、最初は結構めずらしくて気に入っていました。


でも、やっぱり寝ているとき、伸びもしたいし、寝返りも自由にしたいんです。


それに最近、寝苦しい夜が続いていますので申し訳ないんですが、


IMGP0101.jpg


階段の一番広いところが今のところ快適のようです。


IMGP0102.jpg


お父さん:「裕花、このベッド、欲しくなかったのかなぁ。」


(やっぱりお父さんの買ってくるものって、イマイチなんだよね~。)


うちには、これに限らず、使わないおもちゃや、食べ飽きたおやつがたくさんあります。


なんてたって子供には甘い父親でした。



【2006/06/09 15:10】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新米リアルター in CA

あるBlogのコミュニティに入っているのですが、いやはや見ているだけで面白いですね。色々な人がいて、色々なことをしていて・・・。特に目が行ってしまうのが同業者ですが、昨日、辿りに辿ったら、最近、リアルターの試験に受かった21歳の子にたどり着きました。


試験に受かった喜びから、広告に初めて自分が載った喜び。やっぱり表現自体も若い!のですが、リアルターになってうれしい!がんばります!という純粋なエネルギーが満ち溢れていました。


私が試験に合格したときは、アシスタントの時だったので、そういう野望もなかったし、不動産屋になったのも、アシスタントの職が危うくなり、相談した昔の上司から、背中を押されて清水の舞台から飛び降りた気分でしたので、広告に載ったときは、うれしい!というより、不安だらけでしたね。


何だか彼女は既にラジオで、不動産情報ステーションまで任されたみたいで(さすがLAです。)ある地区がうまく言えずにDirectorから冷たい目線で見られたことなど、そうそう、社会人になったら若さや可愛さでは許してくれないときってあるよね~と同感。私なんかとっくにそういう特権の圏外ですが。


とにかく全く知らない人ですが、思わず、がんばれ~と応援したくなりました。そして、ずっと何があっても頑張って欲しいと思います。経験がナンボみたいな世界ですが、実は若い人にだってうまくやっていけるコツがたくさんあります。私は早く、この業界の平均年齢が少なくとも30代になってくれることを切に願っています!

【2006/06/07 23:09】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お庭プロジェクト

今日はお休み。友人と朝からFederal Wayに新しくできた韓国スーパー、Hマートへ行ってまいりました。


いやぁ、一番の収穫は45ドルの魚焼き器。最近健康ブームを一人で作っている夫ですが、これでお魚料理を食べるようになるでしょうか・・・。


とか言いながらも、帰りには豪華に焼肉をバクバク!皆で食べるとおいしいですよね。特に暑い日の焼肉って最高でした。


そして戻ってくると2軒隣で庭師の方が。うちの庭も、既に自分でどうこう出来る状態ではなくなっていたので思わず立ち寄り、見積りを依頼。ひょんなことから庭の大改造計画が始まりました。


まず、庭全体の掃除、雑草の駆除、木々のカット。表庭に全て新しいバーグを敷く。それからこれが一番の大事業で、全長50Mはあるフェンス越しの芝生を1フィートほど全て除去。そこに砂利を敷き、将来は木々を植える予定ですが、まずは、裕花と文太の脱走防止+見た目をきれいに、ということが最優先。ついでにデッキ廻りも同じくカット。これで芝刈りが楽になります。


そして見積り額を聞いて、びっくり。普段こういう業者とやり取りしているので、大体の相場を把握していたつもりが、なんと思っていた額の半額以下。へ?思わず拍子抜けしていまい、その場でGoサイン。ただ、英語も何となくままならないので、やはり紙に書いてきちんと説明してもらい、明日の朝、見積書を持ってきてもらい、それから作業をしてもらうことになりました。


まぁ、Land Scapingって結構トラブルが多いので、そうやって近所に来て定期的にやっている人なら問題ないかなぁと思っただけなのですが、どうやら自分で経営、人を使わずやっている人らしく、対応も丁寧。ラッキーだったかもしれません。


いやぁ、これで庭を見るたびに憂鬱感が軽減されます。夫にあぁして、こうして~と頼んで、今となってはタンポポがサニーレタスくらいに成長、いくら説明してもどれが雑草だかわからない、どの状態がきれいなのかわからない、という口論を延々と続けるより、プロの人に来てもらってさっと気持ちよくやってもらったほうが、夫婦円満の秘訣だと夫に説明。


というわけで、お庭大改造計画、始まります。ふふふ。

【2006/06/06 20:44】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年の夏

最近の不動産事情。相変わらずいい物件は数時間で売れていますが、結構値段のばらつきが見え隠れし始めました。


特に500K以上の物件は、すごくまともな値段をつけているものもあれば、なんですか?という値段まで色々。でも、いつも勝つのはぴったしお手ごろ価格ものが飛ぶように売れています。


今、金利がジリジリ上がってくる見通しがあるので、売る方も慎重です。そういう人は賢い人だと思います。後で値段を下げても、「え?それだけしか下げないの?」とか、あわよくば、そのままご時世を知らずに値段を上げて出してくるところも。


しかし、最近はそれもあまり見なくなりました。やっと慎重になったか・・・と自分も売る手側に廻るときがあるので、この辺は見張っています。春から今までに掛けてはかなり調子に乗って、それで売り抜けてきた運を今年分は全て使ってしまったような気がしますので、後半は慎重です・・・。


今年の夏は掃けが早そうです。去年は今頃からぐいっと上がりましたので気をつけていましたが、運良く?金利が上がってくれたので買い手にはラッキーかもしれません。


金利が0.5%上がっても支払いは月数十ドル、年間で数百ドルの損かもしれませんが、値段が上がると10K,20Kは一晩で平気で上がりますのでその方が被害が少ない、というものです。


うちの物件は庭が売り、冬は寒いけど、夏は涼しくて最高!など、今、最高の状態で売り出せる物件は勝負ですよ。


私の家は絶対に秋、冬はNGですね。なんてったって、裏庭の木々は夏の間は清涼に大活躍ですが、秋はこれでもかっ!ていうくらい落ち葉だらけになります。はぁ。


 


 

【2006/06/05 23:44】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
30年かぁ・・・

昨日、たまたま家の近所で新築物件エリアを走っていたら、昔の先輩、Von Karlの看板が建っていたのを見つけました。悲しいかな、昔はわが社の緑の看板で、彼の名前が立ち並んでいましたが、今は他社の青い看板に総入れ替え・・・。


いるかなぁ~と覗いてみると、何と居ました。というか、車でわかりました。キャデラックの高級スポーツカー。こんな車に乗っているのは、彼以外考えられません。


お客さんがたくさん出入りしていたので、そっと玄関から入ると、


「Hey, You!」(どうしたの~?)


と先に声を掛けてくれました。突然会社を辞めたから、びっくりしたよ~と言ったら、え~そうだね、もう1ヵ月半も前のことだよ、とのこと。そんなに経つかなぁ。


「30年間、この仕事をやっていて、15年もJohn L. Scottにお世話になったから、そろそろ環境でも変えようかなと思ってさ。僕の叔母がこの会社でBrokerをしてるんだよ。だからそういう兼ね合いもあって・・・。」


と彼らしく、きちんと同僚に気を遣ってくれるコメントでした。そっか、嫌いになって去ったわけじゃなかったんだなぁと少し安心。


しかし、30年って!?彼は一体いくつ???いつもGパンにTシャツという、ラフな格好からは40代そこそこかと思っていました。そっか、30年コツコツやって、やっとここまで来れたんだなぁ~と感慨深い気持ちになりました。


私はまだまだだなぁ~と思わず、自分の足元を見ました。


考えてみると、自分はとても幸せな環境にいるんだなぁと思います。こうして不動産業界を代表する人たちと知り合いになれて、何か彼らから学べるという環境。


それってお金を払って得ることではないんだなぁと。いや、ある意味、会社には高い上納金を払ってるのですが、でも、そういった投資が、自分の目標を高めることに繋がれば、全てよしです。


というわけで、本日、Taxの集計が終わりました。毎回集計を終わるとショックを受けます。こ、こんなに経費って・・・。


今年は欲張らず、Vonみたいに長い目で見て、ゆっくりやって行こうと思います。

【2006/06/04 21:21】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
思わず口が滑ってしまう瞬間

本人は挨拶程度のつもりが、


「いやぁ~今日は天気がいいですよね。こういう日は働きたくないですね~。」


後部座席のお客様。無言。


はっ。しまった。今更フォローのしようがありません。いやぁ、あの・・こんな素敵な日にお休みができていいですね、と、楽しんでくださいね、と付け足したかったのですが、何となくドツボにはまりそうだったので、私も無言になってしまいました。

【2006/06/04 08:55】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
まだ4月。

いやぁ、Tax Returnのチェック、やっと取り掛かりました。思ったより作業が捗っていますが、まだ4月。しかし、毎年思いますが、無駄遣いが多いのか、必要経費なのか悩むところです。本人、こんなに使った記憶なし。当たり前です。1年に一回しかこうして向き合わないのですから!


今年からは絶対に毎月集計!でももう6月だ!


いつも気をつけてるんだけどなぁ~。

【2006/06/02 23:49】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あっという間に6月

今日から6月。もう、今年の半分が終わってしまいました。いつものように、バタバタバタと過ぎ去っていった日々。しなくてはならないことが山ほどあるのに、何だか恐ろしいくらいに時間が経つのが早いです。


と、たった数行をを書き始めたころに、夫が寝る前のシャワータイム。で、今、振り返ると、もうベッドで寝ています。恐ろしいくらい、早い行水です・・・。


そしてさっきまで1階にいた裕花が、誕生日に買ってもらったベッドで就寝。文太も寝る前のおしっこをして小屋に収まります。こうしていつも私は一番最後に寝ます。


私はこれから化粧を落として、歯を磨いて、お風呂に入って・・・・はぁ。何だか世の中に取り残されそうな気分になります。おやすみなさい。

【2006/06/01 22:57】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記