home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

サプライ~ズ!

今日、Bellevueの家で予告どおりオープンハウスをしました。


ひっきりなしに来て頂けるお客様の中に、なんと私からの連絡で来ていただけたお客様が5組も!びっくりしました。お友達を連れてきてくれたり、もう何年も会っていない方、近くの公園で私の看板を見た!と寄ってくれた方などなど・・・とっても楽しいオープンハウスとなりました。中には差し入れまで・・・(涙)。


この場を借りて、来ていただいた皆さん、ありがとうございました。


これも各言う、「日本のお風呂」パワーですね!皆さん、うらまやしぃ~の一言。思わず、「入っていってください~。」と言いそうになりましたが、既にオファーが入っていることに、本気で怒っているお客様もいらっしゃいました(笑)。うちの夫もその一人ですが。


さて、今、eメールを開けてもっとびっくり。同僚からのオファーが届いていました。何かの間違えかと思いましたが、しっかりうちの売り出し物件。


彼は家にも来ていなかったし、さては今日、来ていただいたオープンハウスのお客様の中で彼の顧客が居たのか??


それにしても一言、「オファー書くよ。」とか電話くらいくれたらいいのに。何だか彼らしいなぁと思いつつも、はいはい、ありがたく受け付けました。


明日、オファー受付締め切りです。どうなることやら・・・!


いいお客さんに恵まれますように!

スポンサーサイト
【2006/04/30 21:21】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
What you get for the Money

今日、私が唯一長時間見ていられるTV番組、HGTV(家のことなら何でも!というチャンネル)で、What you get for the Moenyという番組を観ていました。


これは、同じ金額で州ごとにどのくらい違う家になるか、というもので中々興味深かったです。


残念ながらシアトルはあまり出てきませんでしたが、やっぱりカルフォルニア、恐ろしいですよね。同じ250K(2800万円)で、アメリカの中部ではそこそこの一軒家が買えるのに、LAでは700sqftの1ベッドルームでした。それでもGood Dealだとか・・。


シアトルも近い将来、そうなるのでしょうか・・・。私たちも他州へ移民・・・なんて他人事ではなくなってくるかもしれませんね。


私も遊牧リアルターとして生活する日が来るかもしれません。今度はどこで不動産屋しようかしら(笑)。

【2006/04/29 21:09】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日曜日、オープンハウスやります!

Bellevueの物件がついに売りに出されました!


1-Ejiri_Main.jpg



3-Ejiri_DiningLiving.jpg



10-Ejiri_Bathtub1.jpg


日曜日、1-4時までオープンハウスをします。是非遊びに来てください~!




 


 

【2006/04/28 23:36】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
明日、売り出し~!

日本のお風呂がついたお家が明日、ついに売り出されます。


しかし、横でさっきから夫が、


「本当に売りに出しちゃうの~!?」


本気で買い替えを希望しているようです。それではオファーにサインして買ってください~。


ちなみにこのお風呂、アメリカに住む日本人の憧れ的お風呂、追い炊き機能付き。フィルターも付いて大人2人が毎日入っても、週1回のみの掃除でOK! だそうです。一度体験入浴してみたい(笑)。


明日、全貌が明らかになります。お楽しみに!


10-Ejiri_Bathtub1.jpg


 


9-Ejiri_Deck2.jpg





 


 

【2006/04/27 23:01】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
一番間抜けな手数料

こんなこと、知っていたら使わなければよかった・・・!


今日、久しぶりにオフィスへ立ち寄り、溜まりに溜まった(どうやったらこうも溜まるものか)請求書を一気に片付け、思わずこれら振り出したチェックが大丈夫か不安になり、休み明けに初めて銀行口座をネットでチェックしました。


ま、今回は弟のお祝いやら、現金で要するものがたくさんあったため、日本へ予め送金しておきました。買い物もそこからの現金買い付けが珍しく多かったので、あまり驚いた減り方でなかったのですが、既に4月分のTaxは引き落とされていることにショック。IRSって戻ってくるのは遅いですが、引き出しは即日ですね。脱帽です。


そして詳細を追っているとあることに気がつきました。


「International transaction fee: $7.98」


ふーん、送金手数料、$45とか言っていたのに随分割安にしてくれたんだなぁ・・・。


「International transaction fee: $3.45」


あれ?またチャージされてる?何だ、この金額は?


「International transaction fee: $12.65」


「International transaction fee: $4.98」


「International transaction fee: $7.98」


おいおいおい、この小銭稼ぎは何???まさか、私が使ったカード額ごとに請求されてるの??


思わず、某大手銀行へ電話。事情を説明すると、


「あ~それはですね、昨年の12月から適用されました手数料で、海外で我々のカードを使われますと、3%の手数料がそれぞれのトランザクションで掛かるんですよ。」


さ、さ、3%も!!!それじゃ、カードで買った意味が全くないじゃないですか!と激怒すると、「規則は規則ですから・・・。」との釣れない返事。


円安でホクホクしながらカードで買い物していた自分が情けなくなりました。


これってここの銀行だけなのか?と問い詰めましたが、「うちの銀行はそうですが、他の銀行は知りません。」とのこと。Noticeもいつも送るステートメントと一緒に送ってました、ときっぱり。そういう都合のいいことは、何でもこそっと通達だもんなぁ~。前回の見覚えのない請求にしてもそうだし、もうここの銀行とは取引、やめようかしらと真面目に検討。


それにしたって、海外でクレジットカードで買い物+3%手数料なんて何だか納得いきません。


皆さん、お気をつけください(涙)。

【2006/04/26 18:05】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本のお風呂

日本のお風呂がある家を近日中に売りに出すのですが、いかにこれをよく説明しようか、試行錯誤しています。それから、ウォシュレット、この家には近づくと蓋が開く!という画期的なものがあるのですが、これもどう説明しようか、頭を悩ませています。


でもきっと、シアトルのアメリカ人ってこういうの、好きそうなのであまり心配していませんが。


お楽しみに!

【2006/04/25 23:00】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ある夫婦の会話

今日、とあるところにお邪魔したら、


「もうすぐ結婚記念日じゃない!何か予定してるの?」


「は?あ、そうですね。忘れてました(本気)。」


というわけでもうすぐ結婚して1年か~と夫にそのことを言うと、


「は?あ、そうですね。忘れてた(これも本気)。」


そして今回の日本でも案の定、「一度たりとも」二人でどこか食事に行かなかった記録、これで2回目という不思議な夫婦ですが、久しぶりに今日は近所のタイ料理屋に食事に行きました。


夫は職業柄、メニューを本のようにむさぼり見るのがお決まり。その間、私はそこら辺の新聞を見たり、カウンターからぼけーっと料理人の手さばきを見てたり・・・。これもいつものこと。


「あのさ、今まで一番孤独な食事ってしたことある?」と私。


「・・・・。俺って一人でご飯食べるの、好きなんだよね。東京にいたときも高級レストランとかでコース料理を一人で注文して食べてたし。」


「ふーん。やっぱりあなたって変わってるのね。」


いつも私の質問に「的確に」答えない夫の返事、そしてその後、私に質問してこない会話の途切れにも段々慣れてきました。


ま、一応これでもうまくやってます。しかし、私の母からは「旦那さんを大事にしなさいね。あんないい人、いないんだから。」と、父は「S(夫)君は可愛いよな~。おれはあいつが大好きだ。」とケンカでも匂わせたものなら、私が100%悪い、という体制です。


最近は仕事が忙しくて、夫が掃除、洗濯、食事から家のことを全部やってくれるので、すっごく助かっています。


で、お疲れさん!という意味で今日の食事だったのですが、今気がつきましたが、結局夫が支払ってました。あはは。夫婦なんてこんなもんです。

【2006/04/24 23:41】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年もまた・・・・

「まりこさん、うそつきなんですから!もう!」


はい、確かにそう申していました。去年の夏に会ったお客さんに


「今そんなに急いで買う必要がなければ、この時期はすごい時期ですから避けた方がいいですよ。そうですね、秋とか冬だったらベストです。」


そして再度、お問い合わせを頂いたのが今年の2月。うーん!ちょっと春価格が動き出している頃でどうかな~と心配していましたが、


「まだ大丈夫だと思います。がんばって探してみましょう。」


しかしお目当ての物件が中々出てこない。うーん、うーん、おかしいなぁ。人気物件なのでいつも1-2件は数ヶ月の間に上がってくるはず・・・。


が、しか~し!全く価格帯が外れていました。去年、最後に見たときは280Kだったタウンハウス、多分半年経った今、出てきたとして300K、ま、どんなに跳ね上がっても320Kくらいでしょうか?


なーんて筒抜かしていたら、ガーン!340Kにまで上昇していました。全くの想定外!


330K以下でずっと探していました。お客様のご予算が300Kだったので、まさか350Kまでは引き上げてみていませんでした。


もう最近、こんなことばっかりです・・・。


訂正します。


今年のマーケットもすごいです。ごめんなさい。

【2006/04/23 23:38】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Townhouse、売り出しました。

 


シアトルにタウンハウス、売り出しました!



 4_Aya_Kitchen.jpg 2_Aya_Living.jpg
  
3階建てのサンフランシスコスタイル、3ベッド、3バス付で、全室スイートといいまして、個別のBathがついております。 場所は最近急上昇で人気エリアのCentralエリア。Seattle Downtown, UWまで車で10分圏内。バス便も豊富です。その他、Seattle宇和島屋まで5分、I-90、1-5までもすぐと、立地条件が最高です。お値段もこの仕様ではお買い得な価格。投資物件としても最適です。どなたかご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ご一報ください。よろしくお願いします。

【2006/04/22 18:50】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
何となくよみがえった感覚
昨日、お客さんにタウンハウスをご案内していたとき。

「うわぁ~広いですね。日本の家だったら考えられないですね。」
「すごい!玄関、広すぎてもったいない~。」

お客さん:「・・・・。」

思わず、普段お客様が言う「こういう感覚ねっ!」と納得。どれを見ても広い、という感覚がよみがえった瞬間でした。
【2006/04/21 20:14】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Lynnwoodでスンドブ
今日は木曜日ですが、私にとっては月曜日。やる気満々で仕事に出ましたが、午前中の仕事で既に力尽きてしまいました。体力が落ちたなぁ!Everettに行っていたので、帰りにLynnwoodの韓国レストラン街を散策、気に入った店があったのでほいっと立ち寄りました。

2時前の店内は既に客が引けたモード。店員がちょうどお昼を食べているころに立ち寄りました。

腹時計はすっかりシアトル時間に戻り(早い!)くらくらになりながら店内へ滑り込むと、なんとお目当てだった「キムチRamen」が置いてないとのこと。何だかあの安っぽい即席ラーメンがどうしても食べたくて思わず店を出ようかと思いましたが、そんな気力もなく、定番のスンドブを頼みました。

しかし、これが結構おいしかった。ものすごい勢いで食べている私に店員がチラチラ視線。そういうときだけおちょぼ口。食べていたらすっかり気分もよくなりました。

参ったなぁ、お腹が空くと気分が悪くなってしまった癖。どうもこの不規則な職には合わないようで今から困っています。

健康生活から体が「戻りたくない~」と拒否をしているようでやっぱり無理は禁物と今日も足早に引き上げました。

ちなみに今日見た3件のうち、2件はオファーが入っており、いささか帰国後よりもぐらたたきで困っています。

今年のマーケットも手ごわそうですよ。
【2006/04/20 21:05】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
復帰?出来てません!
長い休暇から目覚めました。皆様、音信普通になったりと色々とご心配をお掛けしました。

3食上げ膳据え膳の生活から一転、この歳で、多少ホームシックにも掛かり、自宅近所の町並みを見ても「外国に居るみたい・・。」と訳のわからぬことを夫につぶやいたりとしていました。

しかしながら、友人から夕食にとお弁当を届けてもらったり「おかえり~」の伝言、お客様からのEメール、アシスタントから泣きそうな?「お帰りなさい~!」の歓迎、それから裕花と文太より、約1分の熱烈な歓迎を受けて、何となく戻ってきたという感覚と時差ぼけが入り混じって、今はガンガンの夜1時です。

日本時間、そろそろ夕方5時。実家では約1時間後、夕飯の時間。私の腹時計も正確に脈を打っており、夫の制止を振り切り、バナナにかじりついています。

いやぁ、規則正しい生活って素晴らしいです。

明日から仕事復帰です。やることがたっくさん山積です。徐々にウォーミングアップしていきたいと思います。
【2006/04/19 23:36】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
まだ覚えてる?
何だかんだと毎日都心へ出かけています。ちょっとした移動に実家から都心へ1時間。シアトルでは考えられない時間ですが、段々慣れてきました。

毎回帰るたびに地下鉄やら電車が増えていて、もう昔のように、どこへ行くのに何が一番早い、とか上手な乗り換えをしたつもりが、駅が新しくなっていて迷ったりとしたので、面倒になるとすぐにタクシーに乗ってしまいます。

女のタクシー一人乗りは気をつけろ!とよく言われますが、道路はそんなに変わっていないので、何となく、未だ都心の道を覚えているのがうれしかったですね。その昔は仕事が終わると家に帰り、都心をグルグル運転するのが一番のストレス解消でした。

この間巣鴨で飲んで、北千住にタクシーで戻ったときには、思わず運転手さんを誘導、昔17年も住んでいた北千住の街並みを通ったときは、懐かしくて興奮してしまいました。

「昔、ここに住んでいたんですよ~!変わってないなぁ!」

でも、駅員さんにはあたかも観光で来たかのように「四谷へ行くにはどうしたらいいですか?」とか聞いてる自分が情けなかったり。

昨日はその古巣の四谷で友人と優雅にイタリアン。もう15年も店をやっていたにもかかわらず、昨日友人に紹介されるまで知りませんでした。昔、勤めていたころ、四谷の飲み屋、レストランは全て行ったと自負していたのになぁ~!

今から母と近所のモスバーガーでランチです。ふふふ。



【2006/04/14 12:38】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大イベント終了

久々の更新です。


結構時間が余るかと思っていましたが、出かけたり、遅くなったりと中々マシンの前に座る時間がありません。こんなもんですよね、休暇って。


今回のメインイベント、弟の結婚式も無事終わり、何となくほっとしたような、気がつけば後1週間で帰国。日本に帰ったらあれもこれもって思いつつも、その半分もこなしていないような気がします。


しかし、結婚式っていつ行ってもいいものですね。幸せオーラがいっぱいでこっちまで幸せな気持ちになるってとても素敵なことだと思いました。今の時代、嫁にもらうとか、行くなんていう言葉がふさわしいのかわかりませんが、やっぱり家族が増えるというのはいいものです。


写真は新米小姑と可愛い妹、それから新米姑です。久しぶりに来た着物には慣れずに参りました。でも少しだけ日本人の気分を味わえました。お嫁さん、可愛いでしょう~!今となっては手前味噌ですが、私より10も歳が離れているので、まさに「若さと美貌」。妹というより、既に世代が違うので何だか特別な存在です。


次の写真は、一瞬冷やりとした瞬間。お嫁さんのお父さんが、うちの弟へ殴る振りをして、いきなり固い握手をした瞬間でした。いやぁ~お父さん、冗談に見えなかったですよ~。


Yome-kojuto.jpg  Wedding.jpg


そして、最後のお決まり、お嫁さんがご両親に当てた感謝のお手紙ではやっぱり涙・・・。一人娘で大事に、大事に育てられてきたので、私のように「早く落ち着いてくれ!」と祈願されて嫁に出されるよりも、「こんなに若く、早くに行ってしまうのか!」というご両親の気持ちを察すると、何とも言えない複雑な心境になりました。


しかし、結婚式で弟の紹介をされてびっくりしたことがたくさん。あのようなものは多少、色をつけて話すのでしょうけれど、姉としても全く知らなかった事実があり、ちょっと見直した、というか、「え?ホントなの!?」と思わず、親と目を合わせ、「ウソ?ホント?」と確認するほど。


その一:会社期待のホープであること。ま、これはよくあるリップサービスなので適当に流していましたが、営業成績がトップで社内で一番大きなお得意様を任されているとのこと。


社長さん、だ、だ、大丈夫ですか~???


その二:小学校時代、野球で2年連続都大会出場、優勝経験あり。


いやぁ、いつもいじめられて泣いてばかりの小学校時代しか印象がなく、全く知りませんでした。


その三:大学時代、スノボサークルを自ら設立、部長を務めていた。


え~!?人に甘えてばかりかと思っていた弟が、リーダーシップ!?考えられません。しかもスノボで骨折とかしていましたから、何だか「部長」というイメージが全く浮かびませんでした。


ちなみに事実関係を親と確認しましたが、二の野球都大会優勝は事実とのこと。後は


母:「さぁ~どうかしらねぇ~。部長ですって!?信じられない。」


というわけで、甘えん坊の泣き虫な弟だとばかり思っていましたが、こうして知らないうちに大人になって、お嫁さんももらったんだなぁと実感。


弟の晴れ姿を見られて安心しました。近くにいたら、もっと色々な話ができたのになぁと・・。やっぱり家族っていいものですね。

【2006/04/11 23:59】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
無事到着しました。

搭乗10分前まで原稿書きを済ませ、担当者へギリギリUp!便利な世の中になりました。


機内では「Memory of Geisha」を3回も見て(英語、日本語版、英語)何とか乗り切りました。結局一睡もせず到着!


父に迎えに来てもらい、実家で湯豆腐、肉じゃが、かつおの刺身を頂き、ふぅ、お腹いっぱい。


でも今、まだ8時半。また朝の4時に目が覚めそうです。


実家へ帰省後、笑わせてくれたのが母。いきなり背中に


「Punk Rock Girl」


と書いてある黒のジャンバーを着ていて、荷物運びを手伝ってくれているそばから、爆笑してしまいました。当の本人は700円で買ったジャケットだから、本当はお父さんのだし...と言い訳しているところがなんとなくかわいい。


それからまた母が部屋に来て、


「これ、まりが来たらあげようと思ってたのよ。」


と小さなアヒルのぬいぐるみのボタンを押すと。。。。


♪ヨークカンガエヨ~オカネハダイジダヨ~♪アフラック、アフラック


と鳴くマスコットを手渡されました。それにも大爆笑。いやぁ、これマジメに今の私に大事だわぁ~としみじみ。


うちは関東ですが、いつも容赦ないツッコミとボケで、時差ぼけもすっ飛ぶくらいのおかしな漫才家族なのですが、今回は小物作戦と来たか~!とやっぱり家族はいいものですね。


でもボケに味をつける弟が既に家を出ているのでなんとなく寂しい気も・・。


アナログでも最近は使う人がいなくて空いているのか、ネット環境も心配するほど悪くなかったです。というわけで、こちらでもBlogのUpができそうです。お楽しみに!

【2006/04/06 03:12】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
明日、出発?
出来る状態ではありませ~ん。忘れ物しそうです。
【2006/04/04 23:56】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
見つかりましたが・・・

見つけました、地元のホットスポットが使えるカフェ・・・。


早速お店へ電話。24時間やっていたんだから、今朝の時点で連絡すればよかった、なんて思いつつ・・・。


しかし今の店員との会話で一抹の不安が。


店:「ありがとうございます、○×カフェ、担当△★が承りました。


え?いきなり過去形??ていうか、まだ私質問もしていませんが。ま、私も他人の日本語を言えたものではありませんので気にしないことにします。


私:「あの、お宅にはホットスポットってありますか。」


店:「・・・・・。ホットスポットとは何でしょうか!(受話器の向こうは絶対笑顔)」


え?せっかく日本語で「ホットスポット」というものを見つけたのに、どう説明すればいいのでしょうか??ワイヤレスアクセス??WIFI?じゃなくて・・・・。


とりあえず、自分のラップトップを持ち込んでそちらでインターネットのアクセスができますか?ということを説明すると、できます!(きっぱり!)とのこと。


ほっ。それじゃ、私のマシンは既にネットワークカードがワイヤレスで入っているので、そのまま特殊なカードとか持ち込まなくても大丈夫ですね?と念を押すと、


店:「・・・・・。あの、ワイヤレスとは何でしょうか!(受話器の向こうは絶対笑顔)」


絶句・・・。ワイヤレスって日本語でもだめでしたっけ??


私:「えっと、無線LANでしたっけ??うーん、何だか違うような・・あのですね・・・」


と言いかけたところ、


店員:「あ~はいはい、わかりました、Windownsではなくて、Macのことですね~!Macも使えます。」


いや・・・そうではなくて・・・。


店員:「あ!わかりました、わかりました。はい、あのUSB接続がありますので、お貸ししますよ。その方がパスワードを大文字と小文字、間違わなくてすみますから。」


も~何を言っているのか、日本語でも全くわからなくなりました。


なので大丈夫なんだと思います、多分・・・。やっぱり不安・・・かな。

【2006/04/03 19:41】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ホームラン!

Mukilteo、即日完売!


前回、Sammamishの売り出しのとき、少し無理をしたのを反省(結局売れましたが、締め切りギリギリまでオファーが来なくて、ちょっと危なかったのです!)。


今回は少し慎重に、それでもお客様には「そんなに高くて大丈夫ですか?」とおっしゃっていただきましたが、いざ蓋を開けるまでは本人もドキドキです。


さぁ、吉と出るか?


マーケットに出した土曜の朝、遅い出足に少しだけ不安になりましたが、いきなり1本目の電話で「オファーを書きます。」よしきた!


その後は電話が鳴り止まず、夜の9時まで追いかけられて、今日はFaxの嵐、結果、5つものオファーを頂くことになりました。


皆さん、本当にありがとうございました!と思わず並んだオファーを見て大感謝。


でも前回のKirklandの件もあってか、心底喜んでいらっしゃるお客様とは反面、やはり引渡しになるまでは気が抜けない、しかも私は明後日から日本・・・というのもあり、何とか無事に済んでくれることを祈るばかりです。


ところで・・・日本へ出発直前に重大な問題が発覚。


なーんと、既に引越しをしてしまった弟がハイスピードアクセスをバッサリ解約、自宅にはアナログ回線しかないことがわかりました(号泣)。


慌ててワイヤレスカフェなどを検索。しかし「ネットカフェ」といって、予め店のコンピュータを貸し出してくれるところはありますが、自分のラップトップを持ってワイヤレスで繋げられる環境は皆無??なんですか???


え??日本ってそういうのが進んでいるかと勘違いしていました・・。


それから、今朝の重大問題発覚。


「あああああああああああ~!」


と夫の叫び声にびっくり。今日からなんと夏時間でした。私もその後、力なし気に


「あぁぁぁぁぁ~~~・・・。」


頼まれごとをしていたのにすっかり間に合わず・・・。これってアメリカに住んで6年目ですが未だになれないことのひとつです。


ちなみに・・今晩も2軒先のアラームが近所中に鳴り響いています。今日戻ってくるって期待大だったのになぁ~。ホント、勘弁してください~。

【2006/04/02 22:44】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
何のためのセキュリティ?

昨日の夜。夜中の10時過ぎにどこかでアラームがなりました。というか、かなり近くで・・。思わず私の車かと思い、ガレージを見ましたが大丈夫。誰か不審者がいないか、家の中から犬たちと覗いてみますが、全く気配なし。


何だか気持ちが悪いので戻った主人に話をしていたところ・・・・


「ヒューン、ピューン、ヒューン、ピューン~」


あ!ほら、また鳴った!これが約3分くらい続き、ピタッと止まります。目覚ましより強烈なのは確か。


そしてなんと、夜中の2時、5時、朝の8時と3時間置きに鳴るではありませんか。


おかげで昨日は寝不足。そして昼の11時すぎ。また鳴っているのを最後に私は仕事へ。


そして・・・・まさかのまさか。今は夜中の10時半。また鳴り出しました。


ちょっと今日も安眠を妨害されると思うとうんざり。もう、いい加減にして欲しい!と思わず、主人に見てもらったところ、なんと鳴っていたのは車ではなく、家のセキュリティアラーム。


何となく様子からその家は留守にしているようなので、看板にあるセキュリティ会社に連絡。お得意のたらいまわし、ていうかこれが緊急事態とかだったらどうするの?と思うくらい手際の悪さ、その挙句、


「暗証番号がないと何もできません。」


絶句。番号なんか知ってるわけないでしょう?


「お友達じゃないんですか?」


はぁ~?お友達とかそういう問題以前にとにかくアラームが鳴ってるんだから見に来た方がいいんじゃない?といいましたが、暗証番号を教えてくれないと誰も人を寄こせないとのことです。何か不審者を見かけたら、911で警察をしてください、とのこと。


まったく、何のためのセキュリティ会社なんだか・・・。そして、911へ連絡。


「あぁ、その家ね。昼間同じようにレポートがあって警察が行ったんだけど、特に何もなかったのよ。でも今からまた見に行かせましょうか。」


既に近所の誰かが通報したらしい。そりゃそうです。ホント、小さなお子さんとかいたら大変ですよ。


これってセキュリティ会社の仕事じゃないんですかね?といったら、そうよね、こっちも迷惑みたいなことを言っていました。


警察も大変ですよね。


「今からパトカーが来てくれるって。」


といったら、やけに楽しみにしている夫。今、リビングで犬たちと、今か、今かと待って15分。


この間に人が何人殺せて、一軒家の家財道具、ぜーんぶ持っていけちゃう時間。


「おまわりなんか、来やしないじゃないか~!」


はぁ~、どちらも期待できません。やっぱり自分の身は自分で守る、アメリカです。皆さん、セキュリティを過信しちゃだめですよ~。

【2006/04/01 22:37】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記