home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

次!Next!
昨日のオファーは色々と弊害があることがわかり、キャンセル。次!次に行きます!そう、不動産は切り替えが命。そうこうしている間にHuntingは滞ることなく、常に進んでいるのです。

-----------------------------------------
1/31/06のマーケットウォッチ
New On the Market 新しい売出物件:514件
今日売れた物件 SOLD:380件
(380人のエージェントさんの給料日でした!)
Pending 契約中物件:484件
-----------------------------------------

今日、たまたま初めてお電話でお話したお客さんで「もう、マーケットがすごくて1年以上、躊躇していたんです。」とご相談を受けました。最近、そういうお客様からの問い合わせが多くなりました。

誰でもプッシュされるのは嫌ですし、何もわからないままこんなに大きな買い物を決断できないですよね。

これってやっぱり私たち、エージェントの責任でもあると思います。「買いなさい!今が買いどきです!」と言う前に、どうしてそうしなくてはいけないのか、どういった裏づけがあるのか、やっぱり時間を掛けてご説明して、わかっていただけなくてはいけないのだと思います。

そうしないと、膨大な時間とお金を無駄にさせることになってしまうし、100%納得して買えずに結局後悔してしまう・・・ということになってしまいます。

たまに私が説明する以前に理解の早いお客様もいらっしゃって、

「もういいよ、次に行こう!時間ないから!」

とおっしゃっていただける方もいます。今日はそういう電話もありました(汗)。実は先週から動いていた、例のプレゼンテーションをしたオファー、まだ交渉中です。私と私のお客さんであるBuyer、それから相手側のAgentは既に合意というか、かなり乗る気なのですが、肝心なSellerさんだけが首を縦に振ってくれないのです。

というわけで、今回のカウンターバック(交渉のやり取り)が通らなかったら、これも次!はい、次へ行きます!
スポンサーサイト
【2006/01/31 22:11】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久しぶりのヒット
今日、お客様から「この物件が見たい」リストの中で一つ、光ってる物件を見つけました。写真がまだないのですが、場所、広さ、売値からしてかなりよく、何となく気になったのでお仕事が終わってから来て頂き、帰宅渋滞の中、行って参りました。

エージェントに連絡すると案の定、水曜日にオファーをレビューするとのこと。

その時点でエージェントの訪れた数、約12-13名ほど。カウンターにおいてある名刺を眺めながら、この中で誰がオファーを書いてくるか、そしてどんなオファーが来るか、色々と妄想していました。

場所はイーストサイドのとある人気エリア。フリーウェイのアクセスもよく、3ベッド+地下室付き、タウンハウスですが、珍しい2つのガレージ。それでいてお手ごろ価格ともあって、さぞかし人気が殺到するでしょう。

週末も作戦会議の結果、結構いい物件がお客様のもとに届けることが出来ました。最近、ちょっと戦略を変えてみたんですが。これは次回、お話しますね。

ということで水曜日まで時間があるので色々と今から作戦会議です。はい、いつものようにあれやこれやと一人でシュミレーションします。寂し~!
【2006/01/31 15:01】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ご利用は計画的に。
1月ももうすぐ終わりです。今日は中国の旧正月でした。レストランに入ると大勢で食事をしている家族が多かったと思います。そういうのを見ると、何となく家族が恋しくなります。うちは何かあるとすぐに親戚一同集まっていたので、こちらでたくさん家族がいらっしゃる方はとてもうらやましいと思います。

ところで、話は変わって最近流行っているローンのこと。Option ARMといってよくテレビで金利1%なんて宣伝しているものですが、ご存知ですか。アメリカでは平均住宅金利が約5-6%、そんな中での1%はかなり魅力的です。

これにはからくりがあって、段階的に支払い総額が数年間のうちに上がってきて、期限が切れると一気に月額が上がってしまうもの。

例えば、200K(2000万円)借りたとして、1年目は600ドル、2年目は700ドルというふうに上がっていきます。大体、5年間くらいはいわゆる「ゆとり返済」が出来るのですが、例えばコンドミニアムなどに住む人たちは大体2-3年のうちに引越しをするので、短期で廻したい方には、かなりお徳です。

当初は投資家がよく使っていた「危険なローン」として有名でしたが、今ではほぼ一般にも商品化され、欠点を理解していればさほどリスクがなく借りられるようになりました。

これの魅力は何といっても支払い額。先ほどの同じ200K借りたとして、30年ローン固定だと、月々の支払いが900ドル~1000ドルはするものの、このオプションARMだと、多分500-600ドル。約半額になっちゃいます。

この間、チラシを見ていて1,000,000ドル(1億円)のローンがこのローンを使うと、月々約3000ドルくらいで組めちゃうなんて書いてありました。上の計算から行くと考えられますよね。思わず、3ヶ月くらいだったら貯金はたいて、住めるかなぁなんて考えてみたり。

しかし、日本では金利が本当に2-3%くらいだから、別に特別な話じゃないんですよね。あぁ、日本でお金が借りられてこちらで買えたらどんなにいいことやら・・・!

ま、お決まりのセリフですが「ご利用は計画的に。」です。
【2006/01/29 18:01】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
あぁ、日本に帰りたい
このためだったら、飛行機代を遣ってでも帰りたい、って思う瞬間ってみなさんにはありませんか?

朝のニュースをチェックしていたときに飛び込んできた広告です。これを励みに今日も仕事、がんばります。
【2006/01/29 05:34】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
脱出成功!?
今日、Capital Hillのとあるタウンハウスをお客様と一緒に観に行きました。例のごとく、あの周辺は駐車場がなく、また路駐も一杯でいつも困ってしまいます。タウンハウスは空き家だから、その物件のガレージに止めてしまおう!と決めたはいいのですが、なんとその物件は前列、後列あってその後ろ。

嫌な予感がしつつも、そのまま脇の長いドライブウェイを進んでいくと、ありました、ガレージが。

しかし面倒だったので(この時点でこの物件は×)取り合えず、玄関の目の前に横付けしました。

そして出るとき、何となくてこずりそうだったので、物件を見ているお客さんを後に、先に車を出せるようにしようと試みました。

こんな長いドライブウェイを、しかも90度、曲がりくねったりもしたので、後進で無事に戻れる確立は低いと見て、泣きを見る前にガレージに一度、車の頭を入れて、Uターンを試みます。

が、入りません。というか、ガレージに入れるだけで一擦りありそう・・。ここに住む人たちはどうやって入れるのだ!?と心配しつつも、仕方がないので来た道をそのままバックしました。

来た道とはいえ、ゆっくり後進しながらの、なが~い長い、ドライブウェイ。車が小さくてよかった、運転が好きでよかったと思った瞬間。

で、気がつくと車を無事に出すことに夢中で、すっかりお客さんを部屋に置き去りにしていました(恥)。
20060128230108.jpg

【2006/01/27 18:45】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱり恥ずかしいかも。
ご存知の方も多いかもしれませんが、今月より私の新聞広告が変わりました。いやぁ~全身写真がドバ~っと半分飾っていて、思いっきりの作り笑顔!

今日友人からメールが来て「びっくりしました!」って言われました。びっくりしますよね・・・。私もやっぱり知ってはいたもの、びっくりです。恥ずかしいです。

というわけでこれは今月のみの特別版ということにし、来月からはまた小さく載らせて頂きます。(ほっ。)
【2006/01/27 15:40】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
やっぱりそう来たか・・。
昨日の続編。

かなり真剣に私たちのオファーを受け入れていただいたらしく、実はSellerさんが私が調査した物件を全部今日廻ってきたらしいです。Agentさんもびっくりしていました。(私もびっくりですが。)

で、出た結論が少しの譲歩はあったもの、こちらとしてはまだまだまだ。うーん、相手もなかなか。ここはワンクッション置いて一呼吸。

しかし、一昨年2004年に買ったばかりで42%の値上がりはないっしょ!?というところなんですよね~、市場がどうこうより(苦笑)。

何でこんなに高くなっちゃったのかなぁ。
【2006/01/26 15:43】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オファープレゼンテーション
今日はオファーをプレゼンテーションするときのお話をします。

これは直接、売主や売主のエージェントに契約書を持参し、「どうかこのオファーのご検討を!」など、その契約書を書くに至る経緯を相手側に直接訴えるときにします。

この場合2通りあって、1つはたくさんのオファーが同時に来ていて、その中でも目立ちたいとき、2つ目は値段を下げるとき、このどちらかだと、最近私は思っています。普通に書くのであれば、ただのFaxでも充分です。

ですから、前述の場合、売主側はワクワクです。大抵は売主が喜ぶような条件ばかりを並べて、「さぁ、どうですか!」となります。

結構これって効くんですよ。やっぱり熱意が一番感じられたものに人は動きます。もう少し何とかしてあげようかなって思うものです。

それとは逆に後述、つまり値段を下げたオファーを持っていくとき、もちろん売主側もあまりおもしろくはありません。当然最初から聞く耳を持たないときがほとんどですから、「はい、ご苦労様でした。(顔洗って出直してきてください。)」というのがほとんどです。

で、今日は実はこういう類のシチュエーションで、つまり、誰からもオファーが入っていなく、しかもマーケットに出たばかりで、思いっきり売値から下げたオファーを引っさげて行って参りました。
多分、そのままFaxで送ったらゴミ箱行きくらいにすごいやつです。

特攻隊になった気分で、その作戦を昨日からずっと考えていました。

いつも私が逆の立場として受け取ったとき、大概相手側のエージェントは「言い訳体勢」になります。だって市場がこうだから、最近ここよりいい物件がこのくらいで売れたから、極めつけは、他にも興味があったけど、あえてこちらを買ってあげる・・・だから、あなたの物件はこれくらいだ、と最初から決め付けてしまうのです。

これでは相手は、そうか、うちはそんなに悪い物件だったんだと思うどころか、ますます意固地になってしまいます。

特に対エージェントとなると、本人もプロ、百も承知でわかっていることなので、いきなり口が貝になってしまいます。

でも、今日私がさせていただいたプレゼンテーション、そうなることが大想定されていましたが、全く違う展開になりました。

まず、相手側のAgentが最初から盛り上げてくれて
「さぁ、マリコがこれからパフォーマンスをしますよ!是非ご鑑賞あれ!」から始まりました。多分、幾分緊張している私に気がついた相手側のAgentさんの心優しい計らいだったのかもしれません。

Sellerさんもリタイヤされた老夫婦でとても優しく接してくれ、調子に乗った私が話し始めました。

この物件に出会う前の馴れ初め!?から、Buyerさんのこと、どうしてこの物件が気に入ったか、その間、うれしいことにSellerさんはメモまでしてくれており、たくさんの質問もされ、さていよいよオファーを披露する瞬間。

まずい、こんなに盛り上がっておきながらここでさぁ~って引くかもしれないなぁ・・・。

と不安がよぎりましたが、

「というわけで、こんなに盛り上がってしまってこれを見せるのが嫌になってきましたが(笑)、だからといってそのまま帰るわけにも行きません。私はあなた方をがっくりさせるために今日、来た訳ではないのです。」

ここまで言うと、相手も相当悪いオファーを持ってきたなぁ~と構えていました。

見た一瞬の沈黙がありましたが、Sellerさんが真顔でこう私に言いました。

「私も今まで生きてきて、こういう取引の場を踏んできたつもりです。そして私は2つの種類の取引があると気がつきました。1つは自分の条件を押し通そうとする取引、そして2つめはバランスよく双方が譲り合える余裕がある取引。で、当然後者の方が成功する確率は高いです。そういうことをわきまえて、ここに臨んでくるのと、何も考えないで来るのとでは既にスタートから、差が出ているのです。」

私は心臓をバクバクさせながら、で?私のはどっちなのだろう?と頭の中で、ぐるぐる考えを巡らせました。まずいなぁ、すべったかしら!?

そこで尽かさずエージェントが、
「でも、すごいきれいなオファーよ。ありがとう。ちょっと手直しがいるけれど、検討させていただきます。」

「そうだね、僕もこの君が上げてきたレポートの物件を再度足を運んでみて、どうしてこの値段をつけてきたのか、再検討してみるよ。」

涙が出そうなくらい感動しました。こんなことを言ってくれた人は初めてでした。絶対に途中で雲行きが怪しくなると踏んでいたのですが、終始おだやかな時間で幕を閉じました。

「また是非お会いできるのを楽しみにしています。」

最後にしっかりお礼をいい、その会社を後にしました。

プレゼンテーションって相手にきちんと伝わってこそがナンボなんだなぁと改めて痛感しました。

そして、会社の留守電にうれしいメッセージが。

「明日、こちらから再度条件を検討したものを送らせていただきます。何とかあなた方の希望に近づけるよう、こちらも努力します。」

たまたまオフィスに戻ったときに聞いたメッセージ。あれだけ携帯に連絡してって言ったのに・・(笑)。終始落ち着かない夜を勝手に過ごしていました。でも寝る前に聞けてよかった。

ま、これで成立したわけではないのでまだまだですが、何だかあまりにもトントン拍子で驚いています。何とかうまくまとまるといいなぁ。

これからは「余裕を持った取引」に心がけようと誓いました。
【2006/01/24 23:36】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬ってエライ!
裕花はいつも私がマシンに向かって仕事をしていると、こうしてやってきては足元で待ちくたびれたかのように寝ます。

何となく私もなごむというか、可愛い寝顔を見て「明日もがんばろ。」って素直に思える瞬間です。
Yuka-sleep.jpg


でも犬ってエライですよね。今日散歩に連れて行かなかったからってスネないし、餌を上げる時間が遅くなったからって手を噛んだりしないし、いつもじっと我慢をして、私の帰りをけなげに待っていてくれます。

私も少しは裕花のことを見習わないとなぁ・・・!
【2006/01/23 23:07】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
コンドミニアムのすべて
セミナー、おかげさまで終わりました。毎度のごとく、会場に施錠がかかっていて、今日は朝の8時から鍵を開けるよう連絡をしていたのに、セミナーが始まってからセキュリティが来る始末。

運良く一番大きな会議室が空いていて、10名弱なのに40名の会場か~(汗)と友人に会場設定まで手伝っていただき、汗だくになってぎりぎり10時前にセットアップ終了。

今回は準備が遅かったこともあり、ちょっと不完全燃焼。後からあれもこれも~って思っていたら80点くらいかなぁと。次回から気をつけます。

でも、毎回セミナーをやり終えると、自分が一番勉強になっているかもしれません。普段どんなことにお客様が疑問に思うのか、また私は知っているつもりでもお客さんには全く違うふうに伝わっていることなど、色々と考えさせられます。

今日お話した内容は、

1. コンドミニアムってなに?
2. コンドミニアムの魅力
3. コンドミニアムを取り巻く不動産市場
4. 賢いコンドミニアムの買い方、売り方

でした。こうして話していると自分もコンドミニアムが欲しくなって来てしまいます。

やっぱり手入れも楽で、鍵一つ、帰ったら寝るだけ~っていうのがよかったなぁ~と。

毎回来てくれる友人にも感謝、感謝!少人数で和気藹々と出来ました。最後に「買えるようにがんばろっと。」と言ってくれた人がいて、それだけでも私は大満足です。

次回は「幸せな家の見つけかた」です。家を探すときの男女の違い、それから国際結婚をされている方によくある家に対する文化の違いなどなど。

お楽しみに~!
【2006/01/23 16:37】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
出来ました!
今日は昨日の予言通り、ぴったりオフィスに8時イン!しましたね。

さて、セミナーのプレゼン、やっと出来ました。あれもこれも!って増えたり、減らしたり、こういうときって自分でも色々な情報を整理、また再発見できて結構楽しいのであっというまに時間が経ってしまいました。(経ち過ぎですが!)

途中で参加者が増えるメールをもらってまた元気倍増。もうここまで来るとハイパーになってきますが!

でも3時前に終わってよかった・・・!パーティでご飯、ごちそうになっていてよかった。ごちそうさまでした。

明日は楽しみだなぁ~。
【2006/01/21 19:42】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
明日の今頃は一人でオフィス。
現在、夜10時半。帰宅9時。夫に「早かったね。」と言われました。

明日、朝10時~12時、Redmond。
今お客様から電話があり、12時にBellevueで落ち合うことに。
てことは、午前中丸々つぶれる予定。

午後1時から他のお客様と落ち合う予定。ランチをするはずでしたが多分書類にサインを頂くだけで帰ることにします。

この時点できっと3時くらい。

そして夕方はあるお客様の新年会に御呼ばれしていて「まりさんに会いたいって言っている人がたくさんいるのよ。是非来て~。」と言われてうれしくなってやっぱり行く予定。

多分、早くても帰宅が8時。

それからが私の時間。それからが、明後日のセミナーの準備が出来る時間。

きっと帰宅が午前様、今の時点で確定です。がんばりましょう。
【2006/01/21 15:43】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Award ノミネートパーティ?
今日は私が勤めている会社、John L. Scottが主催したパーティに出席してきました。毎年社内で売り上げランクの受賞式があり、去年まではTop 1% Agents「だけ」が招待されていたのですが、今年からその下も招待されることになり、前祝としてそれぞれの面子が揃ったわけです。

一応私も候補にさせていただいており、毎年紙面を見ては「ふむぅ、こういうアクの?強い人が売れ筋なのかぁ~」と自己分析していたので(自分のことはさておき)皆さんに会えるのは楽しみでした。

が、しかし、会場についてみるとそこには200人以上のまさにアクが漂ったAgentが。思わず圧倒されてしまいました。

しかも、席が同じ支店同士ではないため、初対面の人同士で結構疲れました・・。まぁ、とにかくリアルターってご存知の通り、しゃべりますよね?で、相手の声が聞こえないとさらに大きな声でボリュームアップ。会場が広いのでその相乗効果はご想像の通りです。

当初、なぜかこのパーティには市長のGary Locke氏が招待されていましたが、寸前でキャンセル、変わりにCOMO4 TVのSteve Poolさんが来てくれました。

お約束で「今日の天気は曇り、気温は華氏40度、冬は特に天気予報を外したことがないよ~!」とお決まりの挨拶で始まり、その後昼食を挟み、かの市場調査の大御所、Alan Pope様を拝むことが出来ました(笑)。意外と小柄な方でインド系?ぽかったのが意表でしたが、彼のマーケットトレンドはためになりました。彼のサイトはリアルターも頼りにしています。皆さんも是非ご参考になってみてくださいね。

私のテーブルでも何となく毎年紙面を飾っている面子ばかりだったので、思わずミーハー気分で顔をジロジロ見てしまい、苦笑いされて返されたりして。

でも実はこの会社に入って度々こういうパーティがあるのですが、未だに慣れません。ドキドキしちゃって何を話したらいいのかとか、どうやって話を切り上げたらいいのかとか考えてばかり。

まだまだアメリカの社交デビューにはほど遠いです。

来月2月5日、Seattle Timesの日曜版紙面一面に載るはず?です。ウォーリーを探せ!気分で私の写真を探してみてくださいね。

【2006/01/20 13:37】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家が語りかけるもの
昨日の晴天はどこへやら?ひとたび仕事に戻ると、今日も雨が振りましたね。ちょっと気温もまた下がってきたような。今年の冬は暖かいと甘く見て薄着をしていたら風邪を引いた私。皆さんも気をつけてくださいね。

ところで、今日はまたプレビューといって物件の下見。最近はもっぱらMercer Islandに出没しています。目指す先はLake View Property。多分、今売りに出ている全ての家は今日で見終わったことになります。

お客様のご要望で、古い家を壊して新しい家を建て直す、ということでしたのでこの際家の中はどうでもよく、値段、立地、その他条件を吟味すべく、どちらかと言えば外を歩くことが多かったです。

Lake Viewで新しい家を建てるとはいいますが、実際にはほとんどの水際の土地は誰かが所有しており、今更好立地に空き地なんてありえません。

しかし、最近はMercerでも建物の老朽化が進んでおり、こうして古い建物をそのままにして土地代として売る物件も最近は増えてきました。

今日はそんな家をご紹介。

Mercer-1.jpg


これは1918年に建てられた家。古い図書館のような匂いがして私はこの年代の雰囲気が大好きなのですが、入った瞬間、あぁ~これを壊すのはもったいないなぁと感じました。

丁寧に磨き上げられた床、何度も塗り重なった窓枠、それに馴染んでいるアンティークの家具らが、決してこの歴史を揺るがすことは出来ない!と踏ん張っているようで、土地やその他の立地条件を調べに来たはずなのに、何となく家が気になってしまいました。

Mercer-2.jpg


晴れた日はこんな感じで日光浴が出来ます。羨ましいぞ!そこの犬!

次に見た物件は高台の上に建っており、近所は随分と立て直した新築に囲まれ、いささかこの古さが浮いているように思いました。

この家はほぼ壊される寸前で見学もAgentと同行でないと危険が伴うため出来ないそうです。(って家は崩れないよね!?と後で思いましたが。)

「もう充分お役目終了だよ。早くどうにかしてくれ~!」と訴えかけているようで、こちらとしても何とかしてあげたくなりました。

Mercer-3.jpg


私はこうして何か大切なものを常に正しく感じ取れるようにしたいと思います。人が住み着く家や、乗り付く車って昔から言うように、やっぱりそれぞれの相が映る気がします。

気がするだけで、偉そうなことは言えないのですが、例えば抵当流れの物件なんかを見ると、とても哀しい気持ちになります。見たときはわからなくても、後でそうわかると「やっぱりなぁ。」って。

ただ、この上の物件のように本当は幸せになりたいのだけど、誰か助けて!って訴えている家は、やっぱりその後も助けてくれると思うんですね。

だから、大切にここに住んであげようって思っていれば、きっと幸せな家が出来ると願っています。

というわけで、この家にお客様をお連れすることに決定。いやぁ、全部見たけど、最後にいいのがあってよかったと思いました。
【2006/01/18 22:12】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
成長を垣間見た瞬間
今日は久しぶりの快晴!昨日はずっと家で休んでいながら、実は新しい売り出しの準備へと追われていたので、今日は思いきって休むことに決定。やっぱりすぱっと休むのが一番と、一日、好きなことをしようと思いました。

でどこへ向かったかというと、Sand PointのMagunuson Park. 最近は記録的な雨ばかり、中々散歩が出来なかったので、日が暮れるまでずっと遊んでいました。

ここの公園の魅力は、ビーチまで続く散歩道がちょうどいい距離で景色も最高。たまに柴犬にも会うのでそれもちょっと狙っていたり。

しかし、喉がまだ痛いというのに、あっという間に視界からいなくなる2匹に私の方が吠えまくり!?

「ぶんたぁぁぁっ!こっち~!そっちはだめぇぇぇっ~!げほっ!」

と一度は柵を通り越してしまって遥か彼方に行ってしまったときは、かなり焦りました。オフリーシュとは言えども、文太の体では気をつけなくてはいけません。

ところで、裕花は完全に水が嫌いなので、このビーチでは水際でウロウロするばかりですが、何と文太は終始大はしゃぎ。何気に他の犬を追いかけては夢中になり、足が全部浸かるまでバシャバシャと入っていくではありませんか!その瞬間、夫と「見てみて~!文太がっ!」と親まで大はしゃぎ。

しまった~!カメラを持って来ればよかったと後悔しましたが、しっかり携帯のビデオに納め、その後何度も主人と再生してはニヤニヤ。完全な親ばかですね。

でももっと驚いたのが、今日、友人からのメールで「昨日、文太が池かどこかで泳いでいた夢を見たよ。」と書いてあり、びっくり仰天でした。まさか正夢だとは!

裕花ですっかり諦めていたわが子の犬掻き、この夏、文太は本格的に特訓する予定です。

写真は文太と裕花が初めて会った瞬間。裕花が怖くてブルブル震えてたんですよ。今では全くそんな自覚はありませんが。
IMG_0028.jpg


さ、明日から1週間、仕事頑張ります!
【2006/01/17 17:01】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
よろしくお願いします。
今日無事にタウンハウスを売りに出す運びとなりました。

http://www.johnlscott.com/75557

毎回、売り出すときってドキドキしますね。私はアーティストではありませんが、作品を送り出す気持ち、子供も産んだことがないのでわかりませんが、何かを産み出した気持ちになります。特にここは売り出す前の準備が大変だったので、喜びも一入です。

ま、これからが勝負です。早く売れるといいなぁ~。明日とか!(笑)

どなたかご興味のある方がいらっしゃいましたらよろしくどうぞ!
【2006/01/17 11:35】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
最近の強行スケジュール
1/13(Fri) 
9:00 Bellevue Downtownで所用
>>10:00 Officeに戻り事務処理
>>11:00 Bellevueへお客様をピックアップ
>> 12:00 Kirklandでお客様とランチ
>> 1:00 Officeに戻り事務処理
>> 2:00 Mercer Islandで物件ツアー
>> 4:30 Sammamish到着 お客様と物件視察
>> 6:30 Kirkland Totem Lake Area お客様に鍵を渡す
>> 8:00 帰宅 風邪を引いた模様。

1/15 (San)
>>8:30 体少しだるいがメール処理と物件チェック
>>11:00 West Seattle物件視察
>>1:00 オフィスへ戻り、事務処理
>>2:30 Mukilteo到着 お客様とアポイント
>>4:30 Bellevue Squareでお客さんと待ち合わせ
>>6:00 オフィスへ戻り、事務処理
>>6:30 Redmond 売り出す物件の最終チェック
>>8:30 帰宅 ふぅ~お腹いっぱい♪

1/13のハイライト
Kirklandで鍵を渡して、お客様が喜んでくれたこと。旦那さんがチョコレートムースを作って待っていてくれたこと。

1/15のハイライト
Redmondのお客様の家で夕飯を作って待っていてくれたこと。
「まりちゃんにしばらく会ってなかったからね~、ゆっくりしていって。」泣きそうになりました。

というわけで、食べ物ばかりに注目しているようですが、そうではなくて(ほんとか~!?)そうやって気遣いをしてくださるお客様に感謝、感謝です。

というわけで、お客様から愛情いっぱい頂き、今日はもう休みます。おやすみなさい。
【2006/01/16 16:59】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
知らないうちに・・・
Yuka-Bunta-0106.jpg


もうほとんど裕花と文太の大きさが変わらなくなってきました。子供の成長は早いように、犬の成長はもっと早いです。

文太も顔はまだ子供ですが、そのうち勇ましくなってくるんだろうなぁとちょっと寂しい気持ち。というか、顔の大きさは完全に文太のほうが大きいです。(ショック。)
Yuka-Bunta-0106-2.jpg


そのうち、裕花が「私、お嫁に行きます。」文太が「俺、一人暮らし始めるから。」なんて言ったらお母さんは泣いちゃうかもしれません。

って、夫に言うと「お前はあほか。」と言われました。
【2006/01/15 03:55】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
事務的がうれしい瞬間
「もしもし、こちら○×エスクロー(登記会社)です。ご担当になりました売主○△さんと買主◆○さんの契約、登記移転が無事終了しました。おめでとうございます。それでは今後ともよろしくお願いします。」(ガチャン!ツーツーツー・・・)

英語にしますと、

「Hello, this is Ann from ○× Escrow. I just want to let you know that ○△ and ◆○ transaction has been recorded and closed. Thank you and congratulations. I will look forward to work with you again.」

もう各社ほぼ同じ言い方で、もうちょっとひねったフレーズがないものか?と思うほど。たった10秒ほどのメッセージですが、これが気に入っちゃってるから仕方ない。聞いているほんの間、走馬灯のように大変だったことが一気に駆け巡り、その後さぁ~っと軽い脱力感みたいのがあって、そして一気に喜びと達成感がやってきます。たまにガッツポーズもしちゃうことも。

約2ヶ月ぶりの引渡し。すなわち、2ヶ月ぶりのお給料日ですから喜びも一入です(涙)。

なんかもう少し、特に大変だった契約には「おめでとうございますっ!いやぁ~よくがんばりました!大変でしたね、今回は。ホント、無事終わってよかったですよ。」くらい言ってくれても・・と思うときがありますが、相手は自分の役目を果たしただけなので、誰が苦労したかまでは知る余地もありません。でも私はこの、事務的にこなしているクローズメッセージが結構好きになってしまいました。

そして向かう先はお客様のところへ。鍵を渡す瞬間に「おめでとうございます!」

この仕事をやっててよかったって思える瞬間です。

最近はちょっと凝っており、ゴルフ大会で車の景品のように、鍵に大きなリボンをつけて渡したりして、お客さんの反応を見るのが好きになってきました。

会社で渡すと、恥ずかしながら受け取ってくれたり、家に持っていくと子供がパッと奪って行ったりと、いずれにしても大好きな瞬間です。

そして最後にがんばってくれたチームのスタッフにお礼の電話。

「今、お客様に鍵を渡しました。本当に今回も素晴らしい仕事をしてくれてどうもありがとう!またこれからもよろしくね。」

これはもちろん、感謝の気持ちを込めて言います。

でも本当の意味での安堵はお客さんが住み始めて落ち着くまで。それまでに何度かは連絡があります。

昨日も鍵を家の中に置いたまま締め出されてしまったお客様が、私のオフィスまで突然駆け込んできたとのこと(笑)。

うちのアシスタントが錠屋さんを呼んで事無き得たとのことですが、何だか遠いところから一目散に私たちのところへ来てくれる、というのはうれしいものです。

しかし、せっかく入ったお給料ですが、昨日会計士から明るいEメールが届いていました。

「そろそろTaxシーズン到来だね!僕はいつでも準備OKだよ。」

というわけで遭えなく税金に消える予定です・・・。

明日もがんばろっと。
【2006/01/14 13:26】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ビバ!West Seattle!
昨日はお客様とWest SeattleのHigh Pointという新しいコミュニティに行ってきました。突如として出来たこのコミュニティ、West Seattleのイメージを一掃するほどのものでした。

http://www.thehighpoint.com/homesforsale.html

価格帯もダウンタウンシアトルを眺望できるわりにはお買い得かもしれません。今日相手側のエージェントと話してみたのですが、多分あのViewがあって5ベッドの大きな家でもミリオン(一億円)まではいかないのでは??と互いに勝手な予想。まだPermitも取れていない段階なので、いつごろ売りに出すかは不明ですが、要チェックです。

うーん、イーストサイド側から見る、ちぃっちゃなViewでも100Kくらい値段が跳ね上がるのに、それに比べたらきっとお買い得。

ちなみに今、売り出し中の物件は400K前後から。後はコンドミニアムやタウンハウスも隣接する予定です。ビバ!West Seattleです。
【2006/01/12 18:10】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
売り切れ御免!
お、棚から牡丹餅物件!(一度マーケットから消えてまた戻ってきたもの)と思いきや、既に売れてしまいました、この物件。
KirklandのRose Hillにある築1-2年の新しいタウンハウス。3ベッドでこのお値段はかなりお買い得なのです。

Tana-bota.jpg


やっぱりなぁと、あいにく該当するお客様がいなかったので飛びつきはしなかったのですが、もしいたら、絶対に炎の戦場の中へ飛び込んでいたに違いありません。そして今、ヒストリーをチェックしたら驚くべき事実が。

01/09/06 12:47:13 pm Active< Temp. Off Mrkt. 395,000

(1/9/06 12:47:13 pm テンポラリーオフからアクティブへ戻る)

01/09/06 2:37:27 pm Pending< Active 395,000

(1/9/06 2:37:27 pm アクティブからペンディングへ)

え~?たった2時間弱で売れちゃったってこと??

というのもですね、この間にどういうプロセスが行われていたかといいますと、例えば下記のように仮説出来ます。

12:47:13 pm :エージェントがお客様へ連絡。「至急に来てください!」
13:15pm:お客様とエージェント、物件視察。GOサイン、オファーの準備。
13:30pm:買い手>>>売り手エージェントへオファーが手渡される。
14:00pm:売り手エージェントから売り手へオファーが提示。
14:15pm:サインして買い手へ戻す。
14:37pm:双方合意締結。

というわけですが、時間的に考えて絶対にあり得ないほど早すぎます。
多分、お客さんが物件を見ないでオファーを書いたにしても(たまに私もやります(汗))、それでも直接Sellerにオファーを持って行き、その場でサインを迫らない限り出来ない技。

しかも待てばこの物件、絶対にマルチプルオファーといって、複数オファーを競わせることが出来たはずなのに、その場でサインをさせた、ということは、相当強いオファーを持っていった証拠です。

例えば、フルプライスより遥か上乗せしたとか。。と、妄想は止まりませんが、これ、妄想ではなくて、わりと事実に近いと見ています。

はぁ~恐ろしいですね~。でもこれで、どうして私たちが急がなくてはいけないのか、少しだけご理解いただけると幸いですm(_ _)m
【2006/01/12 13:31】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
24時間の使い方
今年、私は戌年の年女です。歳を取ると、どうも時間が経つのが早いというのが口癖になりますが、今年は24時間をどう活用するか、というのが目標になりそうです。

というのも、最近、やらなくちゃいけないこと、これからしたいことを足していったら、どう考えても今のライフスタイルを変えない限り、追いついていけない・・。

皆、平等に時間が与えられているんだから、自分に出来ないことはないんですよね、本来。

というわけで、これからリストアップしなくてはいけないもの。

それは私にとって無駄なこと・・かもしれません。ふぅ。たくさんありそうです。まずは手始めにテレビを見ない!でも大好きなHGTV(アメリカのハウス番組)以外!ということで・・。
【2006/01/10 19:50】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今年初のセールスミーティング
今日は月曜日。今年初めての支店全体会議が朝からありました。

毎月2回行っているのですが、法律のUpdateを主にMarketの状況確認、金利のUpdateなどなど結構情報盛りだくさんな会議になります。

とりあえず年初めともあって今日はかなりの人が出席していました。支店長から昨年の成績が発表され、今年の予想、その中でどうあるべきかを話されました。

「出来ないと思っていると、一生出来ないまま。」

「人生の転機はある日突然やってきます。それに乗るか、乗らないかはあなた次第。乗っても乗らなくってもあなたの責任です。」

支店長がエージェント時代に(この話を聞けるのは結構貴重です。)壊れてばかりのAudiを乗っていて、ある日とうとう坂の上でブレーキが効かなくなり、修理へ出しました。そこで台車だったのがワンランク上のAudi。大きいし、新しいし、それまで乗っていたAudiとは天と地の差。車は無事に治ったもの、2ヵ月後にはその新しいAudiに乗り換えてたとのことでした。

よくある話ですが、彼女が言いたかったのは、これには2通りの物事の考え方がある、とのことです。

1つは、新車なんか買ってしまって大丈夫かしら?今のをずっとつぶすまで乗るって決めていたのに・・・。それにディーラーはそうやってわざといい車を見せつけて乗らせて買わせるのが本意。(←まさにその通りです。)そんな罠にはまってしまうのもおもしろくないわ・・。

2つめは、下取りにして出してもその差額でこれだけのベネフィットを味わえる、新車だから安心、お客様も安心してもらえるなどなど、引き換えに得るものがたくさんある、というところに目をつけたら、そのままディーラーに騙されちゃうのもいいかも。大袈裟ですが人生まで楽しくなった、とのことです。

こだわる事ってある程度とても大事に思えるけれど、こだわりすぎて周りが見えなくなっても困りますね。支店長はそういう視点を今年は磨くようにとのことでした。

うーん、いいこと言うよなぁ。私も頑固だからそういう錯覚に陥りやすいので気をつけないと!


【2006/01/10 01:13】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ペンキって素晴らしい!
昨晩、友人宅で新年会。たこ焼きをたくさんご馳走になって、朝はちょっと寝坊してみたらすっかり元気になりました。そして、久しぶりにお天気もよくて今日こそ、犬の散歩が出来る!と一人で2匹を連れて近くの広場に行ったものの、10分もしないうちに雨がポツポツ。急いで家路につくものの、まだ散歩に慣れていない文太が左右ウロウロ、私がくるくる廻って2匹をほどいたりと、すっかり重労働。2匹散歩って難しい!

そしてまたまた雨の中、物件視察。お客様にこれ!というものだけをご案内見せるよう、予め下見をしておきます。2度手間に思われがちですが、実は私たちの下見って要点のみなのでとっても早いのです。

例えば場所を見ただけで却下とか、玄関入っただけで、あ、こりゃだめだというのがほとんど。写真や説明はホント、大袈裟ですから気をつけないといけません。自分も売り出すときはう~ん!と大袈裟に書くのでよくわかるんです(笑)。ですので、場所、数字、値段のみでほとんど判断をして、実際見てみてイメージ以上だったらお客様にご案内する、ということにしています。ま、これも冬のスロー時期だから出来ることなのですが・・。

ところで今日、マーケットに戻ってきたとある物件。これは一度オファーが入ったのですが、クローズ直前で何か問題があり市場へ戻って来たもの。問題といっても家にあるわけではなくて、買う側が買えなくなってしまった場合がほとんどなため、こういう物件は、「棚から牡丹餅」的に良い物件だったりします。

値段も1ヶ月前の値段で再度載せてきますし(今は2週間置きに値段が上がるので・・)感覚的にも”買い!”と思ってしまいます。

”新しい外壁ペイント、全てリモデルのキッチン、デザイナーズインテリアペイント~”と謳っていたのでちょっと調べたら、数年前にも売りに出ていた情報を発見。こういう情報は、買ってからリモデルしたのか、それとも元々してあったものなのかなど、正誤性を確かめるためには打ってつけです。

でこういうのを見ていておもしろいのが、ビフォーアフター。この家は外壁を塗りなおしているのですがこんなに印象が変わるものかと思わず感心しました。
↓Before
Before-Paint.jpg

↓After
After-Paint.jpg


今の方が大きな家に見えますよね。ついでに植木もすっきりして、より一層外観がさっぱりしました。ペンキって自分でも簡単に、一番安く出来る、しかも一番変化がわかるものなので、アメリカではちょっとしたアクセント代わりに皆、気軽に模様替えしています。

たまに「家は好きだけど、色が気に入らない」というお客様がいらっしゃいますが、こうやって簡単に塗り替えることが出来ますので気にすることはないと思いますよ~。業者さんに頼んでも思ったほど高くありません。お試しあれ!
ハウスボート
日本では寒波が押し寄せていて、例年になく寒いと言われていますが、今年のシアトルの冬はとても暖かいです。しかし、最近は雨が多くてちょっと困っています。運転も知らないうちに肩に力が入っていますし、家を見るときは足場が緩んでいたりと、いつもより注意を払うためか、一日が終わると体が強張っている日が多くなりました。せっかくの景色も半減したりと、結構マーケットにも影響しているように思えます。

先日、あるお客さんがLake Unionにあるハウスボートを見てみたいとのことで、すっかり映画気分でわくわくしながら行ってきました。あの「Sleepless in Seattle」で舞台にもなったところです。しかし、あいにくバケツをひっくり返したような雨、雨、雨。悪いことにハイヒールを履いていた私は、何度かデッキの板の間に「かかと」を取られ、「転んだらしゃれにならない!」と下を向きながら慎重に歩いていました。

House-Boart-Floot.jpg


ところが、お目当てのボートに近づくにつれ、私の体に異変が・・。って大袈裟ですが、知らないうちに酔ってしまったのです。めまいがしてきて、それから頭痛、しばらくして胸がムカムカするまで、何とかボートにたどり着いたときはもう映画気分どころではありませんでした。

そして、肝心なお客様も何と同じく酔ってしまったらしく、「ハウスボードって揺れるんですね~!」というわけで夢はあっさり崩れ去りました。ま、雨の中で見た家って、最悪の状態で見るので美化されず、冷静な判断が出来るのが唯一の利点といえます。

House-Boart-Stick.jpg


ちなみに上の写真のようなタイプですと、きちんと杭が埋め込まれていて揺れないのもありますが、お値段もハーフミリオン以上(5000万円以上)してしまうものがほとんどです。映画で使われいた家はこのタイプみたいです。

ところで、ハウスボードで注意をしなくてはいけないこと。一応不動産として売買されていますが、車のように船が減価償却される可能性もあるようです。というのも、ほとんどのハウスボードがマリーナのようなところに停泊されており、その停泊使用料は購入価格に含まれていません。すなわち、船の価格や停泊場所が主な価値相場になります。

月々場所代を500-600ドルくらい払うため、ローンを組む場合も注意が必要です。条件として、船には移動が出来ないよう、モーターが付いていないこと、きちんと船場にくくりつけてあることなど、また、マリーナを借りている場合は、通常の住宅ローンは組めないことが多く、金利が高めになる可能性があります。

しかし、お手ごろな値段で最高のLake Viewを楽しめるというのも捨てがたいですよね。どちらにしても私はこの酔いを克服しないと難しいのですが・・・。一度、また晴れた日にでも出直してみます。唯一楽しめたのは、マリーナには普段滅多にお目にかかれない、何億円もするボートが停泊していたりと、ちょっとだけミーハー気分を味わえました。うーん、いつかあの上で舵を取ってみれたら最高だろうな~(笑)。
HouseBort-1

HouseBort-View.jpg
【2006/01/08 18:27】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
明けましておめでとうございました!
皆様、ご挨拶が遅くなりました。明けましておめでとうございます。

さて、今年からとうとうBlog形式になりました、この不動産屋日誌。機能を最大限に活用して皆さんに不動産屋の日常をお届けしたいと思います。

ところで、皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか。私はやっぱり大晦日になって「おせちが食べたい!」と栗きんとん、なます、桜海老の佃煮と昆布煮を作り、後は日本食スーパーでごまかして、お正月はおせちを何とか揃えました。
Osechi

後は犬とマッタリとした正月。それ1日のみ!で2日から働いています。
IMG_0770.jpg

うーん、来年こそは日本のお正月を満喫したいなぁ~と未だ休みボケ気分が抜けないまま、もう金曜日。今月はすごく忙しくなりそうなので早く体を切り替えないと!(と焦ってばかり。。)
今年もよろしくお願いします。


テーマ:ブログはじめました。 - ジャンル:ブログ

【2006/01/07 16:36】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記