home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

I am still alive here!

今日は我が家に初めて、うちの会社の同僚たちをお呼びしました。今までお世話になった意味も含め、「I am still alive here!」というパーティの題名に、皆一声で駆けつけてきてくれました。会社でさえもこの面子は滅多に集まらないので、皆来てくれてうれしかったですね。大体、リアルター(不動産屋)自体、同じ時間、場所に集まるなんてことが滅多にないのですが、うちの会社の場合は珍しく、こういう催し物があると、ピタッと集まります。


来ていただいたメンバーは、写真左から、最近オフィスを去ったけど今でもお友達のLoretta姉妹、元上司のAnnとAnnのご主人(ご主人のJohnは写真に写ってません)、支店長のKathy、南アフリカから休暇帰りのBryan、支店長のご主人のSteveさんは初対面、そして元上司のBevとBill(BillはJohnと熱談中でした。)の計8人。ここにいるだけで、社内トップ5のエージェントが約半分(笑)。彼らは追いつこうとも追いつけない、良きライバルでもあります。



でも、この人たちがいなかったら今の私はなく、本当に良い同僚に恵まれて私はラッキーだったとつくづく思いました。Annは永遠に私が目指すエージェントであり、BevとBillは私が一番大変なときに家族のように支えてくれ、また、彼らの献身的なサービスは今も私のビジネスの基本になっています。


Bryanはお父さんのように?いつも見守ってくれ、私が初めて車を買い替えたとき、中古車にも関わらず、一緒に乗ってくれて、私のほんの少しの成功を心の底から喜んでくれました。


Lorettaはいつも頼りになる友人で些細なことでも相談に乗ってくれ、いつもそばにいてくれた大事な友人。最近、13年いたわが社を去り、新しい会社でメキシコのリゾート物件を売るエージェントになりました。


また、支店長のKathyは芽も葉もない私を種から育ててくれ、あるときはお尻をたたかれ、あるときは精一杯愛情を注ぎ、いつも厳しい目で私を見てくれています。それが良い意味で刺激となり、私でさえもここまで来ることが出来ました。実は彼女は、私がアシスタントを始めた頃、同じ時期にこのオフィスへ来ており、かれこれ5年目。今では良きリーダーとして皆に慕われています。これは、多種多彩な?エージェントがいる中、一目置かれているというのはとてもめずらしいことです。以前の支店長は、エージェント側からのボイコットで辞めさせられたことも・・・。(怖い、怖い。)


まぁ、とにかく皆が集まれば、しゃべるしゃべる、はい、さすがリアルターですっ!と思うくらい、大声で笑い、色々な話題が飛び交いました。


話題になったのが、Bryanは年に「5ヶ月」も休暇を取っており、しかも常にトップエージェント。どうやったらそうできるのか、皆に質問責めにされてました。稼ぐわ、休むわで、皆さん、これが本当の「羽振りのいい」エージェントだと思います。私なんか1週間に1回休みが取れればいいほうで、いつ倒れるかわからないから、休暇の見通しなし。アメリカではいかに賢く稼いで、いかに自分の時間を持てるか。それを上手にこなしている人が成功者として名乗っています。貧乏性の私には一生無理・・・。


でも、AnnもBevも不動産の勉強を始めた頃、同じ学校に通って同時に卒業、その後、それぞれ7つも会社のインタビューをして、結局、偶然に二人とも今の同じ会社を選んだという話は、今日始めて聞いて、びっくり。私はその二人の上司の下で働いたわけで、ホント、縁ってあるんだなぁと。


この話だって、かれこれ5年かその前辺りの話で、決して10年以上とかではないのに、彼女たちは既にトップエージェント。やはり実力世界を常に見てきた私にとって、今の私はまだまだと思います。がんばらなくては!



それからこれは絶対に納めておかないと!と楽しみにしていたのに、結局気がついたのが真っ暗になってからだったので残念でしたが、これほどの高級車が私の家の前に止まることは今後もまずないでしょうと、一枚無理矢理撮りました(笑)。Lexus ES, Audi TT RoadstarAudi S4 Limited, Cadillac ESV, 同じく新車のCadillac XLR(おいおい、買い換えたの知らなかったぞ!)、合計価格ざっと$300K(3000万円)也!



ちなみにここにいる方たち、全員の合計年収は??ご想像にお任せします(汗)。


あ、テーブル、やっと買いました。今日が始めてまともにフォーマルリビングを使えました!(詳しくは9/22の日記、「ビフォーアフター」で!)

スポンサーサイト
【2005/10/02 07:16】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記