home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

夢アワワ。。。

カシャーカチャッ、カシャーカチャッ、ポンポン。で、こんな感じかな・・・。


え"~~!!


3/21月曜日、午後6時ごろ、Everettで悲鳴が聞こえたとしたらそれは私です。


今年こそは!と心に毎年決め、またまたギリギリのBook Keeping。このいっそがしいときに!と思いつつも、アシスタントにほとんどやっていただき、本当に助かった今年の集計。それでも、我に返り最終チェックをしていると、新車が余裕で買えている修理代、なぜか出費の多い事務用品、今年は外食を控えた成果は出ているものの、他のところで思わぬ出費が結局多く、それでもかなりショックで落ち込んでいたところ、


「ま、Taxを上納することに比べれば楽しいことに使ったんだし・・・」


なんて淡い気持ちで、さぁ、会計士君、君の腕前を見せてもらおうか!と思いきや、計算機を祈願のまなざしで見つめる私とは裏腹に、ダブルパンチ、ノックアウトまでの時間はそうかかりませんでした。


「なんで(汗)?なんで(涙)?よーく見てみてください、こーんなに経費を使っていて、それからほら!前払いのTaxも去年の倍以上、いや3倍くらいは払ってるんですよ~?」


苦笑いのCPAから一言。


「ま、頑張ってやってみますよ。」


いや、ほんとに頑張ってください、と思わず硬い握手を交わし、会計事務所を出たときは腰が抜けるかと思いました。


タックスリターンが終わったらやろうと思っていた夢。


1. 車を買い換えてみよう!


2. 家に湯沸かし器をつけてみよう!


3. キッチンをリモデルしてみよう!


4. バスルームのじゅうたんをタイルにかえてみよう!


5. 家のペンキを塗り替えるか、外壁を変えちゃおう!


今、これを見ていて一言。


ばーーっかっ!どこにそんなお金があるんじゃ!」


(溜息)。後は自営業用の年金プログラムにボーンと払ってTaxを押さえるという爆弾しか残っていません。それだって、リミットがなくてもこっちのリミットはあるしで、何だか結局払わなくてはいけないのでお先暗し。払うお金がないというわけではないのですが、自分のヘソクリになるかと思われていた額、丸々ドンピシャリと持っていかれそうなので、相当のショックです。まぁ、本当はTax用に取っていたものなのですが、やっぱりねぇ、銀行にあると自分物もだと勘違いしますよね。


「自営業のベネフィットはTaxリターン」とどこかの誰かが本で豪語していましたが、その夢が消えた今、この平和な水曜日のお休みを少しだけ楽しむことにします。


でも去年も同じようなことで脅かされて、結局安く上がったんだよな~という都合の良いことを思い出してみたりして(笑)!

スポンサーサイト
【2005/03/23 14:52】 | Business | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初のレッカー移動

早いものでもう3月ですね。1年の1/4に突入です。


先週シアトルで柴犬の集まりがあり、うちの裕花も初登場させてもらいました。早速皆から新入りということでチェックが入ったものの、一応まだ子供だということがわかったのか、皆さん、寛容に受け入れてくれました。他の犬がチョッカイを出したときも、皆で守ってくれたり、最初は仲間意識なんて芽生えるのかしら?と思っていましたが、ちょっと感動しました。しかし、あんなにたくさんの柴犬を見たのは初めてで、犬よりも飼い主が喜んでいたのは事実です。暖かくなったらうちでBBQをする約束をし、また皆で集まることにしました。


「うちの犬はお手をしないんだけど・・・」「来い!って言っても来ないときがある」など相談したら、「だって柴犬だもん!」と一笑されました。でもうちのは人一倍なつっこく、皆に愛想を振りまくので、めずらしがられました。他の犬たちは触ろうとすると、するっと避けたり、おびえて吠えたり・・・。でもそれが生粋の柴犬なのです!うちのは写真の通り、ほぼ柴猫化しています。


それから久しぶりにまとまった休暇を取って、とはいっても3日間ですがLAへ行って来ました。あお~い空!を期待していったのですが、何だかシアトルと気候も変わらなかったり、つい先日までは豪雨が吹き荒れていたようで、街は幾分きれいでした。それでも人と車の多さに圧倒。


知人がコンサルトしたという、ハリウッド御用達の人気飲み屋(バーですね!)「芸者ハウス」には驚きました。最初名前だけ聞いたら「!?」と思いましたが、芸者の赤い唇がトレードマーク、店内には東京のネオン街の壁と、芸者の写真が妙にマッチしていて、夜8時を過ぎると平日でも一杯、有名ハリウッドスターもお目見えするようです。こういうアメリカ人の仕掛けに、生粋の日本人はたまに度肝を抜かれます。最近、日本の文化をPOPに表現するお店が流行っていますが、この際文化を正しく、というのは置いておき、Artとして扱ってくれているだけでもよしとしようと思えるようになりました。いやぁ、アメリカって何でも「我が風」にしてしまう、天才なのですね。


それからLAからシアトルへ来たお客さんから教わったベーカリーはとってもおいしかった~!シアトルにあったら毎日通ってしまうのにと思いました。というわけで、LAでは、焼き鳥、居酒屋、芸者ハウスとなぜか日本三昧?でしたが、アメリカにいながら美味しい思いが出来たのは幸せでした。


そして帰ってきてからの悪夢・・・・。


私の車がとうとう初のレッカー移動をさせられました(祝!)。いえいえ、駐車違反とかではありません。横を走っていた車の人が、「煙が出てるわよ!」と教えてくれたと思ったら、突然ボンネットから煙が見えて(それまで気がつかなかったのですが!)慌てて駐車。遭えなくロードサービスを呼ぶことにしました。えぇ、今度はもちろん、正真正銘の「ロードトラブル」なので30分以内に掛けつけて来てくれました!


が、煙があるのににおいがない?!と思っていたら、実はそれは水蒸気で、ラジエーターから漏れていた水がエンジンに降掛かり蒸発。というわけで、私にしては「たいしたことない」部類に入り、またまた乗車を続行。うちの人には「また3ヶ月以内に何か壊れるとみた。」と予想されつつも、やっぱり今の車が好きなので、懲りずに乗っています。


毎回様々なトラブルに驚かせられますが、「こんなことって結構あるの?」という問いに、ショップの人は「うん、そうだね、たった今も全く君と同じ原因で車を持ってくる人がいるよ!」と目を輝かせながら言われちゃったりして、ちょっとそれに勇気付けられたり・・。


しかし、私の仕事は車が命なのでやっぱり今度こそは・・・と、とりあえずTaxを終えてから考えることにします。

【2005/03/04 15:42】 | Private | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記