home@seattle
シアトル在住 不動産屋の日常あれこれ

■ プロフィール

Mariko Mitsui

Author:Mariko Mitsui
東京出身。ご縁があってアメリカ・シアトルにて不動産仲介業を経営、雇われ社長ですが雑用もこなします。在米14年。親業はまだ数年。息子二人、柴犬二匹、夫とシアトル郊外にて在住。

■ 最近の記事

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリー

コンドミニアムがやっと・・
Buyers fighting for homes as mortgage rates rise
by Seattle pi

動きの鈍かったコンドミニアムが動いてきました。記事の中では、5月はシアトル近郊で20%強/2012年対比の上昇だったのですが、平均して30%以上下落したエリアもあるので、適切な市場価値に戻っただけな感もあります。

そういえば、私のお客様も最近、コンドミニアムの買付も多くなりました。

このような急激な上昇で気をつけなくてはいけないのは、ローンプロセスでのアプレイザル(評価額調査)です。
特にコンドミニアムの場合は同じComplex内での売却された履歴と対比するため、例えば買付が殺到して価格が一気に上昇した場合、評価額と購入価格のマッチが容易にできなくなることもあります。

この場合、過去6カ月以内で遡って売却された物件との比較をされますが、まだ6カ月以内ですと市場がブーストする前の状態のものも含まれてきますので、他の比較対象物件も用意して調査員と再調整するケースも今年はありました。

また、購入での評価額調査は比較的これらのデータで納得してもらえることもあるのですが、リファイナンス(ローン組み換え)となるとこの辺はまだシビアなようです。もともとローン組み換えでは市場価値よりも5%前後低く見積もられる場合もあるとのことなので、このような記事を鵜呑みせず、しっかりとした市場の動きを見据えることが大事です。

金利の上昇も一旦、市場の高騰に水を差しましたが、まだまだ4%台。もう3%台に戻ることは難しいかと思いますが、金利と価格の動きは今後も注目したいところです。

スポンサーサイト
【2013/07/17 17:54】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
世界中のパパに共通すること
先日、シアトルから日本へ転勤されているMr. Sさんより、久しぶりにご連絡をいただきました。

とあるコンドミニアムをシアトルにいる娘に見せてくれないかとのご依頼。早速、お嬢さんよりご連絡をいただき物件の前で待ち合わせ。

そういえば、ご家族で転勤されることになったとき、長女さんだけはこちらに残ったんだよなぁと、記憶を辿りながら現地へ向かうと「こんにちは~」と流暢な日本語でごあいさつ。

思わず「大きくなったね~!」と声を掛けるのも変だと気づき(そもそもそんなに小さなときから知っているわけでもないしで・・・)立派なお嬢さんになっちゃって~と思いつつ、早速物件をご案内。

Bank Ownedのため、中の状態はパーフェクトとはいえませんが、そんなに悪くもない感じです。早速隅々まで歩き、コートのポケットから携帯を出すと、どこかへ電話。

会話の様子から、日本にいるお父さんとお話している模様。

そして、内容はお嬢さんが気に入っていて、ドンドンお父さんにアプローチをしているもの(苦笑)。
お父さんが色々と質問をしているようですが、それに返すお嬢さんの返答はあくまでポジティブ・・!

お父さんの困っている顔が受話器の向こうから透けて見えてきそうだったので、お嬢さんにお電話を代わっていただきました。

お父さんの一言目。

「Well... so what do you think, Mariko?」

あくまで第三者的な意見を聞きたいというお父さん。いいところと悪いところをそれぞれお話しました。

「いい物件ですよ。ただお買い得というだけで判断していいものか、それはまた別の問題です。」

そしてまたしても受話器の向こうで「うーん」とうなだれるお父さん。

再度、お嬢さんに代わり、またラブラブ攻撃・・!

「KitchenはUpgradeしたばかりだし、リビングも広い、しかもモールから超近いのに室内は静か。暖房も入れていないのに部屋の中はぽかぽかよ。あとは何が聞きたい?」

思わず、私は背を向き、困り果てているお父さんを思い浮かべては、こみ上げてくる笑いを堪えていました。

世の中のお父さんは、可愛い娘さんには弱い。これは世界各国共通だなぁと(笑)。

やっと会話を終えたお嬢さん。

「お父さん、何だって?」

「すぐにYesとは言わないけど、でもだいじょうぶ。あともう一押しで絶対に落ちるから。」

でも本当に可愛いお嬢さんなので、こんな娘さんに何か頼まれたら、断れないですよね。同情します。

私も息子にこんなお願いをされたら何をしでかすか・・・と自分の将来も案じたのでした。

Mr. Sさん、またご連絡、お待ち申し上げております。ふふ。
【2010/12/20 00:55】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
名刺が・・・
日曜日は、久しぶりにお客様が重なって、朝から夕方まで、Showingのご予約で埋まっていました。そんな日は前の晩から、寝坊しないようにと、ドキドキして目覚まし時計なしで起きてしまいます。

こういう日は、移動中に昼ごはん、しかもファストフードで並ぶ時間も惜しいということになりかねず、今回も十分その可能性が高かったため、ちょっと早起きしてお弁当を作ります。お弁当といっても、大きなおにぎり二つと、卵焼きにぶどう。手で食べられるのが基本。ハンバーガーとフライよりはずっと健康的。

天気も8月とはいえ、朝からしとしとの雨。お弁当を車に乗せていても腐ることはなし。子供にはかわいそうですが、仕事には最適の天気です(笑)。

朝9時半からI-90を東へ行った最初の街、Issaquahからスタート。でも私の家からは裏道を使って20分強で着いてしまいます。

午後からの都合で、いつもより30分も切り上げて早起きしてくださった、若い中国人のご夫婦。「大丈夫!」といいつつも奥さんの髪がまだ濡れていました・・。すみません、お休みの朝だったのに。

その後、Redmond、Kirklandへとスムーズに移動、合計7件のご案内が、予定より少し早く終わり、イーストサイド斬りツアーがあっさり終了。これだったらやっぱり少し遅くしてあげるべきでしたでしょうか。お客様も慣れてくると、要点だけを確認するようになるので、条件に合わないと途中で切り上げ、「次、行きましょう。」とおっしゃってくださいます。

30分ほど余裕があったので途中、携帯に入ったお客様からのメールで気になる物件をオフィスでチェック。ついでにやっぱり座ってランチタイム。おにぎりを頬張りながら、追加物件の情報収集をし、本日のツアーに追加。

午後1時。今度はアメリカ人ご家族のお客様とSeattleのBallardで待ち合わせ。その後は7件もの物件をご案内。Ballard、Magnolia、Queen Anneとぐるっと一周。見る前に絞っていたせいか、かなりの確立で当たり物件に遭遇。家の鍵を開けるたびに「Oh! Wow!」とおっしゃっていただけると、ちょっと安堵します。値段から期待していなかったものもあり、まさに「お買い得」と思える物件が多数。

これも予定時間3時間半のはずが3時間弱で終了。

すごい、今日は余裕、余裕と、最後のお客様へ予定より早く会えそうなのでお電話。

その後、最後のツアーで、4時半にGreen Lakeの物件で待ち合わせ。それからUWのView Ridge付近の物件をご案内。45thからU-ビレッジへ下る道が工事をしているため、GPSを無視していつもの回り道。不思議な5差路があって、最初は苦手でしたが、最近は週に3回はここを通るので、今では慣れたものです。

ちょっとLake Viewが見える素敵な小高い丘の上の家。絵画のような景色に私も興奮気味。案の定、お客様、近所の雰囲気に魅了され、それだけでご満喫。「家はそうでもないんですが、ご近所が最高です。」と何度も言っていました。

私は家も素敵だと思いましたが!うーん、私もこんなところにいつか住みたい。でも高すぎ!

イーストサイドを廻っているときは、こんな大きな家に住んだら掃除はどうしよう?とか、やっぱり古くても便利なエリアがいいわ、などと思うのですが、シアトルに来れば、古くても(築100年がざらです。)雑誌に出てきそうなチャーミングな家、絵葉書になりそうな景色が見える家に住んでみたいと憧れたり・・。

こうして、朝9時半に始まったツアーは6時すぎに終了。帰宅は7時前。朝9時に家を出てから合計10時間弱のドライブですが、お客様と一緒に感動したり、楽しんだり。色々と自分なりに妄想もしながら、あっという間に終わってしまいます。気がついたら、自分が一番楽しんでいるかも(笑)。

ふと見たら、500枚入りの名刺が一箱と、二箱目の2/3がなくなっていました。訪れた家に名刺を置くシステムになっているのですが、今年だけでざっと600-700件近い物件をご案内しているみたいでした。

ちなみにガソリンは3日一度、満タンにしています。いつもランプがつくと、え~!もう!?って・・。新車で借りた車は、来年の3月でマイレージ48000マイル(約6万キロ)満了の契約ですが、あと3000マイルほどで辿り着いちゃいます。ということは2年半で48000マイル。

これからは暇になってくるので、マイレージも減るだろうと思っていましたが、それだけ、お客様もじっくり、真剣に見て決めることができている証拠ですね。私は車の運転はこんな感じで、全然へっちゃらです。

今回は買い取るか、またリースにするかと、最近、毎日マイレージとにらめっこ。新しい車をまた考えるのも楽しいですが、お財布とまた相談です。

さて、今週も掘り出し物件を見つけるため、イーストサイド、シアトルをひらすら駆け巡ります。

私のカレンダーはいつも週明けは真っ白ですが、週末に近づくと真っ黒。今週はどんな素敵な物件にめぐり合えるでしょうか。楽しみです。
【2010/08/09 19:23】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
New on the market?
たった今、シアトルであがってきた、ほっかほかの新しい物件。


こちらがメインの写真。

ん?
Seattle.jpg 


って、どこで雪、降ってんねん!と思わず突っ込みます。
 

で次の写真はいきなり、藤の花、全開。

自慢?なのか?確かに立派ですが、家が見えません。

Seattle2.jpg



で、また雪景色。

Seattle3.jpg



おわり。


ちなみに写真を無視した、物件の詳細はかなりいい感じなんですけどね。一応、お客様へご案内しておきましょうか・・・。 案外、こういうやる気(売る気)のない物件が、さくっと売れちゃったりします。



先入観に惑わされてはいけません。はい。
【2010/07/22 22:48】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シアトルの家
 
最近、シアトルのあたりを走っています。いつもご案内しているイーストサイドとは違って、築100年の家などがたくさんあるので、一気にタイムスリップしたような感覚に陥るのを楽しんでいる毎日です。

こちらの家は1920年代の家。リビングの雰囲気も素敵です。昔の小学校の音楽室みたいなにおいがします。でも、ほどよく古さを残しつつ、水周りなどはさりげなくUpdateされているのが特徴。もちろん、水道管、電気、その他細かい部分もこの100年の間に何回かUpdateされているはずです。

 Housetour2.jpgHousetour=1.jpg
 
先日訪れた家は、同じくMid Centuryの家なのですが、こちらはなんと50'sの雰囲気を随所にちりばめた、素敵なセッティング!家に入ったら、バックグラウンドでビバップ系の曲が控えめに流れており、その昔、私も40-50'sの音楽にはまったことがあったのを思い出しながら、なんともいえない懐かしさに浸ってしまいました。(いえ、生まれていませんでしたが。)
Oldies.jpg

こうして大事に残されている家を引き継ぐというのも、ひとつの大切なことのように思います。家って大事にされていると、わかるんだなぁと改めて思いました。

というわけで、今日は自宅のバスルームをピッカピッカにしてみました。私の家もあと100年後もあるのかしら??

【2010/07/19 23:22】 | House Hunting | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

■ Twitter最新ツイート

■ ブログ内検索

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 home@seattle all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記